無料お試し登録でマンガをタダ読み!
アクタージュ

アクタージュ|最新話40話ネタバレ(11月5日発売49号ジャンプ)

アクタージュ scene40 『銀河鉄道』ネタバレ

前回のあらすじ

巌緊急入院のニュースが流れ、観客たちが騒然とする中で開演された『銀河鉄道の夜』は、阿良也や亀太郎の熱演のおかげで無事に観客の意識を引き付ける事に成功した。

最初の幕間まで順調に進む公演に、デスアイランドでの共演者たちはさすがだと評するが、星アリサはこの先崩れるだろうと予想する。

その言葉通り、劇の途中、舞台裏で巌の存在がない事を実感した七生の頬に涙が伝う。七生の出番までもう1時間もない中、涙を止めなければと思うけれど止める事が出来ずしゃがみ込む七生。そんな七生に亀太郎は出番の10分前までに立ち直れないようなら代役を立てるという亀太郎。

なんとか立ち上がろうとするが叶わず、七生は巌に呼びかけるのだった。

今週のネタバレ


引用:週刊少年ジャンプ49号

◆七生の過去

七生の回想から始まります。
七生は目付きが悪く不格好な眼鏡もかけており、口の悪さで男子とはよく取っ組み合いのケンカをして、女子からは怖がられる、自ら不細工な女の子と評する、そんな子供時代を送っていました。

そんな七生でしたが、中学の課外授業で巌の演劇と出会います。主役の王女も端役の奴隷も「等しく美しい」、主役も端役もないように思える世界を見せられた七生は、巌の所へ行きます。


引用:週刊少年ジャンプ49号

自分の元にやってきた七生に、巌は「分かるよ」と言います。自分を嫌悪している奴が役者を志すのは自然だ。今と違う自分を演じたいと思うんだろ、と。

そう言う巌の言葉に頷き、七生は、自分は役者に向いていると思う、不細工は化粧上手くなる的な……と答えました。けれどそんな七生に、巌は役者が手前を蔑むな、お前は勘違いしていると言います。どうやら先ほどの言葉は七生を試した言葉のようです。

そして七生に、自分の美しさを知る事を芝居という。だからお前は役者に向いてるんだと伝えました。

◆巌の匂い

そんな巌との思い出を抑えようとすればするほど、逆に思い出が蘇ってきて七生の涙は止まりません。


引用:週刊少年ジャンプ49号

そんな七生の様子を見守る亀太郎とアキラ。誰よりもこの舞台の成功を望んでいた七生だからこそ、代役なんて……と言うアキラに、亀太郎はでももう後戻りは出来ないと返します。もうじき第2幕、舞台が銀河鉄道の中に移ります。

だからもうすぐ出番が来るから舞台袖で待機していなければならないはずの夜凪が、いつの間にか亀太郎とアキラの所にきていました。

突然の夜凪の登場にもう出番だから早く袖に戻れと言う声を無視し、夜凪は七生の所まで行くと七生の前にしゃがみ込みその頭を撫でながら「そんなんじゃ銀河鉄道に乗れないね」と言います。


引用:週刊少年ジャンプ49号

そしてそれだけ言うと夜凪は立ち上がり「僕たちは少しだけ先に巌さんと同じ景色を見てくるよ」と言って舞台に向かいます。待ってるからと言いながら。その夜凪の後ろ姿に七生は巌の匂いを感じとりました。

◆夜凪の存在

夜凪の中に巌を見た七生は、なぜ巌は皆の反対を押し切って外部から連れてきた夜凪にしか自分の病気を明かさなかったのか?どうして夜凪だけに……と亀太郎に問いかけます。そして天球に来てからの夜凪を思い返します。

七生とのエチュードであまりに繊細で異様な没入を見せた夜凪。
感情表現の課題で、阿良也を呻らせる程の異常な成長速度を見せた夜凪。
深くまで潜り、そして戻ってくる人を映す鏡のような芝居をする夜凪。
巌はそんな夜凪の潜在能力を見抜いていた……

そんな事を思い返していた時、舞台はとうとう銀河鉄道の中に移ります。七生が舞台を見るとそこには、巌が求めた、完璧な死者のカムパネルラの夜凪がいました。その姿に、七生は巌が自分たちに銀河鉄道からの景色を見せる為に夜凪を選んだのだと理解しました。


引用:週刊少年ジャンプ49号

カムパネルラとして舞台に現れた夜凪の姿に息を呑むこれまで夜凪と関わってきた人たち。亀太郎すら稽古の時よりも更に見事にカムパネルラを演じる夜凪に驚きます。

そして七生は、大切な人のいなくなった世界で自分たちが一人でも生きていけるように、巌が最初から夜凪を通して自分達に最後の指導をするつもりだったんだと言うのでした。

アクタージュ 単行本を無料で読む方法?

ネタバレでテンションが上がったそこのあなた。

単行本で過去の話を読んでみたくなりませんか?

下記の記事で、単行本を何冊か無料で読む方法を解説しています。

まだ4巻しかないアクタージュなら全冊読むことが可能です。

興味のある方はどうぞー。

アクタージュ|最新刊4巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険! 人気作品「アクタージュ」の新刊か、、、 確かに新刊読みたいけど、1回読めば十分だしな。。。 タダで読めないかな。。 ...

 

今週の感想

前回に続き今週も七生回でした。我々読者は巌と夜凪のやり取りから巌の意図は前からわかっていましたが、マンガ内では巌と夜凪と黒山の3人しか知らなかった巌の真意。それを、巌に一番心酔していた巌大好きっ子の七生が劇団員の中で最初に気付いたというのがとてもよかったです。今はとても辛いと思いますがこの舞台を通して巌の思いを受け取り、立ち直ってくれると信じています。

しかし夜凪が、本当にゾクゾクするような表情で登場するシーンの迫力がスゴいです。コーヒーフラペチーノの時も思わず息を呑んでしまいましたがその時以上に見入ってしまう表情です。これまでの夜凪の完全ではない、どこかに欠点があった演技を見てきた人たちが皆驚きの表情を浮かべるのも納得です。

来週はとうとう夜凪の演技が始まります。ここから一体どんな演技を見せてくれるのか、大期待です。そしてその夜凪を見て、七生がどう立ち直って舞台に立つのかも楽しみです。