無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

鬼滅の刃|最新話162話ネタバレ(6月17日発売29号ジャンプ)きめつのやいば

2019年6月17日発売の『週刊少年ジャンプ』29号に連載されている、
「鬼滅の刃」の第162話のネタバレです。

【鬼滅の刃 前回のあらすじ】

伊之助とカナヲの攻撃は童磨に通じません。
すると童磨は氷の人形を作り、自分は部屋を出ようとしました。

その時、童磨の顔が崩れていったのです。

【鬼滅の刃 今週のネタバレ】


引用:週刊少年ジャンプ29号

【毒】

戦いの前、しのぶはカナヲにある話をしていました。
もし姉を殺した上弦の弐とめぐり合い、2人で戦うことができたなら。
第1の条件として、自分は鬼に喰われて死ななければなりません、としのぶは言いました。

一緒に戦えば勝てるかも、と言うカナヲに、そんな甘い考えは捨てるようにとしのぶは言います。
上弦の強さは、少なくとも柱3人分の力に匹敵するのでした。

姉からの情報によると、上弦の弐は女を喰うことに異様な執着があるそうです。
身体能力が高く、優秀な肉体を持つ柱であり、さらに女であるしのぶをまず間違いなく喰うと彼女は考えました。

現在、しのぶの体には高濃度の藤の花の毒が回っています。
この状態になるためには、一年以上藤の花の毒を摂取し続ける必要がありました。
そのため、この役目はしのぶ以外できないのです。

しのぶの刀で一度に打ち込める毒の量は、せいぜい五十ミリでした。
しかし今のしのぶを喰った場合、その鬼が喰らう毒の量は致死量のおよそ七十倍になるのです。

【効果】

童磨は自分の骨から溶けていくのを感じました。
立つことすらできず、地面に倒れ込みます。

すぐにそれがしのぶの毒であると気づきましたが、毒が回っていくような感覚はありませんでした。
溶けた体を再生、回復させようとします。

その時、童磨の作り出した氷の人形が壊れました。
急に消えたので、伊之助は罠なのかと警戒します。
しかしカナヲはこれこそがしのぶの言っていた時であると察し、童磨へ向かって急ぎました。

命がけの毒でも、確実に上弦の鬼を滅殺できる保証はない、としのぶは言っていました。
少なくとも産屋敷は無理だと判断していたのです。
そのため彼は、しのぶが仇討ちできる確率を上げるため、鬼との共同研究をするように助言しました。

仮に毒が効き始めたとしても、油断はできません。
確実なのは、頸の切断なのです。
必ず自分が鬼を弱らせるから、カナヲが頸を斬ってとどめを刺して、としのぶは言っていました。

その言葉を思い出し、カナヲは絶対やり遂げると刀を握ります。
絶対にしのぶの命を無駄にはしないと、童磨に迫りました。

【菩薩】

童磨へとどめを刺すべく、カナヲと伊之助が斬りかかろうとしました。
すると童磨は、血鬼術、霧氷・睡蓮菩薩を出して2人を攻撃します。

引用:週刊少年ジャンプ29号

その巨大な菩薩が、2人に向かって腕を振り下ろしました。
ここにきてこの大技、これ程の余力があるなんてとカナヲは焦ります。

辺りに凍てつく空気が充満しました。
これを吸うと戦えなくなります。
それはしのぶが死ぬ間際、カナヲに伝えた内容でした。

その時、カナヲはこの術の粗さに気づきます。
これまでに比べ、明らかに精度が落ちていました。
つまり、童磨にとってこれは苦し紛れの技、最後の攻防です。

それに気づいたカナヲは、自分もある術を使う決意をしました。

【朱い瞳】

その技を使うと、失明の危険があります。
しのぶは自分の命を失おうとしているのに、カナヲの視力の心配をしていました。
そんなしのぶのことを、なんて優しい人なんだろう、なんて尊い人なのだとカナヲは思いました。

カナヲはしのぶを、命をかけて守りたかったのです。
そして一緒に家に帰りたかった。
それはもう叶うことがありません。

カナヲは花の呼吸終ノ型、彼岸朱眼を発動しました。

引用:週刊少年ジャンプ29号

動体視力を極限まで上げることで、カナヲには周囲の動きが鈍く遅く見えます。
眼球への圧力で出血し、強膜は赤く染まります。

カナヲは菩薩の動きを見切り、童磨の前まで入り込みました。
しかし背後から攻撃され、カナヲは背中から凍っていきます。
そのため童磨の頸へ刀を突きつけるも、腕が固まって斬ることができません。

そこへ伊之助が二本の刀を投げつけました。
その刀は勢い良くカナヲの刀を押し、ついに童磨の頸が斬り落とされたのです。

鬼滅の刃 単行本を無料で読む方法

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために単行本を無料で読める方法を、下記の記事でご紹介しています。

鬼滅の刃|最新刊14巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!大人気作品「鬼滅の刃」の新刊が遂に登場! 漫画村、漫画タウン、漫画ビレッジは危険がいっぱい! 新刊を安全に無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

【鬼滅の刃 感想】

ついに童磨の頸を斬ることができました。
そして、そのためにしのぶが元々喰われる前提で戦っていたことが分かりました。

あえて吸収されることで、童磨に毒を摂取させる。
そうしなくては勝てない程の強敵でした。

そしてそれ以上に童磨は強く、カナヲ1人では頸を斬ることができていませんでした。
とどめを刺したのが、伊之助の思いつきの技だったというのも、運命的なものを感じますね。

しのぶや伊之助の母といった、大切な人たちを奪った童磨。
これで本当の最後となりそうです。
彼が最後に言うのは、どのような言葉でしょうか。
次回も楽しみですね。