無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

ハイキュー|最新話333話ネタバレ(1月7日発売6・7合併号ジャンプ)

2019年1月7日発売の『週刊少年ジャンプ』6、7合併号に連載されている
「ハイキュー!!」第333話のネタバレです。

【ハイキュー 前回のあらすじ】

木兎の活躍により、点差はどんどん縮まっていきました。
しかしそんな中、赤葦は反則をとられてしまいます。

木兎は赤葦に、一旦下がるように言いました。
その言葉の裏には、赤葦ならきっとすぐ冷静になって戻ってくるという、絶対的な信頼があったのです。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

ハイキュー|最新話332話ネタバレ(12月22日発売4・5合併号ジャンプ)2018年12月22日発売の『週刊少年ジャンプ』4、5合併号に連載されている 「ハイキュー!!」第332話のネタバレです。...

 

【ハイキュー 今週のネタバレ】


引用:週刊少年ジャンプ6・7号

【交代】

赤葦と交代で、穴堀がコートに入りました。
穴堀はアピールチャンスの到来だ、と張り切っています。

一方、ベンチに座った赤葦は、あぁー!と声を上げて顔を手で覆いました。

引用:週刊少年ジャンプ6・7号

赤葦らしからぬその姿に、周りも驚きます。
監督に話しかけられると、赤葦はすっと元に戻りました。

一球入魂とはどういう意味かと尋ねられ、赤葦は一球に全力、見たままの意味だと思います、と答えます。
しかしあれはもっと理性的な言葉だ、と監督は言いました。

今は20点だが、次に重要なのは21点目なのではないか、そう監督に言われ、赤葦は先程の木兎の言葉を思い出します。

【烏滸がましい】

その頃、鷲尾がサーブを打っていました。
ボールは桐生へと上げられます。
桐生のスパイクを、梟谷の前衛三人は息を揃えて飛び、弾きました。

すぐさま狢坂はネット前に構え、その圧に穴堀はひるみます。
穴堀が猿杙にトスを上げますが、低くなってしまい、ブロックに阻まれてしまいました。

落ちてきたボールを、穴堀は咄嗟に手を出して拾います。
木葉がそのボールへ向かい、木兎は自分に寄越せと叫びました。
木兎のバックアタックが来るかと、狢坂のメンバーは構えます。

しかし、木葉はヤだねと微笑み、再び猿杙へトスを上げました。
猿杙のスパイクが決まり、点差は一点となります。

コートの外は視界が広いなと、赤葦は仲間たちのプレーを眺めていました。
この人たちの中でプレーするうちに、いつの間にか自分もこの人たちと同じであるように思っていたんだ。
そして有ろうことか、木兎をコントロールした気になっていた、と赤葦は考えました。

なんて烏滸がましい。
そう赤葦は口に出します。


引用:週刊少年ジャンプ6・7号

その言葉を聞いた監督たちは、何言ってんの!?と動揺しました。
そんな周りのことは目に入らず、俺ごときが試合をどうこうしようなど、と赤葦は考えますが、その口元は上がっています。

【いつも通り】

25点を先取し、第1セットは狢坂のものとなりました。
監督は赤葦に行けんのかよ、と尋ねます。

スターを前にして自分にできることは、「いつも通り」の供給だけです、そう赤葦は答えました。

昨日の試合のように。
予選のように。
練習試合のように。
いつも通りならできます、そう答えた赤葦の表情は、どこか吹っ切れたように見えます。

そして第2セットが始まりました。
赤葦は再びセッターとしてコートに入ります。

【タスクフォーカス】

自分がコントロールできるのは、自分の思考と行動のみ。
重要なのは常に「次自分にできる事と、すべき事」であると、赤葦は集中します。

猿杙のサーブから始まり、スパイクによって戻ったボールを木葉が上げました。
長くなったそのボールは、赤葦へと向かいます。

影山ならあげるだろうか。
そう考えるも、嫉妬も憧れも今は不要と、赤葦はそのボールを相手のブロックの手にわざとあてます。

無言でしたが、その目は木葉に「上げ易いやつください」と語っていました。
リバウンドさせたボールは再び赤葦へ繋げられ、そこから木兎へトスを上げます。

ドンピシャなトスに、木兎は気持ちよくスパイクを決めました。
最高のトスだぜ!と嬉しそうに木兎は言います。
それに対し赤葦は、ただ一言、ありがとうございますと答えたのでした。

ハイキュー!! 単行本を無料で読む方法?

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

もちろん違法ではない方法ですし、5~6冊は読める方法です。

ハイキュー|最新刊35巻を無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!大人気作品「ハイキュー!!」の新刊が遂に登場! 漫画村、漫画タウン、漫画ビレッジは危険がいっぱい! 新刊を安全に無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

 

【ハイキュー 感想】

ベンチへ下がった赤葦でしたが、一度下がることにより全体を見渡せ、冷静になることができました。
烏滸がましい、という自分を下げる見方は赤葦らしさがあります。
そんな考え方をしつつも、口角を上げる赤葦に清々しいものを感じました。

第1セットは取られたものの、赤葦も無事復活したことにより調子を上げた梟谷。
第2セットはどんな流れになるのか楽しみです。