無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

ブラッククローバー|最新話183話ネタバレ(11月26日発売52号ジャンプ)

2018年11月26日発売の『週刊少年ジャンプ』52号に連載されている、
「ブラッククローバー」の第183話のネタバレです。

 

【前回のあらすじ】

ファナとヴェットも転生し、エルフ側の主要メンバーが揃いました。
グラビド岩石に魔力を込め、クローバー城に封じられていた、この世とあの世の境の魔法空間、「影の王宮」が現れます。
そしてそれは、神の啓示を受け取れる10人のエルフ達、「セフィラの徒」によって開かれたのでした。
その後すぐヤミ達の前に、大勢のエルフが向かってきたのです。
さすがに無理があると思ったその瞬間、アスタ達が勢いよく現れたのでした。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

ブラッククローバー|最新話182話ネタバレ(11月19日発売51号ジャンプ) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2018年11...

 

 

今週のネタバレ

【黒の暴牛】

突如現れた黒の暴牛メンバーですが、各々好き勝手に話し始めます。
建物ごと移動してきたこの状況を見て、さすがのジャックも驚いていました。

ヤミは、どんな登場だよ!よく来たなバカヤロー共!と笑います。
そして心の中で、出て来たなヘンリー!!と、ヘンリーの変化を嬉しく思っていました。

ノエルは心の中では、心細かったと弱音を吐きつつ、遅すぎるわよ!といつも通り、気丈に振る舞います。
新しい魔法によるその姿を見たアスタは、カッケェ!とさらにテンションを上げるのでした。

ゾラは初めて見る巨大な黒の暴れ牛号に、何だあのメチャクチャなのは、と動揺します。
しかしノエルは特に驚くことはなく、メチャクチャなのはいつものこと、あれが私達の仲間、黒の暴牛のみんなよ!と言いました。


引用:週刊少年ジャンプ52号

【連携】

エルフ達は、人間共がいくら寄り集まっても、エルフに敵うものかと攻撃を開始します。
そこへ、ラックの魔力高感知が発動します。
エルフ達との魔力の相性を見極め、迎撃しました。

続いてバネッサの運命操作、絶対回避により、エルフ達の攻撃は、黒の暴れ牛号には当たりません。
さらにチャーミーのご飯を食べ、魔力回復を行います。
そしてヘンリーが黒の暴れ牛号を操作し、エルフ達に攻撃しました。
その様子を見たヤミは、どうだウチの団員共は!と爆笑します。

【ドロシー】

天空から見下ろしていたエルフ達は、黒の暴牛がここでも邪魔をするのかと憤っていました。
一人厄介なのがいる。理に干渉する魔法、魔女か!と睨んだ先には、ルージュの姿がありました。
そんな中、レーヴと呼ばれたエルフが、自分が行くと浮かび上がります。

その時、アスタ達の元へミモザ達が現れ、急がないとエルフに乗っ取られている皆の体が、完全に奪われてしまうことを告げました。
驚くアスタ達の目の前に、美しい靄がかかります。
そこへ舞い降りたのは、先程レーヴと呼ばれていた、「珊瑚の孔雀」の団長である、ドロシー・アンズワースでした。

引用:週刊少年ジャンプ52号

【夢魔法】

ドロシーが目を開けると、一瞬で黒の暴れ牛号の上部が消えてしまいます。
無くなった部分の魔力は感じる、だけどどこにも存在しません。
そしてそれはアジトだけではなく、バネッサ、マグナ、ラック、チャーミー、サリーの姿も同時に消えてしまいました。

ドロシーの魔法は発動したが最後、対象物は為す術もなく、夢の世界に連れて行かれるのです。
これで防御の要は消えた、そう呟き、エルフ達の合体魔法、断罪光帝剣の嵐によって、黒の暴牛号は粉々にされてしまいました。
崩れ落ちる中、アスタはエルフに乗っ取られたゴーシュの姿を見つけます。

ドロシーの魔法により、バネッサ達は夢の世界へ転送させていました。
ルージュが「危機」だと認識できなかった!?と、バネッサは焦ります。

そこへドロシーが現れ、夢魔法、幻惑の界により、バネッサ達は大きなベッドの上に立たされました。
周りは大きなぬいぐるみたちや、フルーツ、建物といったメルヘンなもので囲まれています。


引用:週刊少年ジャンプ52号

ようこそ、私の想うがままの世界へと、ドロシーは呟きました。

ブラッククローバー単行本を無料で読む方法?

ネタバレでテンションが上がったそこのあなた。

単行本で過去の話を読んでみたくなりませんか?

下記の記事で、単行本を何冊か無料で読む方法を解説しています。

おそらく5~6冊は読めるのではないでしょうか。

興味のある方はどうぞー。

ブラッククローバー|最新刊18巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険! 人気作品「ブラッククローバー」の新刊か、、、 確かに新刊読みたいけど、1回読めば十分だしな。。。 タダで読めないかな。。 ...

 

【感想】

登場して早々に、わちゃわちゃしているところがいつもの黒の暴牛であり、安心しました。
シリアスな展開が続く今、少しでもこういった息抜きのような場面があると嬉しく思います。
その後の連携技もスピード感があってかっこよかったです。

夢魔法により仲間が消えてしまったアスタは、今後どう対処するのでしょうか。
また、夢の世界に行ってしまったバネッサ達のその後や、夢魔法がどのようなものであるのかも楽しみです。