無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

呪術廻戦|最新話38話ネタバレ(12月3日発売1号ジャンプ)じゅじゅつかいせん

呪術廻戦 第38話『京都姉妹校交流会―団体戦5―』ネタバレ

前回のあらすじ

虎杖と戦いながら、東堂は確かな虎杖の成長を感じていた。

しかし、やはり逕庭拳には納得がいかない。

逕庭拳はトリッキーで並の術師相手なら十分通用するだろう。しかし特級相手には通じないぞ、と東堂は虎杖に告げる。

そして呪力の流れの極意を告げると、全力で虎杖を導き始めた。

その頃桃を見つけた野薔薇は真依とメカ丸を晒し、桃をわざと怒らせる。ちょうどそこにメカ丸も現れ、野薔薇vs桃、パンダvsメカ丸の構図が出来る。

自分をペッパー君扱いした野薔薇に怒っていたメカ丸であったが、パンダに「仲良くやろうぜ呪骸同士」と言われた瞬間、野薔薇に対してとは比べ物にならない程の怒りをパンダに向けてきた。

 

今週のネタバレ

◆対呪霊格付け

パンダに「呪骸(おなかま)同士」と言われたメカ丸は人形風情が知った口を……と怒りをあらわにします。

そして爪が鋭く伸び、右腕から何本もの刃が出る刀源解放(ソードオプション)、その右腕の肘のモーターらしきもの?に点火される推力加算(ブーストオン)からの、その勢いで放たれる絶技抉剔(ウルトラスピン)をパンダに繰り出します。

何本もの木を薙ぎ倒すその技をパンダは上手く躱します。

そしてさっさとメカ丸を片付け、野薔薇の加勢に向かいたいと思いますが、その為にはメカ丸の情報が必要だと思ったパンダはメカ丸に何級かと問います。

正確なメカ丸・桃・三輪の情報を持たないパンダの予想としては、メカ丸は3級から準2級程度、桃は2級程度だと予想し、野薔薇には荷が重そうだと感じていました。


引用:週刊少年ジャンプ1号

そのパンダの問いかけに、メカ丸は、自分は準1級だと言います。

予想していたよりもはるかに強かったメカ丸に驚いているパンダに向けて、メカ丸の大祓砲(ウルトラキャノン)が炸裂します。

攻撃範囲が広いと判断するや、パンダは身構えて大祓砲(ウルトラキャノン)を身に受けました。

攻撃を受けても耐え切ったパンダに、メカ丸はこの出力ではピンポイントでなければ無意味と思います。

◆パンダの正体

「呪骸」
それは内側に呪いを宿し、自立可能な無生物の総称。
人工的な呪骸には心臓となる「核」が存在する。

パンダは傀儡呪術学の第一人者、夜蛾学長の最高傑作。
感情を持って生まれた呪骸。

パンダは「突然変異呪骸」だったのでした。


引用:週刊少年ジャンプ1号

今度はパンダから攻撃を仕掛けます。
捉え所のないパンダの動きに、メカ丸は何発かパンダの攻撃を食らいました。

パンダはこれまでのメカ丸の言動から、メカ丸は自分とは違い呪骸ではなく、術師が別の所で遠隔操作しているものだと推理します。


引用:週刊少年ジャンプ1号

◆メカ丸の正体

「天与呪縛」
それは自らに科す通常の縛りとは違い、生まれながら肉体に強制された縛り。

メカ丸は生まれつき右腕と膝から下の肉体、更に腰から下の感覚がありませんでした。

肌は月明かりにも焼かれる程脆く、常に全身の毛穴から針を刺されたように痛む。

メカ丸の持つ広大な術式範囲と実力以上の呪力出力は、その代償として与えられたものでした。


引用:週刊少年ジャンプ1号

そんなメカ丸にとって、呪骸のくせに人間を差し置きのうのうと日の下を歩いているパンダはどうしようもない憎悪の対象でした。

そしてメカ丸は究極(アルティメット)メカ丸となり、砲呪強化形態(モード・アルバトロス)に変形し、先程とは比べ物にならない程の威力の攻撃、三重大祓砲(アルティメットキャノン)を放ちます。

パンダはその攻撃の範囲内に野薔薇がいるのに気付き、避ける事をせずその攻撃を受けます。

射線一面焼け野原になり、パンダも死んだと思ったメカ丸。
しかしそのメカ丸の前に、ゴリラモードのパンダが現れたのでした。

 

呪術廻戦 単行本を無料で読む方法?

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

もちろん違法ではない方法ですし、発刊数の少ない呪術廻戦ならば全巻読める方法です。

興味のある方はどうぞー。

呪術廻戦|最新刊や既刊を無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!大人気作品「呪術廻戦」の新刊が遂に登場! 漫画村、漫画タウン、漫画ビレッジは危険がいっぱい! 新刊を安全に無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

 

今週の感想

出てきた時からずっと、この人(?)たちは一体なんなんだろう?と思っていたパンダ先輩とメカ丸の正体が明らかになりました。

パンダ先輩はたまたま心を持っちゃった実験動物やロボットみたいな存在なのでしょうか?
それなりにシリアスっぽい設定ですが、学長に大切に育てられたようなので悲壮感はあまり感じませんでした。

逆に悲壮感に塗れていたメカ丸……
ギャグ的存在かと思っていましたが、ふたを開けてみればあまりにも辛すぎる人でした。

呪術を差し出し肉体が戻るなら喜んでそうするという言葉に、胸が締め付けられます。

しかし……なんだろう……この技の数々の名前が……こう、完全にシリアスになりきれないといいますか……

メカ丸、その一連の技の名前、どうしてこんな名に……

それにしても、パンダ先輩の怖いです。メカ丸に因縁つけてた時の顔も怖かったですが、最後のゴリラモードが……

もうなんか、存在自体がおかしくて怖いです。

来週はゴリラモードパンダ先輩とメカ丸の戦いになるのでしょうが、パンダ先輩のゴリラモードとは何なのか?ゴリラモード以外に色んなモードがあるのか?

結局パンダ先輩の謎が多く残されてしまった回でした。