無料お試し登録でマンガをタダ読み!
Dr.Stone

Dr.STONE(ドクターストーン)|最新話第76話ネタバレ(2018年10月1日発売44号ジャンプ)

2018年10月1日発売の『週刊少年ジャンプ』44号に連載されている、「Dr.STONE」の第76話のネタバレです。

引用:週刊少年ジャンプ44号

 

前回のあらすじ

20秒という制限時間の中、千空率いる科学王国陣営は、司に奪われてしまった奇跡の洞窟の奪還へ向かいます。
火炎弾を合図に、戦車で罠を破壊しながら突き進みます。
途中でハプニングはあったものの、ショックキャノンや味方に引き入れた羽京達、そして大樹の活躍で、無事死者数ゼロの完全勝利を実現させることに成功したのでした。

 

『Dr.stone』第76話 「FINAL BATTLE」 ネタバレ

火薬ゲットか

奇跡の洞窟の奪還に成功した科学王国陣営ですが、奇跡の水を手に喜ぶ大樹やクロムとは違い、千空は冷静でした。
遊んでいる暇はないと、すぐに火薬を作るべく硫黄と炭を取り出します。
用意周到な千空は、そこに奇跡の水である硝酸を混ぜるとすぐに火薬が完成するという、即席火薬作成キットを持参していました。
しかし、喜んだのも束の間です。耳のいい羽京が異変に気づきます。
ありえない、いくらなんでも早すぎると焦り、羽京は「逃げろ!」と叫びました。

 

早すぎる到着

叫んだ次の瞬間、羽京は千空達の元へ飛ばされてしまいます。
ぶつかった衝撃で火薬作成キットは吹っ飛び、全て粉々になってしまいました。
切り札の火薬の元がなくなった千空達の目の前に、ついに彼らが現れてしまいます。
どちらか一人でも絶望的だという怪物二人を目前にし、その場の全ての人間が科学王国の勝機が完全に潰えたことを、本能的に理解しました。
司と氷月の堂々たる姿に、絶望と恐怖を感じずにはいられませんでした。

引用:週刊少年ジャンプ44号

 

再会

一度殺された千空と、殺した司がついに再び顔を合わせることとなりました。
一年前と同じように、再び千空を手にかけるつもりの司と、司に対抗すべく科学という力を使い戻ってきた千空は、不敵に笑い合います。
幻の仕掛けたリリアン作戦も見抜かれ、電話機も破壊されてしまいます。
司と氷月は紙一重だったが、たった今勝負はついた、君たちの負けだと千空達に告げます。
科学王国の絶対的な敗北の空気の中、司達から提案を持ちかけられます。
科学王国のみんなの安全保障と引き換えに、千空一人に消えるようにというものでした。

 

前とは違う

一年前、目の前で救えなかった千空の姿を思い出し、二度と同じようにはしたくないと、大樹は叫びます。
しかし、千空は違いました。
あの時は大樹も間に合わず、千空には選択肢がありませんでした。
でも今は大樹や科学王国の仲間がたくさんいます。

引用:週刊少年ジャンプ44号

コハクは奇跡の水の拠点を守るため、勝ち筋はなくとも飛び出します。
僅かにでも持ちこたえれば、千空たち科学使いが必ず勝利の道を作ると信じ、籠城戦に入りました。

この原始のストーンワールドを最後に制するのはどちらでしょうか。
自然が人類に与えた純粋な力か、人類自身が積み重ねた科学か、司と千空の戦いが幕を開けました。

 

感想

奇跡の洞窟の奪還に成功し、科学王国の有利かと思っていたら、勝利の余韻に浸る間も無く司たちが現れてしまいました。
見開きを使った司と千空のアップは迫力満点です。
そして司と氷月という圧倒的な力を前に、真っ先に飛び出したコハクに、必ず千空たちならできると信じて疑わない強い絆を感じました。
予想していたより早い司との対決に、来週が待ち遠しいです。

 

今後の予想

コハク達が司と氷月をどれくらい食い止めることができるのか、実力差を考えると本当に一瞬な気がします。
それでも大樹がいることにより、少しは持ち堪えることはできるかもしれません。
その僅かな時間で千空達に何ができるか、それに全てがかかっています。
来週は巻頭カラーなので、そちらも楽しみです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。