無料お試し登録でマンガをタダ読み!
Dr.Stone

Dr.STONE|最新話86話ネタバレ(12月10日発売2号ジャンプ)ドクターストーン

2018年12月10日発売の『週刊少年ジャンプ』2号に連載されている、
「Dr.STONE」の第86話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

地球の裏側まで航海するため、千空が次に復活させようとしたのは船長でした。
女記者の情報より、性格に問題有、しかし腕は一流の龍水が仲間に加わります。
龍水が出した条件は、船を動かすためのまともな燃料を用意することでした。
船を完成させるためにも、千空は石油を掘り出すことを次の目的にしたのです。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

Dr.STONE|最新話85話ネタバレ(12月3日発売1号ジャンプ)ドクターストーン2018年12月3日発売の『週刊少年ジャンプ』1号に連載されている、 「Dr.STONE」の第85話のネタバレです。...

 

今週のネタバレ


引用:週刊少年ジャンプ2号

【独占】

千空は地図を広げ、静岡に相良油田があることを告げました。
石油を求め、最強の眼を持つコハク、最強の耳を持つ羽京を仲間に、新生クロム発掘隊が旅立ちます。

石油さえ手に入れば、自分の航海術で必ず地球の裏まで連れて行ってやろう!と龍水は言いました。
ただ条件がある、と続けます。
船長報酬として、発見した油田の権利をもらう、それが龍水の出した条件でした。

あまりの条件に、あこぎすぎると幻は驚きます。
せっかく石油見つけても、全部取られてしまったら船に使う燃料はどうなるのか、と幻は尋ねました。

その問いに、貴様らは俺から石油を買うんだよ、と龍水はニヤリと笑ってみせたのです。

【通貨】

龍水は判を作らせ、それを使って紙に印刷し、独自の通貨を作りました。


引用:週刊少年ジャンプ2号

そして豪華な家に住み、優雅な暮らしを始めます。

やり口を調べに来た陽に、龍水は発行した通貨、ドラゴを見せます。
この100ドラゴで1mlの石油を売ると言いました。

この世界で、通貨などどこで使うのかと疑問に思います。
しかし、龍水が指差した先には、スイカ達が通貨を集めるために、ラーメンやわたあめのお店を出していたのでした。

千空たちは石油のためにドラゴを集めなくてはなりません。
そのために科学であらゆる物を作って売るはずだ、と龍水は見抜いていました。
ドラゴはすっかり本物の通貨となっていたのです。

その様子を見ていた女記者は、好き勝手させていいのかと千空に問いました。
構いはしない、今はな、と千空は笑います。

通貨も立派な科学の発明品だ。
人の力を纏めあげる。
わざわざ作ってくれたんなら、ありがたく利用させていただこうじゃないか。
連中がたっぷり貯め込みまくった頃にな、と悪どい表情を浮かべた千空なのでした。

陽たちが大量にドラゴを抱えている側で、ニッキーはこんな金モドキは受け取らないよ、と返します。
そもそも実際に今、石油はない。
こんな紙切れになんの価値があるのかとニッキーは問いました。

いい質問だ、と龍水は答えます。
通貨の価値は、実際そこにモノがあるかどうかなど関係ない。
信頼だ、千空ならいずれ石油を見つけ出す、その期待そのものが、紙切れを宝に変えるのだ、と言いました。

【富士山】

その頃羽京の耳は、滝の音をとらえていました。
コハクが木に登り、その方向を見ます。

三人が目にしたのは、3700年前にはなかったはずの、ナイアガラの滝みたいな大瀑布でした。


引用:週刊少年ジャンプ2号

昔から石神村の西方面はボコボコで、クロムもよく探索しきれていないそうです。
あの1番巨大な山を目印に、そこから西が荒れているとコハクが指差しました。

その先にあったのは、日本一高い山、富士山だったのです。
羽京は、自分たちがいまだに、3700年という時の流れを甘く見ていたことに気づきました。

その様子は電話によって千空に報告されます。
海岸線もボコボコでしたが、内地もまたそうであると千空は知りました。

よく考えれば当たり前だ、周期はたったの数百年だぞ、と千空がたどり着いたのは、富士山の大噴火でした。

富士山の大噴火は、一発でも地形が変わるレベルの大惨事です。
千空たちが石化中の3700年で、少なくとも4?5回、多くて10回以上噴火が起こっていたのでした。
現代人の地図はもう役に立たないということです。

新しい地図がいる、と羽京は言いました。
そんなもんなくたってなんとかする、とクロムは言いますが、闇雲に油田を探すのは危険すぎます。

【気球】

その時スイカは空を見上げ、鳥に乗って見れたら、と呟きました。
あんなにすごく上からなら、地面がどうなっているかなんて全部分かる、というスイカの声に、千空はそれだ!と叫びます。

ここで陽たちが貯めこんだ通貨を利用させていただくわけだ、と千空は悪い顔になりました。
千空の意図を理解した幻も、同じく悪い顔になります。

大量に貯めた通貨を前に喜ぶ陽たちの元に、幻が現れました。
そのドラゴが今、大ピンチであると言います。

油田が探せない状態であり、もし石油が出なかったら、ドラゴと石油を交換する話自体がパーになる。
一生懸命貯めたドラゴは、全部紙くずになってしまう。

でも安心して、俺に任せて!せっかくのドラゴをゴミにしない方法、教えてあげちゃう、と幻は本領発揮です。

陽たちは慌てて麻を集めて回りました。
あっという間に大量の麻が積み上げられます。
さんざん通貨を貯めさせたとこで、相場をいじって利用する、よっぽどあくどいじゃないか、とさすがの龍水も青ざめたのでした。

大量に麻を集めたのは、大きな布を作るためでした。
油田を空から集めるため、気球を作ろうとしているのです。
科学のお宝探検隊は空から攻める、そう千空は言いました。

Dr.STONE 単行本を無料で読む方法

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

もちろん違法ではない方法ですし、5~6冊は読める方法です。

興味のある方はどうぞー。

Dr.STONE|最新刊8巻を無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!ドクターストーン 人気作品「Dr.STONE」の単行本か、、、 確かに読みたいけど、1回読めば十分だしな。。。 タダで読めないかな。。 ...

 

【感想】

龍水の横暴さにより通貨が登場し、一気に現代のような世の中の仕組みが出来てしまいました。
これまでは科学の進歩はあるものの、流通などそういった仕組みはあまり感じられなかったので、少し寂しくも思います。

そして前回までは船を作る流れだったのが、その目的のために、まずは気球を作ることになりました。
次々と挑戦するものが増え、読んでいてワクワクします。
無事気球を飛ばすことができるのか、次回も楽しみです。