無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

ハイキュー|最新話334話ネタバレ(1月21日発売8号ジャンプ)

2019年1月21日発売の『週刊少年ジャンプ』8号に連載されている
「ハイキュー!!」第334話のネタバレです。

【ハイキュー 前回のあらすじ】

ベンチに下がった赤葦は、外から試合を見て冷静さを取り戻しました。
自分が木兎をコントロールしていた気になっていたことを、烏滸がましいと口にします。

点差は狭まるものの、第1セットは狢坂に取られました。
再びコートに戻った赤葦は、いつも通り、冷静なプレーをするのでした。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

ハイキュー|最新話333話ネタバレ(1月7日発売6・7合併号ジャンプ) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2019年1月...

 

【ハイキュー 今週のネタバレ】

【赤葦の復活】

得点が決まってから、次のサーブが放たれるまで10秒足らず。
勝敗の行方を憂えたり、過ぎたミスを後悔している暇はない。
ローテから見る相手の出方の予測と、自分のすべき事だけを考える。
コートに戻ってきた赤葦は、冷静でした。

ボールが木葉の元へ上げられ、そのボールはネット付近にいた桐生にわざと取らせるように、前に落とされます。
その木葉のプレーに、孤爪はヤラシーと言います。
お前が言うか、と言いたげに黒尾と山本は無言で孤爪を見ていました。

桐生は牽制、レフトは無い。
このパターンから可能性が高いのは真ん中、と赤葦は考え、守備に着きました。

真ん中から鷲尾、左から木兎のブロック、抜いても赤葦が待っていた、嫌な守備だ、と見ていた黒尾は思います。
その結果、相手の攻撃はブロックの手に当たり、ワンチとなりました。

【ハイテンション】

鷲尾が打ったスパイクは尾新が受けるも、そのまま高く上がってしまいます。
その上がったボールを、木兎がダイレクトに叩き込みました。

これにより現在の点数は、22-23と、梟谷のリードとなります。
木兎の活躍に、会場内が湧き上がりました。
テンションの高いままに、木兎は監督とも胸を打ち合わせるほどです。
そんな木兎を見て観客も、あの4番面白い、かっこよくない?といった声も上がりました。

そして次は木兎のサーブです。
会場内が木兎コールに包まれました。
手拍子まで加わる盛り上がりようです。

サーブの時に手拍子というのは、かつて烏野が妨害目的でされたことのあるものでした。
本来は味方にやるものではありません。

しかしそこは木兎です。
手拍子は邪魔ではなく、むしろ、世界が俺に加勢している!!と絶好調のままにサーブを放ちました。

引用:週刊少年ジャンプ8号

そのサーブは狢坂のコートに突き刺さります。

そしてついに、梟谷が第2セット、セットポイントとなりました。

【第2セットの終わり】

応援団以外の観客も巻き込み、会場内は完全に木兎への歓声であふれています。
木兎の名前を呼ぶ声に、木兎も楽しそうに答えました。

木兎の二度目のサーブも強烈ですが、なんとか拾われます。
桐生にトスが上げられ、打つ体制になります。
その前には構える木兎の姿がありました。

桐生のスパイクはブロックに阻まれ、ボールは狢坂のコートに落ちます。
これにより、第2セットは梟谷のものとなりました。

第2セットが終わり、狢坂のメンバーは予想していたより木兎頼みではなかった、と話しています。
対木兎ブロックを一度やめようかと言うも、すぐさまマネージャーがばっかたれ、と入りました。
エースを選択させる状況は自分らで作る、攻めは最大の防御!とマネージャーの九刷は声をかけます。

一方桐生は、木兎について考えていました。
怯えも焦りもなく、ただ自分の身体を思うまま操る、「楽しい」こそが「最強」なのだ、と語ります。
それはまさに木兎のことでした。

そんな桐生に猯は、「楽しい」はきつい筋トレと練習次第で作れる、お前は全部やってきたと声をかけます。
すかさず雲南が猯にツッコミをいれました。
その様子を見ていた桐生は、お前らは強えなあと呟きます。

【自惚れろ】

第3セットが開始されました。

木兎光太郎、俺はお前がこわい。
お前の様な男と戦えば、自分の小ささを浮き彫りにされる。
俺には怖いもんがいっぱいだ。
仲間の鼓舞も、期待も歓声も、どこかプレッシャーに感じていた。

そこまで考え、桐生は笑います。
プレッシャーだと、弱いくせに何を一丁前に、と目を閉じました。

自分に自信など全くない。
でも、仲間に恵まれた自信はある。
強い仲間が、そこまで言ってくれる。

仲間たちの顔を思い、桐生は飛びます。
全力で打ち落とされたスパイクは、ブロックの手を弾き、大きく外へ飛んでいきました。


引用:週刊少年ジャンプ8号

逃げ出すくらいなら、自惚れろ。
そう自分に言い聞かせた桐生の瞳が輝きます。

ハイキュー!! 単行本を無料で読む方法?

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

もちろん違法ではない方法ですし、5~6冊は読める方法です。

ハイキュー|最新刊35巻を無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!大人気作品「ハイキュー!!」の新刊が遂に登場! 漫画村、漫画タウン、漫画ビレッジは危険がいっぱい! 新刊を安全に無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

 

【ハイキュー 感想】

赤葦も復活し、木兎はますます調子を上げていきます。
観客までも味方につけ、楽しく盛り上げる姿は、まさに木兎らしいバレーでした。

一方の桐生も、木兎に負けじと気合を入れていきます。
第3セットも開始され、お互い全力でぶつかる木兎と桐生から、次回も目が離せません。