無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

ブラッククローバー|最新話185話ネタバレ(12月10日発売2号ジャンプ)

2018年12月10日発売の『週刊少年ジャンプ』2号に連載されている、
「ブラッククローバー」の第185話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

ドロシーの夢魔法によって、バネッサたちは夢の世界に閉じ込められます。
ドロシーの攻撃に、ルージュの力で回避するしかできなくなっていました。
そんな中、サリーの機転で反撃に成功します。
そしてまたサリーの仕掛けにより、大量の出口を出現させることに成功したのでした。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

ブラッククローバー|最新話184話ネタバレ(12月3日発売53号ジャンプ)2018年12月3日発売の『週刊少年ジャンプ』53号に連載されている、 「ブラッククローバー」の第184話のネタバレです。...

 

今週のネタバレ

【封印】

扉をくぐれば、この世界からみんなの下へ帰れる!と、ラックがみんなを引っ張り飛びました。
そうはさせまいと、ドロシーは攻撃をしますが、ラックはそれをかいくぐります。

よし行けると思った瞬間、全ての出口の扉に鎖が巻かれ、封印されてしまいました。
もう少しだったのに、とマグナは悔しがります。

眠気はますます強くなり、このまま脱出できなければやれる、とバネッサは焦りました。
そんな中、ラックはあることを思いつきます。
本人にやってもらおうよ、と明るく言いました。

【作戦】

まずはマグナが炎魔法、時限爆殺散弾魔球を放ちます。
爆発により発生した煙により、バネッサたちは姿をくらませました。
この世界で私から隠れようなんて無駄だと、ドロシーは魔法で創造した生物を使い、風で煙を吹き飛ばそうとします。

すると、ぼんやりと煙の中から現れたのは、ドロシー本人の姿でした。
しかし、それはドロシーが出しているような本物ではありません。
チャーミーの綿とバネッサの糸で作った人形を、マグナの炎で起こした陽炎でぼやかしているだけの、何てことはない偽物です。
しかし一瞬、本物である可能性がよぎったはずであると、ラック達は考えました。

今、ドロシーの体の中には、二つの魂が繋がっているのです。
だからその偽物の幻影を見たことにより、嫌でもあるものを想像してしまいます。
そして想像したことにより、それを創造してしまいました。

それは、本物のドロシー・アンズワースだったのです。

引用:週刊少年ジャンプ2号

【本物】

ラックの作戦により、本物のドロシーを呼び出すことに成功しました。
そんなみんなに向かって、ドロシーはグッジョブだよ!と明るくウインクをします。
どうやら本物のドロシーは、明るいキャラクターだったようです。

そんな本物のドロシーに、ドロシーに転生したエルフであるレーヴは、再び魂の奥底に眠れと、禍々しい攻撃をしました。
しかし、ドロシーはあっさり跳ね返します。
お互いに夢を共有できる相手とせっかく出会えたんだから、少し遊びましょう、とドロシーは大量の蝶をレーヴに向かわせました。

レーヴも防ぎ、攻撃をします。
さらにドロシーも攻撃をし、そのまま二人による激しい夢魔法での攻防が続きました。

引用:週刊少年ジャンプ2号

【脱出】

二人分の莫大な夢想を支えきれず、幻惑の界は崩壊してしまいました。
ドロシーはすっきりした様子で、楽しかったと微笑みます。
私の体よろしくね、また会いましょうと手を振り、ドロシーは消えていったのでした。

そして夢の世界が崩壊し、現実の世界に戻ります。
相手はとんでもない魔力だからね、全力でいって大丈夫だよね、とラックは言いました。
それに対しマグナも、そりゃそうだろ、と答えます。

レーヴに向けて、マグナとラックの合体魔法、炎雷爆尽砲が放たれました。

引用:週刊少年ジャンプ2号

最上級の魔力と魔法だったけど、相性が悪かったね。
僕たちには一撃でやられずに、対策を考える時間があったから、とサリーは楽しそうに言いました。

ブラッククローバー単行本を無料で読む方法?

ネタバレでテンションが上がったそこのあなた。

単行本で過去の話を読んでみたくなりませんか?

下記の記事で、単行本を何冊か無料で読む方法を解説しています。

おそらく5~6冊は読めるのではないでしょうか。

興味のある方はどうぞー。

ブラッククローバー|最新刊18巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険! 人気作品「ブラッククローバー」の新刊か、、、 確かに新刊読みたいけど、1回読めば十分だしな。。。 タダで読めないかな。。 ...

 

【感想】

やはり出口を見つけてそのまま脱出、とはいきませんでしたね。
しかし、その後のラックの作戦により、まさかのドロシーご本人登場は驚きました。

ドロシーとレーヴの夢魔法対決の規模が半端なく大きなもので、見ていて楽しかったです。
夢魔法によって登場したドロシーだったので、世界の崩壊と共に消えてしまったのが寂しいですが。

レーヴとの決着もついたようなので、次回は現実世界で他のエルフ達とどう戦うのか楽しみです。