無料お試し登録でマンガをタダ読み!
Dr.Stone

Dr.STONE(ドクターストーン)|最新話第78話ネタバレ考察予想(2018年10月15日発売46号ジャンプ)

2018年10月15日発売の『週刊少年ジャンプ』46号に連載されている、
「Dr.STONE」の第78話のネタバレです。

 

【前回のあらすじ】

司と氷月の圧倒的な力の前に、科学王国陣営は勝ち目がないと絶望します。
しかし、千空たち科学使いならなんとかしてくれる、そう信じてコハク達バトルチームは戦い続けました。
そしてとうとう、ニトログリセリンが完成し、この世界に再びダイナマイトが完成したのでした。

「Dr.STONE」 第78話 『壊すもの救うもの』ネタバレ

引用:週刊少年ジャンプ46号

【形成逆転】

千空の放った飛行機は、司たちの頭上で激しい音を立てて爆発しました。
あまりの威力に、金狼銀狼は戸惑いますが、コハクは、これはヒトの力など一笑に付す、科学の力だ、と笑います。

洞窟から出てきた千空、クロム、幻の手にはそれぞれニトログリセリンを塗った紙飛行機が構えられていました。
バトルチームがもちこたえてくれたおかげでギリギリ間に合ったと言う千空に、コハク達は安心したように微笑みます。

たった今!科学王国はダイナマイトを完成した、その威力は100億メガトンジュール!!と、交渉に向かない千空の代わりに、幻が大袈裟に言い放ちました。
紙飛行機などそうそう当たらないと言う司チームに、羽京は紙飛行機より少しだけ正確な、ダイナマイト矢もあるのだと構えます。
これにて形成逆転、敵陣営も次々と武器を捨てて降参するのでした。
そんな中、ダイナマイトの威力を目の当たりにした氷月は、素晴らしいと目を輝かせています。

引用:週刊少年ジャンプ46号

【膠着状態】

勝ったと喜ぶ科学王国のメンバーでしたが、幻は考えていました。
戦況的には勝ったけど、決着したわけではありません。
有象無象は片づいたから問題はこの先である。そして司も、千空もそのことに気付いていないわけはない、これからどうするのかと。
そんな中、司が口を開きました。
ダイナマイトは受け止めても叩き落としても爆発し、広範囲の爆風はかわすのも無理であり、確かに不可避である。ただ、必ず大勢の死者が出ると語ります。
千空が一人も犠牲を出したくないというスタイルであることから、お互いが動けない状況になりました。
わざわざその膠着状況を作り出した千空の目的は、司との取引でした。

【司の目的】

千空は幻が司と出合ったのはテレビの特番であったことを指摘し、それは妙な話だと言います。
この世界の全てを手に入れられる状況にあるのに、汚れた既得権益者を浄化するという理想に邁進している、それが獅子王司でした。
しかしその一方で、試合やテレビでたくさん稼いでいた司を、ガラじゃないと千空は疑問に思います。
その大金はなんの為に、誰の為に、そう考えた時、千空は司の妹の存在に行き着きました。

実は司の妹は臨床的脳死であり、この先意識が回復する可能性はないのだと言われていました。
それを理解しつつ、妹の装置を維持する為、司は稼ぎ続けていたのです。

【交渉】

妹を助けたい司に、千空は石化復活時の周辺修復力なら治るかもしれないと言いました。
その効力は自ら体験済みです。

千空の取引とは、司の妹の復活のチャンスであり、それと引き換えに停戦を求めるものでした。
その話を信じるに値する根拠を聞かれた千空は、自分の言葉だけであると返します。
科学に嘘はつかないという、千空のまっすぐな言葉に、司は十分だと目を閉じたのでした。

引用:週刊少年ジャンプ46号

交渉が成立した千空たちは、病院があった場所をダイナマイトで採掘しようとしていました。
ダイナマイトで硬い岩盤を吹き飛ばし、手動で掘り返し、やっと司の妹、獅子王司未来を見つけます。
救いたい、そのみんなの願いを込めて、奇跡の水がかけられました。

引用:週刊少年ジャンプ46号

【感想】

ダイナマイトも完成し、無事司たちとの交渉も成立しました。
自分の理想の世界を作るためには手段を選ばなかった司でしたが、その裏にあった妹の存在に驚きました。
千空の言葉を信じると決めた司の表情と、十分だという言葉に、これまでの辛かった気持ちが少し和らいだように感じられ、どこかほっとしました。

【今後の予想】

科学の力で、掘って掘って掘りまくって救いまくる、千空たちの活動はまだまだ始まったばかりです。
世界人類、全員を救いたい、その願いを叶えることができるのでしょうか。
まずは未来が無事復活するのか、次回がとても気になります。