無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

呪術廻戦|最新話第31話ネタバレ考察予想(2018年10月15日発売46号ジャンプ)

呪術廻戦 第31話『また明日』ネタバレ

前回のあらすじ

一人だけ真人の領域展開に閉じ込められた七海は死を覚悟し、自分が高専を出て呪術師を辞めてから4年、また呪術師に戻る事になった人生を思い返し穏やかな表情で悔いはないと言う。

その時、外側から真人の結界を破った虎杖が真人の領域の中に入ってきた。同時に真人が宿儺の魂に触れてしまう事になり、気分を害した宿儺によって真人は重傷を負ってしまう。

引用:週刊少年ジャンプ46号

今週のネタバレ

◆決着つかず

真人の領域に入った途端、倒れた真人に何が起こったのかわからない虎杖は0.1秒自失します。その間に走った思考で殺せると判断した虎杖は明確な殺意を持って真人に向かい突進します。

一方真人は領域展開の膨大な呪力消費を実感し、その切り札を台無しにした宿儺に悪態をつきながら最後の呪力を振り絞り巨大化しました。

そんな真人を前に、虎杖は的がデカい、呪力の流れも凪いでいる。カウンターはない、確実に攻撃を当てられる。これが最後の好機。そう考えます。

引用:週刊少年ジャンプ46号

そして真人に『逕庭拳』を繰り出し真人を破裂させました。しかし手応えがありません。気が付けば七海が小さく変形していた真人を追っていました。けれど真人は「バイバぁ~~~ィ」「楽しかったよ」と言い残し、排水口から逃げ切ります。

真人を逃がしてしまった七海は直ぐに猪野に連絡し、虎杖と共に真人を追おうとしますが、真人との戦いのダメージに虎杖はその場に倒れ、意識を失ってしまいました。

地下水路に逃げ込み、ようやく一息つけた真人は、その場に座り込み宿儺の存在感の凄さを思い返していました。宿儺は魂の格が違う……自分たちが全滅しても、宿儺さえ復活すれば呪いの時代がくる。そう確信しますが同時に虎杖をどうしようもなく殺したい衝動も湧き起ります。

しかし宿儺を復活させる為には虎杖は殺せない。その事実にもどかしさを感じますが、すぐに「まぁいっか!」と気を取り直します。肉体と違って、魂は何度でも殺せる、と。

引用:週刊少年ジャンプ46号

◆本当の死

意識を取り戻し動けるようになった虎杖は、安静にしていろと言われた言葉を無視し今回の事件で亡くなった人たちが安置されている場所にきていました。そこで、説教かと問う虎杖に七海は「命を助けてもらった相手に説教もクソもないでしょう」と答えます。

そしてなぜ真人が突然倒れたのか理解していなかった虎杖に虎杖が真人の領域展開の中に入ってしまった事により、宿儺の逆鱗に触れてしまったのだろうと説明をします。すると虎杖はなら助けたのは自分ではなく宿儺の気まぐれだと返し、次いで今日人を殺したと言葉を続けます。

人は死ぬ。それは仕方ない。ならせめて正しく死んでほしい。けれど自分で引き金を引いて分からなくなった。正しい死って何?

虎杖の問いかけに七海は答えます。そんなの自分にだってわからない。善人が安らかに、悪人が罰を受け死ぬ事が正しいとしても世の中の多くの人は善人でも悪人でもない。死は万人の終着だが、同じ死は存在しない。それらを全て正しく導くのはきっと苦しい。
だから自分はおすすめしないけど、きっと君はやるのだろう、と。

そして続けます。死なない程度にして下さい、今日君がいなければ私が死んでいたように、君を必要とする人がこれから大勢現れる。

虎杖君はもう、呪術師なのだから、と。

引用:週刊少年ジャンプ46号

◆贖罪

事件の後、順平の学校ではいじめに関するアンケートが実施され、現場を見ていた女子生徒により順平に対するいじめが明かされました。順平へのいじめに気付かなかった教師と主犯の伊藤が向かい合って座っています。順平に弄られた左腕が動かなくなったと言う伊藤に、教師はオマエに下った罰は一人で噛みしめろ。自分の罰はこれからだ、まずは見えていなかったものをちゃんと見る、と伝えます。

引用:週刊少年ジャンプ46号

そして最後、虎杖は呪術師として、正しい死がわかるまで、真人を殺すまで、もう負けないと決意を固めるのでした。

今週の感想

1話で祖父の死とオカ研の先輩たちが呪いに殺されそうになった時から、ずっと虎杖の中にあった「正しい死」の問題が、ここで大きくクローズアップされました。祖父のように寿命で亡くなる事は正しく、先輩たちのように何かに殺されるのは正しくない。そう思っていたから順平の家でも虎杖は人を殺したくないと順平に語ったのだと思います。

けれど今回、真人の手により人を殺した方が救いになる状況にさせられて、そして殺さざるを得なくさせられて、これまであった「正しい死」の認識が揺らいでしまう。この呪術廻戦という作品の中で、とても意味のある回だと思います。

そして虎杖の根幹を揺るがせた真人ですが、今回祓われる事なく逃げ延びてしまいました。しかも互いに殺したいと思うほど憎しみ合っている状態で。これは今後、虎杖の宿敵として関わってくる重要なキャラクターになったのは確定という感じでしょうか。しかしきっと真人が虎杖の心を殺す為にやってくる事はえげつない事に違いありませんので、今から少し憂鬱です。

しかし、最初虎杖を呪術師と認めないと言っていた七海が虎杖を呪術師だと認めてくれたのは嬉しかったですね

最後に、最初は順平を見捨てていたとも取れていた先生ですが、本当にわかっていなかっただけで根はとてもいい先生だったんですね……もしもっとこの先生がちゃんと生徒の事を把握出来る人だったら、もし順平がこの先生を頼る事が出来ていたら、そう思うと残念でなりません。

さて、来週はとうとう交流会です。虎杖が死んでいると思っている伏黒や野薔薇が虎杖を見てどんな反応をしてくれるか、今からとても楽しみです。

 

単行本の新刊を無料で見る方法?

呪術廻戦 単行本の最新刊を無料で見る方法を下記記事で解説しています。

気になる方はぜひコチラもどうぞ。

呪術廻戦|最新刊や既刊を無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!大人気作品「呪術廻戦」の新刊が遂に登場! 漫画村、漫画タウン、漫画ビレッジは危険がいっぱい! 新刊を安全に無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...