無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

鬼滅の刃|最新話149話ネタバレ(3月11日発売15号ジャンプ)きめつのやいば

2019年3月11日発売の『週刊少年ジャンプ』15号に連載されている、
「鬼滅の刃」の第149話のネタバレです。

【鬼滅の刃 前回のあらすじ】

義勇と炭治郎は、猗窩座と戦っています。
猗窩座の攻撃で、義勇は吹き飛ばされてしまいました。

炭治郎も頑張りますが、その姿を見た猗窩座は、杏寿郎は死んで正解だったと言います。
杏寿郎のことをお前が語るな、と炭治郎は怒りに震えました。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

鬼滅の刃|最新話148話ネタバレ(3月4日発売14号ジャンプ)きめつのやいば2019年3月4日発売の『週刊少年ジャンプ』14号に連載されている、 「鬼滅の刃」の第148話のネタバレです。...

 

【鬼滅の刃 今週のネタバレ】


引用:週刊少年ジャンプ15号

【不協和音】

炭治郎と向き合った猗窩座は、自分は炭治郎を生理的に受け付けないのだと理解します。
それはまるで金属に爪を立てるような、神経に障る嫌悪感のようでした。
その不協和音に吐き気がする、と猗窩座は思います。

初めはただ、いつものように相手が弱者だから不快なのだと思っていました。
しかし炭治郎は、強くなってもその不快感は消えません。
炭治郎の目が、声が、言葉が、全て不愉快なのでした。

その時、猗窩座は自分の左肩に、何者かが手をかけているような感じがします。
その者は、先程炭治郎が言ったようなことを言いました。

何をするにも、初めはみんな赤ん坊なのだ。
周りから手助けをされ、覚えていくものである。

他人と背比べをせず、自分自身と戦うのだ。
重要なのは、昨日の自分より強くなること。

それを長く続けていれば、立派なものである。
そして今度は、お前が人助けをしてやるんだよ。

猗窩座は、肩に乗せられた手を振り払いました。

【不快】

猗窩座が何もないところを振り払った姿を見て、炭治郎は疑問に思います。
猗窩座は炭治郎を睨み付け、お前は不快だと向かってきました。

炭治郎は避け、猗窩座の拳は床に直撃します。
炭治郎は猗窩座の速さに驚きました。
しかしこれは速さというより、この正確さは、と何かに気づきます。

次の瞬間、猗窩座は炭治郎のすぐ下より現れました。
破壊殺・脚式、飛遊星千輪を、炭治郎は受けてしまいます。
何とか受けきるも、威力が凄いため負傷はゼロにはなりません。

【正確な攻撃】

猗窩座の攻撃は、あまりに正確無比でした。
それはまるで羅針盤のように、確実に隙を刺してくるものです。

人体の急所に向かってくる攻撃は、磁石に吸い寄せられているように、正確でした。
なぜだ、何に反応して吸い寄せられるのかと炭治郎は考えます。
今までの猗窩座の言動の中からそれを探すため、炭治郎は思い出そうとしました。

そうしながらも猗窩座の攻撃を避け、炭治郎はヒノカミ神楽、飛輪陽炎で反撃します。

引用:週刊少年ジャンプ15号

ゆらめく炭治郎の攻撃に、猗窩座は距離を置きました。
その首に、傷がつきます。

確実に避けた刀身が伸びたように見えると、猗窩座は楽しそうに笑いました。
興味深い、とまた攻撃をしてきます。

【手紙】

その頃杏寿郎の弟、千寿郎は亡き兄に手を合わせていました。
千寿郎は炭治郎へ手紙を出していました。

それは炎柱の書に書かれていた、当時の炎柱と日の呼吸の剣士との会話です。
初まりの呼吸である、日の呼吸の剣士が、無惨と対峙した時の話を手紙に書いたのでした。
炭治郎なら未来への道を拓いてくれる、そう信じて千寿郎は祈ります。

しかし炭治郎は、まだ手紙を受け取っていませんでした。
手紙を受け取る前に、戦いが始まってしまったのです。
猗窩座に勝てなければ、その手紙も読むことができません。

炭治郎の攻撃を、猗窩座は白刃取りで止めます。
刀を折られると焦った炭治郎は、咄嗟に頭突きを食らわせました。

引用:週刊少年ジャンプ15号

しかしそれでも刀は離されません。

その時、猗窩座の腕が切り落とされます。
それは戻ってきた義勇によるものでした。


引用:週刊少年ジャンプ15号

鬼滅の刃 単行本を無料で読む方法

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために単行本を無料で読める方法を、下記の記事でご紹介しています。

鬼滅の刃|最新刊13巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険! 人気作品「鬼滅の刃」の新刊か、、、 確かに新刊読みたいけど、1回読めば十分だしな。。。 タダで読めないかな。。 っ...

 

【鬼滅の刃 感想】

猗窩座は炭治郎に、かつての誰かの影を重ねているようですね。
だからこそ、苛立ち不愉快に思っています。

それはきっと鬼になる前の記憶でしょう。
この戦いが終わる頃、猗窩座の過去が明らかになりそうですね。

そして戻ってきた、義勇さん。
派手に飛ばされ、背中を痛めたことに腹を立てているようです。

炭治郎と義勇、二人でどう戦うのか、次回も楽しみですね。
炭治郎が攻撃の仕組みに気づくことができるのかにも、注目です。