無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

火ノ丸相撲|最新話第211話ネタバレ(2018年10月1日発売44号ジャンプ)

今回は、2018年10月1日発売の週刊少年ジャンプ44号に連載の

「火の丸相撲」の第211番「力士の生き様」のネタバレです。

前回のあらすじ

3勝0敗同士の童子切対三日月の一戦。火ノ丸の目の前で、幕内上位での取り組みは最高に楽しいと童子切との戦いを謳歌する三日月。その様子を見て火ノ丸もまた相撲の楽しさを思い出す。

しかしそんな中、土俵下の草薙は、今の火ノ丸を認めないと呟きながら大包平との戦いに臨むのだった。

 

『火の丸相撲』第211番 「力士の生き様」ネタバレ

相撲をやめた友

先週、火ノ丸が土俵に帰ってきた喜びを表していた三日月でしたが、草薙は火ノ丸が帰ってきた事を否定します。今いる火ノ丸は、かつて自分が知っていた火ノ丸ではないと……

九月場所が始まる少し前、大和国部屋に狩谷が訪れました。息子の友人の訪問が嬉しい様子の草薙の両親でしたが、肝心の草薙はムスッとした表情で何しに来たんだよ、と素っ気なく言います。

そして、「相撲をやめたんだってね、俊……」と言い、食事を終えると狩谷を残し自分の部屋へと戻ってしまいます。狩谷は、怪我で相撲が取れなくなってしまっていたのでした。

怪我なら治せばいい。あんなに相撲が好きだったのにどうして……

自分を追って部屋に来た狩谷に草薙は言います。そんな草薙に、狩谷は自分が次々に怪我をしていって、腰はもう治らない状態にまでなって、それでも騙し騙し続けていたけれど勝てなくなって、相撲を取るのが楽しくなくなってしまった真情を吐露します。

そんな狩谷に、草薙は体格の壁にぶつかっても、諦めずに工夫して結果を出す君を尊敬していたと涙を流します。

引用:週刊少年ジャンプ44号

現役大関にそこまで言ってもらえたら俺の相撲人生も少しは浮かばれらぁ!と笑いながら、狩谷は草薙に相撲自体が嫌いになった訳ではない事、今は相撲部のマネージャーをやっていて部のHPも任されていてその活動が楽しく、そっちの方を本格的に勉強してみようと思っている事を語りました。

草薙は涙を拭きながら狩谷の新しい道を肯定します。しかし心から祝福している訳ではなく、新しい道を受け入れている狩谷が大人びて見え、駄々をこねているだけの自分が恥ずかしくなったからでした。

自分の力だけではどうしようも出来ない「現実」。それは草薙の前にも訪れていました。
どうやら父を尊敬し、父と同じ相撲を取り続けている草薙にはかなりのバッシングが行われているようです。

引用:週刊少年ジャンプ44号

自分の相撲に迷いを見せる草薙に、狩谷は土俵の上で聞けばいいと言います。今度当たる、「横綱相撲」に拘り続けるバカにと。けれど草薙は、合宿最終日、大和国に君にとって横綱相撲とは何かと問われた火ノ丸のわからないとの答えに、火ノ丸にはもう期待していないと言うのでした。

 

草薙対大包平

土俵の上、大包平と仕切りの体勢で対峙しながらも草薙の思考は先の火ノ丸の相撲に囚われていました。

横綱相撲は死んでも捨てないのではなかったのか?
君が小兵の技を使うのは今までの君の「生き方」を否定する事になるんじゃないか?
結局その道に行くのなら、高校での自分たちの戦いもただの回り道だったというのか?
君の「生き方」に触れたから僕は……

そして制限時間いっぱい、行事の掛け声と共に心ここにあらずであった草薙はあっという間に大包平有利に組まれます。

修羅の相・無道を見せ、羅城閉門・渇え殺しで草薙に何もさせないまま大包平は草薙を下し、無傷の4勝を決めます。

引用:週刊少年ジャンプ44号

圧倒的な大包平の相撲に、今場所の大包平は気持ちが乗っている。同部屋の横綱の最後の優勝をアシストしたいという事か……と言う冴ノ山に、火ノ丸は笑いながらあれは横綱を後ろから刺してやろうって面ですよ、と答えます。

引用:週刊少年ジャンプ44号

そして結びの一番。横綱刃皇に得意の突き押しを放つ大典太の姿がありました。

 

熱愛報道!?

今週号のジャンプはアニメ化前という事で、火ノ丸相撲が表紙&巻頭カラーでした!
そしておまけで週刊誌的見開きが……
そこには火ノ丸と超美人大学生との熱愛デートのスクープが!他にも刃皇激白と世界最強のバカ日本上陸!?という千比路の記事が。(笑)巻頭カラーだとこういうお遊びページが載るの、いいですね。

引用:週刊少年ジャンプ44号

今週の感想

学生時代のラスボスで、化け物じみた強さと常に悠然とした佇まいを見せていた草薙の、年相応に不貞腐れる様子と、友人の前で悩み泣き出す姿に彼もまだ二十歳そこそこの普通の若者であった事を思い知らされた前半でした。

それに狩谷が相撲をやめていた事は驚きでした。確かに小兵選手にとって怪我はどうしてもつきものになります。火ノ丸だって、それでずっと休業し、心まで変えられてしまっていたのですから。けれどそれでも明るく、草薙の前で笑ってくれる狩谷の強さに心打たれました。あれだけ打ち込み、プロを目指していたものを諦める事は身を切られる思いだったと思います。

けれどもそれを乗り越えた狩谷の強さが、今後草薙を救う鍵のひとつになってくれると思います。本命は火ノ丸との対戦でしょうが……

そして後半は大包平です。最初見た時、お前誰だよ!と驚きました。これが学生時代、自分は2番目でいいんだと言っていた男と同じ人物なのでしょうか?部屋で黙々と唐揚げを揚げ続けていた男なのでしょうか?とにかく、覚醒した大包平が見せてくれるであろうこれまでとはひと味違う相撲を期待したいと思います。

そして4日目の結びの一番、横綱に自信たっぷりにぶちかます大典太が何をしてくれるのか、楽しみです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。