無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

ハイキュー|最新話338話ネタバレ(2月18日発売12号ジャンプ)

 

2019年2月18日発売の『週刊少年ジャンプ』12号に連載されている
「ハイキュー!!」第338話のネタバレです。

【ハイキュー 前回のあらすじ】

梟谷と狢坂の対決は、接戦でしたが梟谷が勝利しました。

試合が終わった後の桐生は、すっきりしたように笑います。
一方木兎も、反省する赤葦に声をかけ、次も頑張るために気合を入れました。

会場では、次の烏野の試合が始まろうとしています。

【ハイキュー 今週のネタバレ】


引用:週刊少年ジャンプ12号

【3時間前】

それはBコートで行われる、男子準々決勝、鴎台VS烏野の試合開始3時間前のことです。

冴子は、昼食を食べに出向いた飲食店で遭遇した、音駒のアリサとあかねと仲良くなっていました。
先程の試合について、楽しげに話します。

その時、冴子たちの後ろを歩いていた明光に、お久しぶりです、と青年が駆け寄りました。
その青年の顔を見た冴子は、その正体に驚きます。

その頃烏野メンバーは、次の試合相手の鴎台についてミーティングをしていました。

個人で一番厄介なのは、レフトの星海だと烏養監督が言います。
彼の攻撃は超多彩、さらにサーブも強力でした。
でも正直、星海以上に厄介なのは、と烏養は続けます。

その頃、伊達工のバレー部の部室では、烏野の試合を見ようと部員が集まっていました。

しかし今回の準々決勝、伊達工が注目していたのは、烏野より鴎台の方です。
鴎台とは、全国トップクラスのブロックを誇るチームなのでした。

【センターコートへ】

鴎台とは、レベルをMAXまで上げた伊達工に、ユースクラスのエースがいるチーム、みたいな感じだと烏養は言います。
その言葉を聞いた日向と影山は目を輝かせますが、東峰と田中の表情は曇りました。

ここで、烏養は澤村に気合を入れるようにと言います。
澤村は、お気づきだろうか、とメンバーに話しかけました。

我々は今、全国ベスト8です。
魔の3日目、これを超えた先にあるのは、準決勝「センターコート」だ。
その澤村の言葉に、みんな目を輝かせました。

引用:週刊少年ジャンプ12号

今日も勝って、ウマイ晩飯を食うぞ!というかけ声で、ミーティングは終わります。

【バレー日誌】

ミーティングの後、清水は影山が何かを書いている姿を見かけました。
日向によると、それはバレー日誌だそうです。

影山はもっとインスピレーションでプレーするイメージだったと、清水は驚きました。
自己管理というものですね、さすがですと谷地は感激します。

影山はアホで凶暴だけど、バレーにだけはそうじゃない。
凄い奴だけど、最初からそうだったわけじゃなくて、自分がバレーを知るずっとずっと前からバレーをやってきた。
それは今までを知らなくてもわかるのだと、日向は言います。

だからずっと先にいる、と日向は心の中で続けました。

そしてついに、烏野メンバーは試合会場へと足を踏み入れます。

【小さな巨人】

会場へ入った日向に、冴子が声をかけます。
それは「小さな巨人」が来ている、という知らせでした。

期待に胸を膨らませ、日向は小さな巨人の元へ走ります。
その勢いのまま、初めまして小さな巨人!と、話しかけました。


引用:週刊少年ジャンプ12号

今はどこのチームなのかと、日向は尋ねます。
しかし返ってきた答えは、今はバレーをやっていない、というものでした。

他にやりたいこともあったし、高校出てからバレーはやっていない、とのことでした。
とくに声もかからなかったしね、と小さな巨人は言います。

必殺技のひとつでも伝授してもらおうと思ったのに、と言う日向に、影山はもう行くぞと声をかけました。

日向が去ると、冴子は日向のテンションを下げてしまったかな、と後悔します。
しかし、それは違いました。

試合に向かう日向は、何でだろ、あんまりがっかりしていない、と言ったのです。


引用:週刊少年ジャンプ12号

ハイキュー!! 単行本を無料で読む方法?

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

もちろん違法ではない方法ですし、5~6冊は読める方法です。

ハイキュー|最新刊35巻を無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!大人気作品「ハイキュー!!」の新刊が遂に登場! 漫画村、漫画タウン、漫画ビレッジは危険がいっぱい! 新刊を安全に無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

 

【ハイキュー 感想】

ついに、日向が憧れた「小さな巨人」と対面することになりました。
その今の姿は、かつて小さな体で活躍していた当時のものとは違って見えます。
もっとギラギラとした人物なのかと思っていたので、少し驚きました。

しかし、日向は彼と会い、今はバレーをしていないと聞いても、がっかりした様子はありません。
この出会いが試合にプラスに働いてくれれば、と思います。

いよいよ烏野も準々決勝です。
相手は伊達工のMAXレベルのブロックが備わっているようですね。

そんな相手に烏野がどう戦っていくのか、次回からも楽しみです。