無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

鬼滅の刃|最新話第129話ネタバレ考察予想(2018年10月6日発売45号ジャンプ)

2018年10月6日発売の週刊少年ジャンプ45号に連載の『鬼滅の刃』第129話「痣の者になるためには」のネタバレです。

【あらすじ】

鬼舞辻無惨に対抗するために緊急柱合会議が開かれ、産屋敷あまねから”痣”の歴史を知らされた柱たち。

一足早く”痣”が発現した時透無一郎は、痣の発現条件が「心拍数二百以上」と「体温三十九度」であると明かします。

一方、新しい刀を手にした炭治郎の元に、突如現れた伊之助が「合同強化訓練が始まるぞ!」と、声を張り上げます。

 

引用:週刊少年ジャンプ45号

『鬼滅の刃』第129話「痣の者になるためには」

【産屋敷邸】

時透が”痣”の発現条件を明かす場面から始まります。

玉壺との戦いで毒を受けた時透は、呼吸で血の巡りを抑えて毒が回るのを遅らせようとしていましたが、小鉄が殺されかけた時に以前の記憶が戻り、強すぎる怒りで感情の収集がつかなくなりました、と語ります。

その時の心拍数は二百を超えて、さらに体温は三十九度以上になっていた、と言う時透の言葉に胡蝶は「そんな状態で動けますか?命に関わりますよ」と、驚きます。

時透は、だからそこが篩(ふるい)に掛けられるところだと思うと口にし、「そこで死ぬか、死なないかが、痣が出る者と出ない者の分かれ道です」と、淡々と語りました。

産屋敷あまねは「体温の方はなぜ三十九度なのですか?」と質問を投げかけ、それに時透は答えます。
「胡蝶さんの所で治療を受けていた際に熱を出し、体温計なるもので計ってもらった温度(三十九度)が、痣が出ていたとされる間の体の熱さと同じでした」

時透の返答を聞いていた甘露寺は、そうなんだ…、と呆然とした様子です。

不死川実弥は舌打ちして、「そんな簡単なことでいいのかよ」と苛立ちを見せますが、「これを簡単と言ってしまえる簡単な頭で羨ましい」という富岡のイヤミな一言に、何だと?とキレ顔を見せます。

引用:週刊少年ジャンプ45号

不死川に対しての言葉なのに、なぜか伊黒の視線も痛い(笑)
伊黒はネチネチしてきますが、和を乱してくる奴が許せない一面があったり、なんだかんだで仲間思いな人ですね。

痣の発現が柱の急務となるようですが、産屋敷あまねからひとつ、痣の訓練について伝えることがあると告げられます。
「もうすでに痣が発現してしまった方は選ぶことができません」
「痣が発現した方は、どなたも例外なく―」
気になる部分で途切れています。

産屋敷あまねが退室して柱の7人だけが残った部屋で、悲鳴嶼は「そうなると私は一体どうなるのか、南無三」と数珠をジャリジャリしています。
********
※南無三(なむさん)とは、仏教で南無三宝(なむさんぽう)の略。三宝とは仏、法、僧のこと。咄嗟の危難に対して助けを乞うまじないとして使用されることもある。(wikipedia参照)
********

富岡は「あまね殿も退室されたので失礼する」と立ち上がります。
すかさず不死川実弥が「おい待て。それぞれの今後の立ち回りも決めねぇとならねぇだろうが」と富岡を引き止めますが、「六人で話し合うといい、俺には関係ない」と言い切る富岡。

富岡の態度に伊黒、胡蝶も苦言を呈しますが、俺はお前たちとは違う、と富岡は部屋から出ていく足を止めようとしません。

不死川実弥はとうとうブチ切れて「前にも同じこと言ったなァ、俺たちを見下してんのか?」と立ち上がります。
甘露寺が「喧嘩は駄目だよっ冷静に…」と慌てて止めようとしますが、不死川実弥が、待ちやがれ!と声を張り上げたその時、

