無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

ハイキュー|最新話335話ネタバレ(1月28日発売9号ジャンプ)

2019年1月28日発売の『週刊少年ジャンプ』9号に連載されている
「ハイキュー!!」第335話のネタバレです。

【ハイキュー 前回のあらすじ】

木兎や復活した赤葦、他のメンバーの活躍により、第2セットは梟谷が勝利となりました。

楽しんでバレーをしている木兎を最強だと思いつつ、桐生も仲間を信じ、気合をいれます。
逃げ出すくらいなら、自惚れろ。
そう自分に言い聞かせ、桐生は飛びました。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

ハイキュー|最新話334話ネタバレ(1月21日発売8号ジャンプ)2019年1月21日発売の『週刊少年ジャンプ』8号に連載されている 「ハイキュー!!」第334話のネタバレです。...

 

【ハイキュー 今週のネタバレ】

引用:週刊少年ジャンプ9号

【楽しい】

かつて木兎は、どうなれたら楽しいか考えて、という言葉をかけられます。
「楽」じゃなく「楽しい」を考えて、その言葉の通り、木兎は張り切りました。

丑三中学校時代、走り込みをしていた時のことです。
いつものように張り切って走る木兎でしたが、他のメンバーとの間に温度差ができていました。

先頭を走っていた木兎が振り返ると、そこには誰一人いません。


引用:週刊少年ジャンプ9号

木兎はそのまま一人で、坂道を駆け上がりました。

そして今、木兎の打ったボールはネットに引っかかり、相手の得点となってしまいました。
すると木兎は、バレーって疲れる!と真顔で言いだします。

そんな木兎に、審判や観客全てが心の中で「でしょうね!!!」とツッコミを入れました。
桐生でさえも思わず吹き出してしまいます。

木兎も疲れてきてる今、ここが攻め所だと狢坂は気合を入れました。

【リバウンド】

試合は進み、桐生がブロックを吹き飛ばす、強烈な攻撃を仕掛けました。
最も苦手なタイプの木兎と向き合わざるを得なくなって、吹っ切れたようです。
そしてそれだけではなく、絶好調の梟谷に引っ張られるのもある、と狢坂のマネージャーは感じていました。

先程弾き飛んだボールは、猿杙が拾っていました。
そのボールは木兎へ繋げられます。

木兎の前に、ブロックは3枚。
しかも後ろからの、打ち辛い2段トスです。
捕まんぞ、と黒尾はヒヤヒヤしながら見守りました。

しかし木兎は冷静です。
わざとブロックに当て、リバウンドさせました。
そのうまさに、黒尾は少し面白くなさそうに鼻で笑います。

もっかい、と木兎が叫びました。
そんな木兎に、赤葦は昔のことを思い出します。

【意外】

赤葦がリバウンドさせようとして、結果失敗した様子を木兎は見ていました。
さっきのは何、と赤葦に問います。
リバウンドだと言うと、教えて!と無邪気に食いつきました。

赤葦は木兎のことを不思議だ、と思っていました。
一見大雑把な人で、目立つプレーを好むのに、「下っ端1年のただのミスプレー」に興味を持ちます。

なんだか意外です、と赤葦は話しかけました。
リバウンドのような地味なプレーより、もっと派手なプレーをするタイプかと思った、と木兎へ直接伝えます。

すると木兎は「楽」じゃなく、「楽しい」を考える、と言いました。
それは昔、クラブコーチがいつも言っていた言葉です。

ブロックされるのも、レシーブをミスするのも、サーブをミスするのも楽しくない。
全部決めたい、全部拾いたい、全部勝ちたい。
それが木兎の気持ちでした。

そしてその「楽しい」というワードは、その響きと裏腹に、すごく困難な事に赤葦には聞こえたのです。

【プッシュ】

赤葦は木兎へトスを上げます。
みんなが「決まる」と確信したその時、木兎が打ったのは鋭いスパイクではありませんでした。

ボールはふわっと浮き、コート前へ落ちて行ったのです。

引用:週刊少年ジャンプ9号

完全に虚をつかれた狢坂は間に合わず、ボールはコート上にバウンドしました。

木兎のプレーに、赤葦や監督は笑います。
一方で桐生は、木兎のその冷静さにまた一段と警戒しました。

次のサーブは木兎です。
狢坂はサーブを拾うも乱れ、チャンスボールとなる、そう思われました。
しかしそこは桐生です。

苦しい、辛い、こわい、敗北の恐怖、他人の評価。
そんなことを考えている余裕も無い。
この男に付いて行く事で精一杯。

バレーボールをすることで精一杯。
そう考え飛んだ桐生の顔は、晴れ晴れとしていました。

ハイキュー!! 単行本を無料で読む方法?

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

もちろん違法ではない方法ですし、5~6冊は読める方法です。

ハイキュー|最新刊35巻を無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!大人気作品「ハイキュー!!」の新刊が遂に登場! 漫画村、漫画タウン、漫画ビレッジは危険がいっぱい! 新刊を安全に無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

 

【ハイキュー 感想】

飄々としている木兎ですが、かつては周りとの温度差が原因で一人で頑張っていたことがわかりました。
「楽しい」のために、地味な努力も惜しまないからこそ、天才なんだと感じます。
そしてその努力を今のメンバーは認め、一緒に頑張っている、ということが嬉しく思いました。

一方桐生も、今週の最後の表情から、バレーボールを「楽しい」と感じながらプレーできていそうですね。
こちらも、よかったと思います。

木兎と桐生、どちらも好調ですが、これからどのような展開になるのか楽しみです。