無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

ハイキュー|最新話325話ネタバレ(11月5日発売49号ジャンプ)

2018年11月5日発売の『週刊少年ジャンプ』49号に連載されている
「ハイキュー!!」第325話のネタバレです。

前回のあらすじ

白熱していた烏野高校と音駒高校、ゴミ捨て場の決戦はついに決着の時を迎えました。
まだ戦っていたいと願って走り続けた孤爪ですが、あと一点、というところでトスを上げようとしたボールが滑り、コートに落ちてしまったのです。

それはみんなが繋いできた汗が原因で、それほどまでに長く、激しいラリーであったことを物語っていました。
烏野高校の勝利が決まり、試合が終了します。
コートに座り込んだ孤爪は黒尾に、バレーボールを教えてくれてありがとうと微笑んだのでした。

今週のネタバレ

【試合のその後】

孤爪の、バレーボールを教えてくれてありがとうという言葉に、他の音駒メンバーは目を丸くします。
言われた黒尾もよくわからず、とりあえず「うん」とだけ返しました。
そしてその後に我に返り、ちょっと待てバカヤロウ!!と叫びます。
そんな黒尾に、海や夜久、そして黒尾自身も笑いました。

整列の声がかかり、孤爪はダルそうに並びます。
そこへ自分もコートに入りたい、と手白は呟きます。
入ったじゃん、と疑問に思うリエーフに、ちゃんと入りたい、あんな風にバレーやりたいと、手白は前を向いて言いました。

【挨拶】

終わりを告げる笛の音が会場に響き、双方からありがとうございました!と声が上がります。
会場内だけでなく、モニター越しに見ていた人たちからも、たくさんの拍手が送られました。
そんな中、選手たちは握手を交わします。
烏野高校と音駒高校のキャプテンである澤村と黒尾は、ネットを超えて抱き合いました。


引用:週刊少年ジャンプ49号

続いて黒尾と東峰、澤村と海も抱き合い、菅原と夜久は楽しげに肩をぶつけ合います。
同じ二年のエースである田中と山本は硬く握手を交わしました。
西谷は夜久を尊敬しているという気持ちを込めたかのように、両手で丁寧に握手をしています。
東峰と芝山はお互いに遠慮しつつ、控えめに握手をしました。
そして黒尾は月島に駆け寄り、声をかけました。
月島もそれに対し真面目に握手を返します。
そんな中犬岡が悔し涙を流し、そこから山本、福永と次第に広がっていきました。

【約束】

猫又監督と顧問の武田先生が握手を交わし、そこへ烏養監督が続きます。
その瞬間、テレビの前にいた烏養一繋はそっと右手を差し出しました。
猫又監督が実際に握手をしたのは孫である繋心でしたが、その心はかつてのライバルである一繋ともしっかり握手を交わしたのです。
ゴミ捨て場の決戦という約束が、ついに果たされた瞬間でした。


引用:週刊少年ジャンプ49号

観客への挨拶も済み、ついに撤収となります。
戻ってきた選手たちに、猫又監督はナイスゲーム、ありがとうと声をかけました。
小さな頃から見てきたその監督の言葉に、黒尾をはじめ、選手全員がありがとうございました!と頭を下げます。

【またやろう】

去り際、影山は孤爪にまたやりましょう、と声をかけます。
日向からも、また来年もやろうな!と言われ、孤爪は嬉しそうにうん、やろうと答えました。
その姿を見ていた両監督も、満足そうに微笑みます。

終わる実感がないとこぼす夜久に、終わりだけど、この3年間が黒尾と夜久と一緒で良かった、と海は微笑みました。
一瞬キョトンとした黒尾と夜久でしたが、その後すぐに目頭を押さえました。

ふと黒尾が顔を上げ、何かに気づきます。
黒尾は終わりだけどまだ終わりじゃないと言い、その視線の先には躍動する木兎の姿がありました。

単行本の新刊を無料で見る方法?

ハイキュー!!単行本の最新刊を無料で見る方法を下記記事で解説しています。

気になる方はぜひコチラもどうぞ。

ハイキュー!!|最新刊34巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!週刊少年ジャンプの大人気作品「ハイキュー!!」の新刊が遂に登場! それを無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

 

【感想】

前回試合が終わり、今回は試合後の話でした。
それぞれの挨拶や、感情が丁寧に描かれていて、ついついもらい泣きをしそうになってしまいます。

そんな中で、テレビの前で右手を差し出す烏養元監督の姿にとどめを刺され、結局今週も泣くことになりました。
また来年もやろうと話す日向や孤爪と、これで終わりだという黒尾たち三年生が対照的です。
烏野の3年生の3人が肩を組んでいる後ろ姿が描かれていたのもよかったです。
来年からは黒尾たちのいない音駒で、きっと孤爪が活躍してくれるのではないかと思えるいい終わり方でした。

【次回の予想】

これで音駒との戦いが終わりました。
最後に黒尾たちの視線の先にいたのは木兎であることから、次回からは梟谷の試合について描かれていくことになりそうです。
梟谷の現在の試合がどのような流れになっているのか、次回からも楽しみです。