無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

火ノ丸相撲|最新話第212話ネタバレ考察予想(2018年10月6日発売45号ジャンプ)

火ノ丸相撲 第212番 『迫る新時代』ネタバレ

前回のあらすじ

九月場所が始まる少し前、大和国部屋に狩谷が訪ねてきた。草薙の両親は歓迎するが、怪我で相撲をやめてしまっていた狩谷に複雑な思いを抱く草薙はあんなに相撲が好きだったのになぜやめてしまったのか、体格の壁にぶつかっても諦めずに工夫して結果を出していた狩谷を尊敬していたのにと涙を流しながら言う。

そんな草薙に狩谷は相撲をやめてもサポートする側として相撲に関わっている事を告げる。きちんと現実を受け入れている狩谷に、いずれ自分も「理想」を捨て、「現実」を受け入れなければならないのかと悩む草薙に狩谷は同じようにこだわりを持つ火ノ丸に土俵の上で聞けばいいと助言する。

けれど大般若戦で横綱相撲を捨てた火ノ丸に絶望した草薙は、取り組みに集中出来ず大包平にあっけなく負けてしまう。不調の草薙と違い、今場所の大包平はただこれまでの上手いだけとは違う相撲を見せていた。

そして四日目結びの一番、大典太の強烈な尽きから刃皇対大典太の一戦が始まった。

今週のネタバレ

◆俺達の相撲

大典太の長いリーチから繰り出される突きに、刃皇の脳内裁判所にも動揺が走ります。それほどまでに大典太の突きの威力は凄まじいものでした。まわしを取りたい刃皇を全く寄せ付ける事が出来なくさせています。

現在刃皇3勝、大典太2勝1敗の状態でのここでの勝敗は既に⒉敗の火ノ丸にも大きな意味を持つ対戦です。しかしそんな事は関係なく、火ノ丸は純粋に大典太がどこまで横綱に届くのかを見守っています。

そして他の人たちも、裁判所の刃皇たちも刃皇を突き離す大典太の様子を見詰めます。

火ノ丸との取り組みから生意気な目をするようになったと感じる刃皇ですが、そんな大典太に思い上がるなぁああ!と叫びながら突き押しをし返します。

引用:週刊少年ジャンプ45号

湧き上がる場内。機嫌を害したように突き返してくる刃皇に心の狭さを感じた大典太は、刃皇には強さ以外のいい所が見当たらない。兄貴の方が余程人格者だと思います。やめたきゃやめちまえ、俺にくわれた後でな……そう思いながら突いてくる刃皇をかわし、刃皇の体を宙に泳がせました。

引用:週刊少年ジャンプ45号

それを見て、兄・大景勝も声をあげます。しかし、宙を泳がせたはずの刃皇に、大典太はいつの間にかまわしを取られてしまっていました。けれど大典太はそれでも、自分たち兄弟の相撲を信じて刃皇に向かいます。

そんな大典太の相撲をまるで兄弟2人を相手にしている様で、刃皇は俊海に言われていた自分の首筋に迫る刃の気配を感じます。

それでも刃皇は、君の兄は強かった、だが「時代」を掴めなかった。「横綱」になるという事はそういう事だ。お前の兄は素晴らしい力士だった。だからこそお前は兄の様にはなるな。そう言いながら大典太を櫓投げで下します。

引用:週刊少年ジャンプ45号

そして、2人の戦いを見て火ノ丸は改めて刃皇に引退させたくないと思うのでした。

◆次の対戦相手

結びの一番が終わり、土俵を下りた刃皇にマスコミが殺到します。その勢いに押され、ひとりの女性記者が倒れそうになりました。すると、それに気づいたひとりの力士・金鎧山が女性を助けます。

引用:週刊少年ジャンプ45号

彼は火ノ丸の次の対戦相手でした。モンゴル人力士で幕内最高優勝2回、品格は十分、一時期は刃皇の後継者と言われた力士。

刃皇が彼に今場所は若い連中が元気だと忠告をすると、金鎧山は見せてやりますよ。守るべきものがある事の強さを……!とスマホの待ち受けを見詰めながら返します。

引用:週刊少年ジャンプ45号

その頃火ノ丸は、礼奈に明日俊海の所に行こうと電話をしているのでした。

今週の感想

大典太対刃皇の一戦。負けてしまいましたが大典太の突きの場面はとても格好良かったです。それにあの火ノ丸が全く歯が立たなかった刃皇にかなりいい勝負をしたのも素晴らしい!刃皇ではないですが、大典太といい童子切といい三日月といい大包平といい、見ていてカッコいい!と思える戦いの連続に、ワクワクし通しだった9月場所の4日目でした。

しかしそれでもやはり横綱は強かった……まさかあっという間に形成を逆転してしまうとは……

そして新しい力士・金鎧山の登場です。刃皇の言動から、どうやらかなりの愛妻家の模様。守るべきものというのもきっと家族なんでしょう。これまでの火ノ丸相撲にはいなかったタイプのキャラクターに、5日目も取り組みが俄然楽しみになってきました。

あと、火ノ丸相撲といえば、とうとうアニメも始まりました。話数の短さにかなりの省略・改変があるのでは?と不安に思っていましたが、1話を見る限りではまずまずまとまっていた出だしだったと思います。アニメの方もこれからの展開に期待です。