無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

鬼滅の刃|最新話157話ネタバレ(5月13日発売24号ジャンプ)きめつのやいば

2019年5月13日発売の『週刊少年ジャンプ』24号に連載されている、
「鬼滅の刃」の第157話のネタバレです。

 

【鬼滅の刃 前回のあらすじ】

猗窩座は一番許せなかったのは自分自身だと気付き、自分の体に攻撃をしました。
それでも死ねず、体は再生を続けます。

すると猗窩座の心の中に恋雪が現れ、優しく抱きしめました。
猗窩座はようやく狛治へと戻り、体も朽ち果てていきました。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

鬼滅の刃|最新話156話ネタバレ(4月27日発売22・23号ジャンプ)きめつのやいば2019年4月27日発売の『週刊少年ジャンプ』22、23合併号に連載されている、 「鬼滅の刃」の第156話のネタバレです。...

【鬼滅の刃 今週のネタバレ】


引用:週刊少年ジャンプ24号

【猗窩座の死】

目の前で猗窩座が消え、戦いが終わったのだと知った炭治郎は、その場に倒れてしまいました。
そのすぐ横に膝をついていた義勇も倒れかけるも、刀を支えにして留まります。


引用:週刊少年ジャンプ24号

しかしその意識は途絶えました。

炭治郎と義勇が猗窩座を倒したこと、そして疲労困憊により意識を失っていることが鴉によって報告されます。

その頃他の鬼たちは、猗窩座の気配が消えたことに気づきました。
黒死牟は自分と勝負するのではなかったのか、と怒ります。

童磨は猗窩座が一瞬何か別の生き物になったような、変な気配を感じていました。

【一番の友人】

そんな童磨の目の前には、呼吸の乱れたカナヲが立っていました。
名前を聞かれたカナヲは名乗り、自分は胡蝶カナエとしのぶの妹であると言います。

その言葉に、童磨は少し疑問に思います。
肉質の感じからして血縁ぽくないと感じていたのでした。
そしてすぐに、若い女の子はだいたい美味しいから何でもいいと笑いました。

その時童磨は、猗窩座が絶対に女性を喰わなかったということを思い出しました。
童磨が女を沢山食べた方が早く強くなれると言っても、猗窩座は女を喰わないどころか、殺しもしなかったそうです。
なのに猗窩座はそのことが許されていて、生かされていたから特別扱いだった、とも言いました。

でも死んでしまうなんて、と童磨は少し言葉を詰まらせました。
そして、一番の友人だったのに、悲しい、と涙を流したのです。

そんな童磨に、カナヲはもう嘘ばかりつかなくていいから、と言いました。

【嘘つき】

カナヲには、童磨の言葉が全てでまかせであり、本当は少しも悲しくないのだと思えました。
一番の友人が死んだというのに、顔色ひとつ変わっていません。
普通なら顔から血の気が引いたり、逆に怒りで?が紅潮したりするものです。

それは自分が鬼だからだよ、と童磨は言います。
鬼は常に瞳が潤い続けるから瞬きをしません。
しかし人間と同じく血は巡っており、顔色は変化するはずでした。

童磨のことを気の毒だと、死に際にカナエは言っていました。
貴方何も感じないんでしょ、とカナヲは指摘します。

この世に生まれてきた人たちが、当たり前に感じている喜びや悲しみ、怒り、感動を理解できません。
でも頭が良かったから、自分の心に感覚がないとバレないよう、嘘をついて取り繕った。
そんな童磨を、カナヲは滑稽だ、馬鹿みたいと笑います。

貴方何のために生まれてきたの?とカナヲが微笑むと、童磨の纏う空気がガラリと変わりました。

引用:週刊少年ジャンプ24号

【実力】

君みたいな意地悪な女の子は初めてだ、何でそんな酷いことを言うのかと問う童磨の顔には、何の感情も現れていません。

その問いに、貴方の事が嫌いだから、一刻も早く頸を斬り落として地獄へ送りたいから、とカナヲは答えます。
そしてさっきの言葉を一つだけ訂正する、と言いました。

貴方って頭が良くないみたい、とカナヲが挑発します。
次の瞬間、童磨はカナヲの背後より頸に向かって攻撃しました。

カナヲはその攻撃を避け、童磨の胴へ一撃を喰らわせます。
その後の振り払うような童磨の攻撃も避け、カナヲは距離を置きました。

明らかにカナヲの反応速度が上がっています。
さらに童磨の扇から舞散らされた、粉凍りを吸っていません。
その様子から、童磨はカナヲがカナエ以上の実力であるかもしれない、と感じました。

鬼滅の刃 単行本を無料で読む方法

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために単行本を無料で読める方法を、下記の記事でご紹介しています。

鬼滅の刃|最新刊14巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!大人気作品「鬼滅の刃」の新刊が遂に登場! 漫画村、漫画タウン、漫画ビレッジは危険がいっぱい! 新刊を安全に無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

【鬼滅の刃 感想】

猗窩座の次は、再び童磨の出番のようです。
童磨から語られた、猗窩座が女性を殺さなかったという事実。
それは記憶はなくとも、どこかで恋雪への想いを持ち続けていたからでしょうか。

そして童磨ですが、飄々としていて不気味な存在だった彼が、カナヲの言葉により徐々に本性を現しつつあるようです。
感情を持っていないから、ずっと嘘をついていると考えたカナヲ。
どうやら図星のようで、これまでの童磨とは違ってきましたね。

しかしカナヲも反応速度が上がり、童磨に適応し始めています。
それはしのぶより実力があるかもしれない、と童磨が感じる程です。
次回の二人の戦いはどうなるのか、楽しみですね。