パァン

悲鳴嶼が手を打ち鳴らした音が響き、衝撃でビリビリと大気が震えます。
手は合掌のまま涙を流す悲鳴嶼は、気迫を込めて言い放ちました。

「座れ、話を進める。ひとつ提案がある」

【蝶屋敷】

「鋼鐵塚さん!怪我は大丈夫ですか、良かった!」
病床の炭治郎の元に、ひょっとこお面の鋼鐵塚が来ていますが、ハァハァと息が荒い様子に、大丈夫じゃない感じですか!?と炭治郎は心配します。

無言のまま刀を差し出す鋼鐵塚に、炭治郎はお礼を言いながら受け取ると、刀には煉獄の鍔がつけられていました。
「小鉄くんを守ってくれてありがとうございます…」涙をみせる炭治郎。

後藤が用意した椅子に腰掛けた鋼鐵塚は、「刃…、刃を」と消え入りそうな声を発すると、意味を汲み取った炭治郎が、刀身も見ますね。と鞘を抜きます。

引用:週刊少年ジャンプ45号

思わず息を飲む炭治郎は「漆黒の深さが違う」と感想を口にしました。
鉄も質がいいし、前の持ち主が相当強い剣士だったんだろうと鋼鐵塚が説明します。

今度は刀身の柄に近い部分に刻まれた”滅”の文字に気づく炭治郎に、鋼鐵塚が刀について語ります。
「刀鍛冶が、全ての鬼を滅する為に作り、作者名も何も刻まず、ただこの文字だけを刻んだ。」
「この刀の後から階級制度が始まり、柱だけが悪鬼滅殺の文字を刻むようになったそうだ」

炭治郎は、すごい刀だと関心した後、前の戦いで使った時は文字が無かったような…と疑問を口にします。

「それは第一段階までしか研ぎ終えてないのにお前らが持ってって使ったからだろうが。錆が落としきれてなかったんだよ」
怒りのオーラを放つ鋼鐵塚は、さらに、傷が治りきってなくてずっと涙がでるんだよ、痛くてたまらないんだよ!矢継ぎ早に文句を言います。

散々言った鋼鐵塚ですが、最後は炭治郎に今後死ぬまでみたらし団子を持ってくるんだと約束させて、ヨタヨタと部屋からでていきました。

あまりの迫力に後藤は「噂には聞いていたけどスゲェ人だな」と炭治郎に同情の言葉を掛けますが、炭治郎は「今日はかなり穏やかでしたよ、相当つらいみたいです」と返します。

その時、「さっきからうるせぇんだよ」と、炭治郎の隣のベッドに寝ていた玄弥が言います。

すぐ謝罪する炭治郎でしたが、そこに伊之助が窓を突き破って現れ、驚いた炭治郎は「何してるんだ窓割って!」と大きい声を出し、後藤も「バカかよ胡蝶様に殺されるぞ!」と同じく大きい声で指摘します。
「ウリィィィィィ!」と奇声を出す伊之助。
玄弥は両手で耳を塞いで、部屋を別にしてほしい…と心から思います。

「強化強化強化!合同強化訓練が始まるぞ!」

伊之助が声を張り上げ、強い奴らが集まって稽古つけて何たらかんたら言ってたぜ、と言います。
炭治郎は、なんなんだそれ?と聞きますが、伊之助はわかんねぇ!といばり、詳細はわかりませんでした。

129話はここで終わりです。

【感想】

時透から痣の発現方法が「心拍数二百以上」と「体温三十九度」と明かされましたね。
個人的に、過去を乗り越えるや精神的なことかなと予想していましたが、ものの見事に外しました(笑)

同じ時に痣が発現した時透と甘露寺ですが、発現した時の状態を言葉で伝えられるか、という点で大きく差ができてしまいました。
時透が話している時の甘露寺の表情からは、悔しいのか単純に関心しているのか、いつものキュンがまったく無かったので、何かしら思いはあるのかなと読んでいましたが、正確には読み取れませんでした。
一読者としては、今後まだどこかで甘露寺が活躍する場面がきっとあると信じてます!
もしかしたら、「合同強化訓練」で痣が発現するコツを教えることになることも予想されます。

富岡の頑なな態度の理由も気になるところです。

また、産屋敷あまねが言っていた、「痣が発現した方は、どなたも例外なく―」の省かれた部分も、次で明かされるのでしょうか?

気になることがいっぱいで、次も楽しみです。