無料お試し登録でマンガをタダ読み!
コレットは死ぬことにした

コレットは死ぬことにした|最新話82話ネタバレ(4月5日発売花とゆめ9号)

===================

2019年4月5日発売の花とゆめ9号に掲載「コレットは死ぬことにした 82話」のネタバレ・感想です。

===================

【前回のあらすじ】

地上に旅に出たコレットはディオと共に街のお祭りに出くわしました。喧騒の中、親と離れた赤ん坊を見つけます。その姿はまるでハデスを小さくしたような子供でコレットは戸惑います。

旅芸人の神話を聞いていたコレット達。気づくと赤ん坊の姿が見当たらなくなっていました。
必死に探すコレット。路地裏に入るとそこには浮いてる赤ん坊の姿がありました。

「我はクロノス。偉大なる王であるぞ、覚えとけ」。神話で子供のゼウスに倒されたハデスの父親だと赤ん坊は名乗りました。


【コレットは死ぬことにした 82話のネタバレ】


引用:花とゆめ9号

(この見た目、小さな赤ちゃんが、クロノスさま!?)
ディオと二人でクロノスを抑えようとしますが、暴れて手に負えません。
そこにやって来たのはヘルメス。
ヘルメスは自分が街の人をごまかすから、ひとまず冥府へ行けと言います。
助かったと冥府に行った三人。
ガイコツに言付けてハデスに知らせることにしました。

クロノスを見たガイコツ達が感動にうちひしがれます。
「ちっちゃいハデス様ぁあァァアアア。
奇跡…?夢…?ハデス様のお父上、お可愛いらしゅうござりまするぅううぁああああ」
感動のあまり泣き出すガイコツ。

クロノスを接待するため慌てるガイコツ。プリンを用意してもてなします。
プリンを食べさせてもらってご満悦なクロノスを見てコレットも興奮します。
(ああ…かわいい!今はもうただただかわいい!)


引用:花とゆめ9号

クロノスは酒の神、ディオニュソスをスケールの小さい神だとけなします。クロノスは農耕神だったようです。人であるコレットを見て人間も進化したものだとひとりごちます。
「エリュシオンに放り込まれて数百年、いつのまにやら右も左も知らんものだらけじゃ」

流浪する浮島にはクロノスの他に三人いるそうです。
話しているうちに前掛けが汚れてしまいます。
針子のハリーは早々に新しい前掛けを用意するのでした。

何故赤ん坊の姿なのか問われるとクロノスは先の神話の通り、ゼウスに敗れ、力を失い小さくなってしまったそうです。

「父上」
ハデスが仕事を終えてやって来ました。
「久しぶりじゃのハデス。わしを父と呼ぶか。たいして思っとらんくせに」
「あなたは私に息子としての情がおありで?」
「たいしてないな。くくく、お互いその程度よ」
物見遊山に来たクロノスを脱走だと言うハデス。お帰りを、と言います。
「お前わしのことが苦手じゃろ。わしの子らの中でお前が一番わしに似ている。
となるともしや本性も?」
「お帰りを」
ただそれだけを言うハデス。


引用:花とゆめ9号

そこに子供がやって来ました。
「おお!ラダマンテュス」
ヘルメスがエリュシオンから連れて来た世話係です。
帰りたくないとごねるクロノスに帰らなければ花冠をあげないと言います。花冠を乗せたクロノスはあっさりと帰ると言います。

ラダマンテュスはハデスを見据えます。
自分やミノス、アイアコスは地上で最初に法を作った者達だったそう。
「お会いできて光栄です。私の名はラダマンテュス。地上の裁判官でした。さようなら」


引用:花とゆめ9号


突風のようにいなくなったクロノス達。
残された面々は夕食の支度にかかるのでした。

ハデスの部屋についていったコレット。
ハデスは首飾りを外すとベットに横になり、疲れたとこぼします。
クロノスとの過去は複雑でうまく説明できないとハデス。コレットを抱き寄せます。

「あれに私は似ているか。それが何より不愉快だ」
「ハデス様、安心して下さい。神さまは大体皆偉そうだし無茶くちゃです!似てるとしたら全員似てますから!
でも私もハデス様も出会った頃の自分とちょっとだけ違うでしょ?変わらないところも変わっていくところもあります。だから大丈夫です」

キスをするハデス。
「夕食行くか。ああ少し惜しいな、もう一回」
「!」

【感想】

祭りの中で見つけたハデスにそっくりな赤ん坊。目を離した隙にいなくなり、見つけた時には空を飛び、流暢に話しも出来ました。子はかつての神の王クロノスだと名乗りました。
ディオと右往左往しているとヘルメスが見つけてくれました。とりあえず冥府に向かう三人。

クロノスを見てガイコツ達はあまりの可愛さにむせび泣きます。
プリンを喜んで食べる姿にコレットもただただかわいいと悶えるのでした。

ハデスと対面したクロノスは姿だけではなく、中身も自分と似ているのではないかと問いかけます。複雑な過去があるのかお帰りをとしか言わないハデス。

エリュシオンから迎えに来たラダマンテュスにクロノスはあっさりと帰りました。
残されたハデスは珍しく疲れたと口にします。
コレットは変わるところや変わらないところもあるとハデスを励ますのでした。

次号10・11号(4月20日発売)に続きます。