無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

僕のヒーローアカデミア|最新話207話ネタバレ(11月26日発売52号ジャンプ)ヒロアカ

2018年11月26日発売の『週刊少年ジャンプ52号』に連載の「僕のヒーローアカデミア第207話:先手必勝」のネタバレです。

 

【前回のあらすじ】

 

引き分けの終わった第3セットでした。

 

飯田・轟・骨抜の3名には友情が目苗、これからに期待です。

 

そして、いよいよ第4セットがスタートになります!!

 

B組最後の推薦枠の取陰切奈は、一体どんな戦いで攻めてくるのでしょうか!?

 

ですがいつものように破天荒なことを言い、他のメンバーを騒つかせる爆豪ですが

その策とは一体なんなのでしょうか!?

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)|最新話206話ネタバレ(11月19日発売51号ジャンプ) 2018年11月19日発売の『週刊少年ジャンプ51号』に連載の「僕のヒーローアカデミア第206話:第3セット決着」のネタバレです。...

 

 

 

今週のネタバレ

【トラブルメーカーでは終わらない】

 

B組第4チーム凡戸・泡瀬・鎌切・取蔭の4名は、試合運びの相談をしています。

 


引用:週刊少年ジャンプ52号

 

全員がやはり癖のあるタイプです。

 

鎌切は話し方からするとヤバい奴なのか、常闇たちと似たタイプにも見えます。

 

ブラド先生にA組が持っている一勝は心操のおかげであってこれでは、互角とは言えないと言われヤジを返すA組メンバーたちでした。

 

ですがイレイザーヘッドに止められます。

 

現場で失敗したとして同じことを言えるのか、B組の方がより深く対策を講じてる、これが現実でブラドの方が自分より上手だと言うイレイザーヘッドでした。

 

言い返せないA組メンバーたちです。

 

物間にまた所詮はトラブルメーカーだと、トラブルとは未熟者が引き起こすものと言われます。

 

オールマイトはB組は確実に日々鍛錬を積んでいる、でもそれはA組も同じでまだまだこれではA組も終わらないはずだと、そして爆豪にオールマイトの期待の眼差しが向きました。

 


引用:週刊少年ジャンプ52号

 

【先手必勝】

 

相変わらず「ついてこい!!」の一点張りの爆豪です。

 

メンバーの耳郎・砂藤・瀬呂もなんだかんだ協力してくれるのだが、爆豪は口が悪いと呆れています。

 

爆豪の作戦とは爆豪がメインとなり、瀬呂・砂藤が爆豪のサポートに回り、耳郎が敵を感知し索敵をするといったものでした。

 

そして前方に敵の影を見つけた爆豪は耳郎に合図を送り、周囲の人数探知をさせますが耳郎は気付きました。

 

すでに自分たちが敵の作戦にはまっていることにです!!

 

取蔭「ハイしゅーりょー」

 


引用:週刊少年ジャンプ52号

 

取蔭は耳郎の索敵を逆手に取った攻撃をしてきました。

 

【取蔭プラン】

 

取陰切奈〝個性〟トカゲのしっぽ切り!!

 

全身がバラバラに切り離し行動ができます。

 

〝個性〟伸ばしにより現在は50にまで分裂可能です。

 

威力はそれほどの物ではありませんが的が小さく、攻撃を当てることが難しいように見えます。

 

瀬呂は的の小さい取蔭の攻撃を阻止するべく〝バリケードテープ〟をしますが、凡戸の個性で瀬呂の攻撃は逆手に取られてしまいました。

 

凡戸固次郎〝個性〟セメダイン!!

 

接着剤を噴出し、接着剤の乾きの速さは調節可能だそうです。

 

そしてB組の攻撃をまだ終わりませんでした。

 

鎌切が建物の一部を切断し落としてきます!!

 

鎌切尖〝個性〟刃鋭!!

 

全身から刃を出すことができる。

 

落下してくるボンドとテープ付きのパイプを防ごうと、砂藤が前に出ますが爆豪が吹っ飛ばします。

 

その隙に一番厄介な耳郎を鎌切が攻撃しようとしてきました。

 

それに気付いた爆豪は耳郎の前に出て、鎌切に爆風を与え耳郎を助けました!!

 

到達したのは新たな強さでした。

 

救けて勝つ、勝って救けるのです!!

 


引用:週刊少年ジャンプ52号

僕のヒーローアカデミア 単行本を無料で読む方法?

本誌ネタバレを読んで、単行本も読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

もちろん違法ではない方法です。

興味のある方はどうぞー。

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)|最新刊20巻を無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険! 人気作品「僕のヒーローアカデミア」の新刊か、、、 確かに新刊読みたいけど、1回読めば十分だしな。。。 タダで読めないかな。。...

 

【感想】

 

闇雲ではありませんが、自分本意がなかなか直らない爆豪に呆れ顔を見せる耳郎・瀬呂・砂藤の3名でした。

 

そして明らかになったB組第4チームの〝個性〟です。

 

耳郎の索敵を逆手にとり、全てが計算通りの実力は折り紙付きの取蔭でありました。

 

計画通りの試合運びに劣勢を強いられるA組です。

 

そして一番厄介とされる〝個性〟の耳郎が鎌切に狙われてしまいました。

 

そんな時に一番意外な爆豪が耳郎を救けました!!

 

救けて勝つ、勝って救けるのです!!

 

緑谷に以前の自分はいない、遥かに強くなっていると言った意味はこれなのでしょうか!?

 

これから試合はどうなっていくのでしょうか。

 

次回も期待です。