無料お試し登録でマンガをタダ読み!
クッキングパパ

クッキングパパ|最新話第1470話ネタバレ(2018年10月4日発売モーニング44号)

 

2018年10月4日 発売 モーニング第44号

うえやまとち クッキングパパ COOK.1470 「秋のスーパー豚汁」ネタバレ

 

クッキングパパはいつも、美味しい食べ物が出て、ストーリーが展開されていきますが、今回はあまり食べ物は重要じゃないみたいです。

 

クッキングパパ あらすじ

 

クッキングパパこと、荒岩一味は仕事も家事も完璧にこなす、元気なサラリーマン!

新聞記者として働く、虹子さんは家事は苦手だけと、いつも明るく元気なお母さん。

長男・まこと、長女・みゆきの4人家族の食卓にはいつも笑顔があふれています。

そんな一家を中心に「おいしい笑顔」がどんどんふくらむ物語です。

 

COOK.1470 「秋のスーパー豚汁」ネタバレ

 

場面は秋になった博多

枯れ葉がヒラヒラと歩いている人の足元に落ちます・・・。

画面では見えませんが多分、今回の話で主役になっていると思われる江口さんだと思います。

 

荒岩が勤務するのは、金丸産業営業2課。今日も2課のメンバーが話をしています。

「あ~あ、秋になっちまったな~」

「急に涼しくなってきたもんね」

 

あ~あと言った営業の田中は

「この夏日本列島が煮えくり返ってしまうんじゃないかっつーくらい、猛烈に暑い中、海や山で遊びたかったのにー」

「秋になっちまった なんもやる気出ねえ・・・」

と言ってがっかりした顔になってしまいました。

 

事務員の啓子は

「秋もいいでしょ~ 芸術の秋・読書の秋」

 

すると、後輩営業の梅田は

「収穫の秋ですよ」

「今、畑はナスビがたわわに実ってますよ。ジャガイモ・サツマイモも確実に大きく育ってきてます」

 

「秋は食欲の秋でしょ!」

「そうだ!その通りだ梅田!」と言った田中は続けて

 

「よし!昼は何かうめえもん食いにいこうぜ。な!江口」

引用:週刊モーニング 44号

ところが後輩営業の江口は話を聞いておらず、ボーっとしていました。

周りが、どうしたのか聞くと、やっと周りを見ました。

田中は

「ははぁ、こいつは今春真っただ中なんだー」

「頭の中、スウちゃんのことで、春爛漫なんだよ」

 

スウちゃんというのは江口の恋人です。この間、スウちゃんの両親にも挨拶に行っていました。

 

田中が

「そうだろ?」と聞くと

 

「・・・ええ・・まあ・・・」

と江口は力なく返事をしました。

 

翌日

 

田中は営業の電話をかけていました。

「はいはい、まことにその通りで・・・、さすがよく分かっていますね!じゃあ今から伺いますからー」

電話を切ると、準備をして

「行くぞ!江口」と言いましたが、

江口がまだ会社に来ていませんでした。

 

「連絡もありません どうしたんでしょうか?」

 

「あのやろう二日酔いでつぶれてやがんな」

 

田中は江口の携帯に電話をして

「おーい、何やってんだ?早く来んかい。お腹が痛い?あたしこのごろ変なのよ。なんだかとってもおかしいの。」

「出ない・・・」

どうやら携帯電話には江口は出なかったようです。田中が1人でしゃべっていました。

 

「まあ、そのうち来るだろうさ。」

「来なかったら帰りにアパートに寄ってみるさ。風邪でも引いて寝込んじまってるかもな」

 

そのやりとりを聞いていた荒岩は

「わびしいもんな、1人暮らしで病気になると・・・」と心配しました。

 

その夜 荒岩の家に1人で江口がやってきました。

心なしか、神妙な顔をしてやってきた江口に荒岩は「おう」と言いながら、家に入れました。

 

お茶と出された江口は、荒岩にモジモジしながら

「あの・・・オレ・・・、あの・・・おれ・・・」

と話しますが、言葉になりません。

 

荒岩は席を立ち、キッチンにいくと、作りかけの料理を仕上げました。

そして、器に盛って、江口の所に持っていきました。

それは豚汁でした。

引用:週刊モーニング 44号

「食わんか」とだけ荒岩は言いました。

 

この豚汁はスペアリブを使って、野菜の大きく切った豚汁です。荒岩さんの家は豚汁1つ出すのもクオリティがとても高いのです。

引用:週刊モーニング 44号

江口はその大きいスペアリブを口いっぱいに ほおばってモグモグと食べました。

荒岩は黙って彼が食べるのを見ていました・・・。

 

江口は

「うまいっす・・・」

やっとそれだけ言えました。

 

家を出る時、江口は一言荒岩に

「お世話になりました・・・」といって家を出ました。

 

扉を閉めた荒岩は一瞬、あっけにとられて「ん?」とだけしか反応できませんでした。

 

また翌日

 

「今日も江口が来てない?」

 

田中は

「昨日アパートに行ったら、珍しく片付いていて、仕事も今かかえてんのはキチンと終わらせているんだよな」

 

田中と荒岩は

「え?昨日課長のとこに来たんですか?」

「うむ。何も言わずにな・・・」

 

「あんのやろう何やってんだ?どこに行ったんだ?」

 

その頃江口は車を走らせていました。

変わらず、神妙な顔をしているようです。行先はあるのでしょうか・・・

 

話の最後に

誰の言葉も耳をすり抜ける。上の空で一人、遠い所へ・・・

 

 

感想

 

クッキングパパはいつも料理で、人を励ましたり、元気づけたり・・・、江口も元気づけられたのでしょうか?

今回は料理の内容はあまり入ってきませんでしたが、クッキングパパには、よくこういう場面がありますね。

料理漫画なのに、料理を主役にしない回が何回かありました。そこが、クッキングパパの良いところでもありますね。

料理だけじゃなくて、ストーリーでは人も大事。次は江口が元に戻るのでしょうか?

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。