無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

火ノ丸相撲|最新話222話ネタバレ(12月17日発売3号ジャンプ)火の丸相撲

火ノ丸相撲 第222番 『鬼丸国綱と草薙剣、対峙』ネタバレ

火ノ丸相撲 前回のあらすじ

ようやく火ノ丸との再戦を迎えた草薙。

草薙は、父に横綱相撲とは何かを問われ、絶対の「型」を持っている、相手によってやる事を変えたりしない、ぶれない相撲だと答える。

そんな草薙に、火ノ丸は足取り・張り手・八艘飛びと、奇策ばかりを取るが、草薙はそれらをすべて受け流し、宙を跳ねるような根無し草に注連縄は巻けないと火ノ丸の相撲を認めない。

そして火ノ丸に見切りをつけようとしたその時、火ノ丸に体当たりに負け吹き飛ばされたのだった。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

火ノ丸相撲|最新221話ネタバレ(12月10日発売2号ジャンプ)火の丸相撲火ノ丸相撲 第221番『鬼丸国綱と草薙剣、決別』ネタバレ...

 

火ノ丸相撲 今週のネタバレ

◆奇手の意味

草薙を吹っ飛ばした火ノ丸に会場は湧き、草薙は何が起こっているのか掴めずにいました。

自分に迫りくる気配に驚愕する草薙を、更に火ノ丸は押し込んでいきます。


引用:週刊少年ジャンプ3号

その様子に驚く力士たち。

名塚も、立ち合いこそ互角だったけどそれは草薙が火ノ丸の変化を警戒していたから……と最初は驚きますが、すぐにある事実に気付きます。

それは大和国、柴木山はじめ、他の力士たちも気付きました。

火ノ丸の畳みかける様な奇手の対応に追われ、知らず知らずのうちに草薙の腰が高くさせられていたのでした。

小兵としての強さをあえて押し進めた事で、攻めの緩急が更に増し真っ向勝負の威力も増したのです。

◆真っ向勝負の為に

草薙を土俵際に追い詰めながら、火ノ丸は柴木山に言われた言葉を思い出していました。

――今の相撲のままではすぐに限界は訪れる
真っ向勝負を捨てろとは言わん。ただ、今勝つ為には拘り方を変える必要がある
お前の信念と照らし合わせ、納得できる落し所を探すんだ

その言葉に、火ノ丸は穏やかな表情で自分はもう大丈夫だと告げました。


引用:週刊少年ジャンプ3号

自分の真っ向勝負を生かす為に、可能性を拡げる。
もう見失わない。
目指す場所は変わらない。

そう思います。

そして蛍のとってきた相撲の姿を思い出しながら、道は一つじゃない、敬意と覚悟で切り開いたその道は目指した先へと続いているとみんなが教えてくれたと心の中で語ります。


引用:週刊少年ジャンプ3号

◆必殺の間合い

草薙を容赦なく攻め続ける火ノ丸が、掛け張り手・焼け炮破城を草薙の顔面に叩きつけ、会場に歓声が上がります。

自分は小さいから、観客も相撲の神様も誰も自分が横綱になるなんて思ってもいないだろうしこんな小さな横綱なんて望まれてもいないのかもしれない。

だからこそ、他の誰にも出来ない、見た事のない新しい横綱を見せてやる。

かつて刃皇に問われた、どんな相撲道を歩みどんな神になるかという問いに答えが出せそうだ。

火ノ丸がそう思った時、ついに草薙の右の指が火ノ丸のまわしを捕らえました。

草薙の右手に捕まったら、それは死を意味します。

途端に火ノ丸は吹き飛ばされ、再び土俵際に追いやられました。


引用:週刊少年ジャンプ3号

それでもギリギリ土俵際に残った火ノ丸に、草薙は火ノ丸が強い事が嬉しいのだと思いながら火ノ丸のまわしを取りました。

草薙の必殺の型である右上手を取られ、火ノ丸もすぐに右下手で草薙のまわしを取ります。

右下手もまた、火ノ丸の必殺の、鬼車の型。


引用:週刊少年ジャンプ3号

互いに必殺の間合いになった二人を眺め、刃皇は楽しそうに君たちはどんな神になるのかと問いかけました。

火ノ丸相撲 単行本を無料で読む方法?

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

もちろん違法ではない方法ですし、5~6冊は読める方法です。

興味のある方はどうぞー。

火ノ丸相撲(火の丸相撲)|最新刊23巻を無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!大人気作品「火ノ丸相撲」の新刊が遂に登場! 漫画村、漫画タウン、漫画ビレッジは危険がいっぱい! 新刊を安全に無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

 

火ノ丸相撲 今週の感想

続いていた小技は、本来の真っ向勝負をする為のものでした。

それにしても、柴木山親方に納得出来る落とし所をと言われた時、それをちゃんと聞いて、そして自分で考えて受け入れているのは、学生時代の火ノ丸や、少し前までの火ノ丸からしたら信じられない事で驚きです。

それに、親方の言葉にもう大丈夫だと言った火ノ丸の表情がとても穏やかで、でもとてもしっかりしていて、火ノ丸は精神的に本当に成長したんだなと実感出来た回でした。

しかし、蛍がこんなに重要な役どころになるとは思ってませんでした!

今週の終わり、互いに必殺の間合いとなっていますが、火ノ丸の右下手の必殺・鬼車はまだうてないままです。来週はとうとう恐怖を克服して鬼車をうてるようになるのか?

早く火ノ丸の鬼車をもう一度見たいです。