無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

鬼滅の刃|最新話142話ネタバレ(1月21日発売8号ジャンプ)

2019年1月21日発売の『週刊少年ジャンプ』8号に連載されている、
「鬼滅の刃」の第142話のネタバレです。

【鬼滅の刃 前回のあらすじ】

童磨は、胡蝶の姉カナエの仇の鬼でした。
姉の無念を晴らすため、胡蝶は刀を振るいます。

童磨は胡蝶の毒に苦しむも、すぐに解毒してしまいました。
そればかりか、この毒の攻撃を楽しんでいるようです。
胡蝶はここまでは想定内だと、刀を構えました。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

鬼滅の刃|最新話141話ネタバレ(1月7日発売6・7合併号ジャンプ) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2019年1月...

 

【鬼滅の刃 今週のネタバレ】

引用:週刊少年ジャンプ8号

【神童】

自分は子供の頃から優しかったし、賢かった。
可哀想な人たちをいつだって助けてあげたし、幸せにしてあげた。
それが自分の使命だから、と童磨は思っていました。

幼い童磨は、瞳の中に虹があり、頭髪は白いという風貌でした。
そのためこの子は特別な子であり、きっと神の声が聞こえてると親に言われ続けます。

そんな両親を、童磨は心の中では絶望的に頭が鈍いと下に見ていました。
可哀想だったから、いつも話を合わせてあげていたのです。
神の声など、一度も聞こえたことはありませんでした。

初めはよってたかって崇められ、祈られ、さすがに童磨も困っていたようです。
子供相手に泣きながら、苦しい辛いどうしたらいいと言ってくる大人に、頭は大丈夫かと心配していたほどでした。
そんな大人たちは、身の上話をした後に、どうか極楽に導いて欲しいと頭を下げます。

童磨は泣きました。
極楽など存在しないのに、神も仏も存在しないのに、そんな簡単なことがわからないのかと。
死んだら無になるだけであり、何も感じなくなるだけ。
こんな単純なことも受け入れられないなんて、頭が悪いと辛いよね。

気の毒な人たちを幸せにしてあげたい。
助けてあげたい。
その為に自分は生まれてきたんだと、童磨は悟りました。

【負傷】

童磨は胡蝶の五度目の毒も、あっさり解毒してしまったようでした。
どんどん効かなくなってくるね、あと何回毒を調合できるのかな、と余裕の表情です。

対して胡蝶は先程の攻撃により、童磨の血を吸ってしまったため、辛い表情を浮かべていました。
童磨には悉く毒が効かず、耐性がつくまでの早さが異常です。

そんな胡蝶が次にとった行動は、連撃で大量の毒を打ち込む攻撃でした。
蟲の呼吸蜻蛉の舞い、複眼六角を打ち込みます。

攻撃を受けた童磨は、胡蝶の強さを認め、今まで会った柱の中で一番かも、と言いました。
しかし、胡蝶は童磨の攻撃を受けてしまいます。

引用:週刊少年ジャンプ8号

【姉】

毒じゃなく、頸を切れたらよかったのに。
それだけ速かったら勝てたかも、と言いつつ、小さいから無理かと童磨は笑います。

胡蝶は自分の手を見ました。
どうして自分の手はこんなに小さいのだろう。
なんでもっと身長が伸びなかったのだろう。
あとほんの少しでも体が大きかったら、鬼の頸を切って倒せたのかな。
胡蝶は自分の至らなさに悲しみます。

そして姉の最期の時、自分に言おうとしていたのは、多分しのぶはあの鬼に負ける、という言葉だったのだろうと考えました。

その時、しのぶの前に姉が立ちます。
しっかりしなさい、泣くことは許しません、目の前の姉はそう言いました。

失血で立てない、肺も斬られて息もできないとしのぶが言うも、関係ないと姉は言います。

立ちなさい。蟲柱、胡蝶しのぶ。
倒すと決めたなら倒しなさい。
勝つと決めたのなら勝ちなさい。
しのぶならちゃんとやれる、頑張って。

姉のその言葉を胸に、限界を迎えていたはずの胡蝶は立ち上がります。

【反撃】

立ち上がれるはずのない体である胡蝶に、童磨も君ホントに人間なの?と驚きました。
すぐに首を落としてあげるから、君はもう助からないよ、と童磨は笑います。

しかし胡蝶は諦めていませんでした。
頸の急所を狙い、そこへ毒を叩き込めば勝機はある、そう考え足に力を込めます。

百足蛇腹により、素早く童磨に切り込みました。
その速さに童磨も攻撃を読むことができません。

童磨が攻撃をするも、その刃は胡蝶の羽織を切り落としただけで終わり、胡蝶はさらにその下にいました。
胡蝶はその低い位置から、童磨の頸を貫きます。

引用:週刊少年ジャンプ8号

鬼滅の刃 単行本を無料で読む方法?

本誌ネタバレを読んで、単行本も読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

もちろん違法ではない方法ですし、5~6冊は読める方法です。

興味のある方はどうぞー。

鬼滅の刃|最新刊13巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険! 人気作品「鬼滅の刃」の新刊か、、、 確かに新刊読みたいけど、1回読めば十分だしな。。。 タダで読めないかな。。 っ...

 

【鬼滅の刃 感想】

童磨は小さな頃から両親をはじめとした、周りの大人たちを見下して育ったようです。
自分に泣いてすがる大人たちをどこか遠くから見ていたのでしょうか。

一方しのぶは、自分が小さいことをコンプレックスに思っていたのですね。
姉も自分が鬼に負けると思っていた、と考えていました。
その時目の前に姉が現れ、立ちなさい、と厳しく、そして優しく背中を押してくれます。
しのぶの最後の一撃が、自分の小ささを生かした攻撃であり、嬉しくなりました。

頸を貫かれた童磨ですが、これは致命傷となり得るのでしょうか。
切り落とすことはできなくとも、鬼に勝てるということをぜひ見せて欲しいところです。