無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

鬼滅の刃|最新話146話ネタバレ(2月18日発売12号ジャンプ)きめつのやいば

 

2019年2月18日発売の『週刊少年ジャンプ』12号に連載されている、
「鬼滅の刃」の第146話のネタバレです。

【鬼滅の刃 前回のあらすじ】

獪岳がかつて対峙し、鬼となる原因となった強い鬼とは、黒死牟でした。
獪岳は自分を高く評価する者こそ善である、という考えです。

もう戻ることはできないと判断した善逸は、雷の呼吸、漆ノ型で獪岳の首を切り落としました。
それは善逸が自分で考えた、自分だけの型でした。

この技で獪岳と肩を並べて戦いたかったよ、と善逸は寂しそうに呟きます。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

鬼滅の刃|最新話145話ネタバレ(2月9日発売11号ジャンプ)きめつのやいば2019年2月9日発売の『週刊少年ジャンプ』11号に連載されている、 「鬼滅の刃」の第145話のネタバレです。...

 

【鬼滅の刃 今週のネタバレ】


引用:週刊少年ジャンプ12号

【独り】

全力で技を出し、力を使い果たした善逸は、そのまま屋敷を落下していきます。
一方獪岳は、善逸が自身で考え編み出した、七つ目の技を使ったことに腹を立てていました。

壱ノ型しか使えなかった、自分よりはるかに劣っていると見下していた善逸が、です。
そんな事実に、耐えられない、受け入れられないと、獪岳は焦りました。
どうしても負けることを認められない獪岳は、善逸も落下して死ぬということで精神を保とうとします。

そんな獪岳のすぐ横に、愈史郎が現れました。

人に与えない者は、いずれ人から何も貰えなくなる。
欲しがるばかりの者は、結局何も持っていないものと同じである。
それは、自分では何も生み出せないからだ、と愈史郎は言います。

独りで死ぬのは惨めだな、と言い残し、愈史郎は善逸を抱えて屋敷を登っていきました。
残された獪岳は、独りで落ちていくしかありません。
その言葉はもう、誰にも聞こえませんでした。

【師匠】

助け出された善逸は、意識を失って横たわっていました。
それは意識の奥深くでしょうか。
それとも夢の世界、もしくはあの世でしょうか。

善逸の目の前にいたのは、亡くなった師匠でした。
川の向こうに立っている師匠に、善逸は獪岳と仲良くできなかったと謝ります。

自分さえいなければ、兄弟子はああならなかったかもしれない、ごめん、許してと必死で謝りました。
何も恩返しができなかった、師匠が生きてるうちに柱にもなれなかった、と善逸は謝り続けます。

何も返さない師匠に、自分のことを嫌いになったかと歩み寄ろうとしました。
しかし、善逸の足には彼岸花が絡みついて動くことができません。

そんな善逸に師匠はやっと口を開きます。
お前は自分の誇りだと、師匠は涙を流して言いました。

引用:週刊少年ジャンプ12号

その言葉を聞いた善逸の目から、大粒の涙がこぼれます。

【手当】

その頃現実世界では、愈史郎をはじめとする隊員たちが、善逸の手当をしていました。

珠世の開発した血鬼止めを使用しているも、顔の傷はひび割れが止まれなければ、眼球まで裂けるそうです。
さらに止血剤も使っていますが、それでも血が止まらないのでした。

絶対大丈夫、絶対助かると周りの隊員たちが大声で励まします。
その声に鬼たちが集まってきました。

無惨以外が鬼を増やすことができない中、珠世の力で鬼となった唯一の個体が、愈史郎です。
現在は隊服を着用し、隊員たちの中に紛れ込んでいました。
珠世に隊員の救護や援護を言いつけられたのです。

隊員たちが鬼の相手をしている間、愈史郎はカラスにつけた「眼」を確認しました。
そして、炭治郎たちが鬼と遭遇することを察知します。

【再会】

先を急ぐ炭治郎と義勇は、突然激しい揺れに襲われます。
頭上より炭治郎の目の前に落ちてきた鬼は、猗窩座でした。

引用:週刊少年ジャンプ12号

お前のような弱者が、よく生きていたものだと、猗窩座は炭治郎を見て笑います。
炭治郎は怒りを露わに、猗窩座の名を叫びました。

その頃、珠世は無惨に取り込まれかけていました。

無惨は肉の繭にこもり、珠世に吸収させられた人間に戻る薬を分解しているのです。
珠世はこのままだといずれ自分も取り込まれると感じました。

お願い、誰か早く来て、と珠世は強く願います。

鬼滅の刃 単行本を無料で読む方法

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

鬼滅の刃|最新刊13巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険! 人気作品「鬼滅の刃」の新刊か、、、 確かに新刊読みたいけど、1回読めば十分だしな。。。 タダで読めないかな。。 っ...

 

【鬼滅の刃 感想】

善逸はあの世との境目と思われる場所で、師匠と再会します。
そして自分の不安な気持ちを全て吐き出します。

そんな善逸を責めるでも慰めるでもなく、お前は誇りだと、師匠は善逸のことを認めてくれました。
このシーンは涙無くしては読めません。

本当にあの世の師匠と会ったのか、善逸の心の中の幻だったのか、そんなものはどちらでもいいのです。
善逸の心が少しでも救われたのなら、よかったと思いました。

そして炭治郎は猗窩座と再会することになってしまいました。
因縁の対決はどういった流れとなるのか。

炭治郎だけではなく、義勇もいるので、二人での戦いに期待したいと思います。