無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ぼくたちは勉強が出来ない

ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)|最新話第84話ネタバレ(2018年10月22日発売47号ジャンプ)

2018年10月22日発売の『週刊少年ジャンプ』47号に連載されている、
「ぼくたちは勉強ができない」の第84話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

成幸に対するうるかの様子に、何かあったと感じた文乃はうるかに最近どうかと尋ねます。
あくまで友達が、という体でうるかは海外留学のことを話しました。
その時急に2人の前に成幸が現れ、うるかはとっさに隠れます。
うるかが隠れていることも知らないまま、成幸はうるかのことについて文乃に相談しました。
そして、成幸がうるかを大切に想っていることを文乃やうるか本人も知ります。
その後、店を出た文乃は成幸へうるかに好きな人がいるということは嘘だと伝えました。
長かった誤解が、ようやく解けた瞬間でした。

今週のネタバレ

【カレエゴ】

ある日、真冬は抜き打ちで持ち物検査を行いました。
ゲームにおもちゃ、袋いっぱいに持ってきてはいけない物が没収されていきます。
そんな中、ある女子生徒が持って来ていた漫画、「カレエゴ」も没収しますが、真冬はうっかり間違って自宅へと持ち帰ってしまいました。
こんなもの何が面白いのかしらと思いつつ、漫画を開きます。

「カレエゴ」とは、「彼は教え子につき」というタイトルの略で、その名の通り女性教師と教え子の男の子との恋愛をテーマにした漫画でした。
ケンカをした生徒を手当てする先生、2人の手がうっかり触れてしまうと、お互いに頬を赤く染めます。
その後もお姫様抱っこをしたり、おそらく風邪をひいた彼の体を拭かなくてはいけない状況になったりと、少女漫画特有のキラキラした展開が続きます。
そして生徒の壁ドンからの告白に先生は、私とあなたは教師と生徒!でも…というシーンに、思わず「でもじゃないわよ」と怖い顔で突っ込む真冬なのでした。

現実にこんなことあるわけない、くだらないにも程があると思いつつ、真冬はまた次のページをめくります。

【訪問者】

漫画に集中している真冬のうちに、玄関のチャイムが鳴り響きます。
新聞ならお断り!と慌ててドアを開けると、そこにいたのは成幸でした。
みかんをもらいすぎたのでおすそ分けに来たようです。
いつものように、そのまま成幸は真冬の部屋の掃除に取りかかりました。
すると、床に置きっぱなしになっていた大根おろし器を踏んでしまい、成幸は足の裏を怪我してしまいます。
申し訳ないと怪我の手当てをする真冬は、先ほどの漫画のシーンに今の状況が似ていることに気づきます。
まさか…と思いつつ、きつく押し付けてしまった消毒液がしみて騒ぐ成幸を見て、やっぱりそんなことないと思いました。

【漫画のように】

手当ても終わり、次はお風呂場の電球を交換すべく、真冬は椅子に乗って手を伸ばしていました。
スイッチを入れっぱなしだったせいで、セットした電球が光り、その熱に驚いた真冬は足を滑らせてしまいます。
そしてそのまま下で椅子を支えていた成幸の元へ落ちていきました。
真冬の脳裏に浮かんだのは、漫画のお姫様抱っこのシーンです。
先生、危ない!と腕を広げて待ち構える成幸に、ここで受け止められてしまったら…と思わず少女漫画のような妄想をしてしまう真冬でした。
しかし、現実は違います。
真冬が着地したのは成幸の頭の上、さらに立ち上がろうと手をついた場所がシャワーのレバーであり、勢いよく吹き出した水が成幸に降り注いだのでした。

その後、服を乾かすため、成幸は上半身裸になっていました。
またもや漫画のワンシーンのようで、真冬は動揺します。
そんな中、成幸は急に真冬に壁ドンをしました。

目をつぶって、と言われた真冬は「私とあなたは教師と生徒!」という漫画の台詞を言ってしまいます。
でもっ、と続けた真冬の頭上の壁に、成幸は丸めた冊子を振り下ろしました。
目を開けてしまった真冬は、成幸の仕留めたある虫を目撃し、パニックに陥るのでした。

【近い!】

落ち着きを取り戻し、真冬は成幸の勉強をみていました。
しかし、いつもより真冬の機嫌が悪いことに成幸は気づきます。
真冬は先ほどまでの騒ぎを思い、こんなもの読むんじゃなかった、と再び漫画を手に取り開きます。
そんな真冬に成幸は、なんだかんだで気づけばしょっちゅうここに来ているなと思って、と微笑みました。
先生の部屋にいる時が一番落ち着いて勉強できると言った成幸の姿は、まさに今開いた漫画のページのシーンそのものです。
思わず真冬は今の台詞は一番近かった!と興奮して叫びました。

翌日、真冬は女子生徒に漫画を返しましたが、その際、なかなかリアリティのある作品だったと感想を添えていましたとさ。

【感想】

真冬と少女漫画という異色の組み合わせがテーマでしたが、少女漫画のシーンと現実がリンクしかけてはちょっとズレている、という流れが面白かったです。
最後の近い!とテンションの上がった真冬に共感してしまいました。
少女漫画に振り回される真冬も可愛く、楽しく読めました。

【次回の予想】

次回予告には三者面談でそれぞれの進路が、と書いてあるので、ついに今後について進展がありそうです。
一番注目したいのは、前回成幸の誤解が解けたうるかです。
うるかの海外留学の話を文乃以外も知ることになるのか、気になります。