無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ぼくたちは勉強が出来ない

ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)|最新話96話ネタバレ(1月28日発売9号ジャンプ)

 

2019年1月28日発売の『週刊少年ジャンプ』9号に連載されている、
「ぼくたちは勉強ができない」の第96話のネタバレです。

【ぼくたちは勉強ができない 前回のあらすじ】

マラソン大会にて、運動が苦手な成幸は、同じく苦戦して足をつった理珠に、休みながら相談します。
理珠に話し、走り抜けるうるかの姿を見て、成幸は自分の気持ちに気がつきました。

それは毎日生き生きと勉強する彼女たちと同じように、自分も隣に並び立ちたいということでした。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)|最新話95話ネタバレ(1月21日発売8号ジャンプ)2019年1月21日発売の『週刊少年ジャンプ』8号に連載されている、 「ぼくたちは勉強ができない」の第95話のネタバレです。...

 

【ぼくたちは勉強ができない 今週のネタバレ】

【尾行】

文乃、うるか、理珠は、せーので定期テストの結果を見せ合いました。
三人とも80点超えの、なかなかの結果に喜びます。

これも成幸のおかげだと振り向くも、成幸は集中して勉強を続けていました。
話しかけられたことにワンテンポ遅れて気づき、慌ててフォローします。

しかしすぐに時計を見て慌て、今日の分の課題をまとめたノートを渡し、去って行ったのでした。
うるかや文乃も、マラソン大会あたりから成幸の様子がおかしいと感じていました。
デートだったりして、と呟いたうるかの言葉に、二人は固まります。

その後、うるかと文乃はばっちり変装し、成幸を尾行することになりました。
理珠はお店の手伝いがあるからと、不参加です。

そうしているうちに、成幸はとあるメイドカフェに入りました。
その手慣れたそぶりに、メイドに恋して通いつめているのでは、と疑う二人です。

慌てて中に入ろうとすると、強面の従業員に、早速仕事に入ってくれ、と言われました。

【メイド】

二人は店内でメイドの衣装へ着替えていました。
どうしてこんな展開に、と文乃は動揺します。
一方うるかは、メイド服を一度着てみたかったのだと、鏡を前にうっとりしていました。

そこへウエイター姿の成幸が現れます。
その姿の新鮮さに、思わず二人は?を赤らめました。

うるかたちは、どうやらヘルプで入る二人と間違われてしまったようです。
その時成幸が、あれ?と首を傾けました。

うるかと文乃は、正体がバレたかと焦ります。
しかし成幸のコンタクトの度が合っていないようで、どこかでお会いしました?と聞かれるだけで済みました。
慌てて二人は初対面です!と叫びます。

成幸がただのバイトだとわかったから、そろそろ帰ろうと文乃は提案しました。
しかし、成幸の力になれるなら、とうるかは働いていくことに決めます。

そこへ、本来ヘルプで入るはずの二人が、他店じゃ1、2位を争う人気の超ベテランメイドだという情報が入ります。

一気にハードルを上げられ困惑する文乃でしたが、吹っ切って精一杯のキャラクターを演じました。


引用:週刊少年ジャンプ9号

次はうるかだ、と文乃は振り返ります。
するとうるかは、恥ずかしいともじもじして動けずにいました。

引用:週刊少年ジャンプ9号

しかしその様子も「北風と太陽」のようであると、無事お客に受け入れられます。

バイトも終わり、成幸はさすがベテランさんですね、とお礼を言いました。
しかしすぐに、次の予定があるからと慌てて去ってしまったのです。

【二件目】

次に成幸が訪れたのは、レディースの服売り場です。
いつもの母の知り合いのお店であり、そこで二件目のバイトをしているようでした。

自分たちの方に来る、と慌てて二人は隠れます。
文乃は棚の下に隠れますが、うるかの姿がありません。

うるかは咄嗟にマネキンのフリをして立っていたのでした。


引用:週刊少年ジャンプ9号

しかし、コンタクトでよく見えていない成幸は、そのマネキンがうるかとは気づかずそのまま運ぼうとします。
激しく動揺する二人ですが、成幸は気づきません。
思わず文乃は、流石に気づけよ!と心の中でツッコミを入れたのでした。

【真実】

結局成幸の予定とは、バイトのはしごのことでした。
ほっとしてお腹の空いた二人は、理珠のお店に入ります。

するとそこには、三件目のバイトに励む成幸の姿がありました。
思わずうるかは、バイトしすぎ!と成幸の腕を掴みます。

成幸が言うには、ちゃんと体には気をつけているし、ほしいものがあるだけだから、ということでした。
ちなみに理珠は、成幸のバイトのことを知っていましたが、口止めをされていたので黙っていたのです。

そこへ大森がやってきました。
大森はうどんを頬張りながら、成幸になぜVIP推薦を蹴ったのかと尋ねます。

今まで聞いていなかった事実に、うるかと文乃は驚きの声をあげました。

【僕たちは勉強ができない 感想】

成幸がバイトをはしごしていたのは、VIP推薦を蹴ったから、ということが判明しましたね。
事情を知っていて、律儀に「お口にチャックマン」をしている理珠が非常に可愛いです。

成幸は自分がやりたいことをするために、もうVIP推薦を蹴るという行動に出ていました。
そのためか、バイトをする姿もどこか清々しいものを感じます。

事実を知られてしまった今、次回は二人に細かく説明することになるのでしょうか。
場合によっては勉強を教える役割がどうなるのかわかりませんね。