無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

鬼滅の刃|最新話163話ネタバレ(6月24日発売30号ジャンプ)きめつのやいば

2019年6月24日発売の『週刊少年ジャンプ』30号に連載されている、
「鬼滅の刃」の第163話のネタバレです。

【鬼滅の刃 前回のあらすじ】

しのぶを喰ったことにより、童磨の体に毒が回っていきます。
これはしのぶの作戦通りでした。

カナヲと伊之助、2人の刀により童磨の頸が斬り落とされます。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

鬼滅の刃|最新話162話ネタバレ(6月17日発売29号ジャンプ)きめつのやいば2019年6月17日発売の『週刊少年ジャンプ』29号に連載されている、 「鬼滅の刃」の第162話のネタバレです。...

【鬼滅の刃 今週のネタバレ】


引用:週刊少年ジャンプ30号

【感情】

童磨は瀕死の中、こんな雑魚に負けるなんて、と残った右目でカナヲを見ました。
あんな頸を斬る力も無いような、剣士ですらない毒使いに、としのぶの姿も思い出します。

これで消滅するなんて自分が可哀想すぎる。
これ程人に尽くし、世の中に貢献してきた自分が、と童磨は思いました。

童磨は無惨のように自分も死なないかもしれない、とわずがな期待を抱きます。
しかし童磨の体は崩れ始めました。
それを見て、自分は死ぬのだと童磨は諦めます。

ただ、童磨は何も感じていませんでした。
死ぬというのに怖くありません。
負けたというのに悔しくありません。
ずっと自分はこうだったなぁ、と童磨は思いました。

【地獄へ】

かつて人間だった頃、次々と信者に手を出していた父を、母が滅多刺しにして殺しました。
そして母はそのまま服毒自殺をします。

その時も、部屋を汚さないでほしい、血のにおいが臭いから換気しなきゃ、と考えていました。
そういったことばかり考えていて、悲しいや寂しいといったことは、一瞬も感じません。

童磨は二十歳の時に鬼になりました。
そこから百年以上生きましたが、結局人間の感情は、童磨にとって他所事の夢幻にすぎなかったのです。

その時、しのぶが童磨の中に現れました。
これで安心して成仏できる、と彼女は微笑みます。

あの毒は珠世が協力して作ってくれたものだそうです。
できれば自分の作った毒で童磨を葬りたかった。
だけど結果万歳です、としのぶは言いました。

残る鬼の始祖は仲間の誰かが必ず倒してくれる、としのぶは確信しています。
そう語るしのぶを見て、童磨は初めての感情に驚きました。

これが恋というものなのか。
童磨はしのぶに、一緒に地獄へ行かないかと誘いました。
するとしのぶはいい笑顔で、とっととくたばれ糞野郎、と言いました。

引用:週刊少年ジャンプ30号

【母の愛】

その頃伊之助は、少し残っていた童磨の頭を何度も踏みつけていました。
仇は討ったぜ!と笑っていると、疲れが一気に回ったのか、クラクラして床に座り込んでしまいます。

そんな中、伊之助はかつて炭治郎と母について話していた時のことを思い出しました。
自分は捨て子だから母親はいない、と伊之助は言います。
すると炭治郎は、伊之助のお母さんはきっと、伊之助のことが大好きだったと思うよ、と言いました。

伊之助は自分が赤子の時、大切そうに自分を抱きしめてくれていた母の記憶を思い出します。
母ちゃん、と呟く伊之助の目に涙が溢れました。

その後ろでは、カナヲがしのぶの髪飾りを探していました。
手にはカナエの髪飾りを大事そうに持っていますが、それは残念ながら壊れています。

先程の術の影響で、カナヲの右目は殆ど見えなくなっていました。
短時間だったため、この程度ですんだようです。

【ごめんなさい】

ごめんなさい、とカナヲは謝ります。
カナエが死んだ時、カナヲは泣くことができませんでした。
みんな泣いていたのに、自分だけ泣かなかったのです。

しかしそんなカナヲを、誰も責めたりしませんでした。
優しくしてくれるみんなに、カナヲは心の中でたくさん言い訳をします。

泣くと酷い目にあわされる。
動きをよく見ていないと、悪いところに当たって次の朝には冷たくなっている兄弟が何人もいた。
それはカナヲの過去の出来事でした。

ずっと泣かないようにしてきたから、カナヲは急に泣けなかったのです。
ごめんなさい、とカナヲは心の中で謝り続けました。

しのぶに言われた通り、仲間を大切にしていたら助けてくれました。
1人じゃ無理だったけど、仲間が来てくれた。
その時カナヲは、しのぶの髪飾りを見つけます。

カナエとしのぶの髪飾りを抱きしめると、まるで2人の姉が、優しく頭を撫でてくれたように感じました。

引用:週刊少年ジャンプ30号

2人を想い、カナヲはやっと心から泣くことが出来たのです。

鬼滅の刃 単行本を無料で読む方法

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために単行本を無料で読める方法を、下記の記事でご紹介しています。

鬼滅の刃|最新刊14巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!大人気作品「鬼滅の刃」の新刊が遂に登場! 漫画村、漫画タウン、漫画ビレッジは危険がいっぱい! 新刊を安全に無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

【鬼滅の刃 感想】

ついに童磨との決着が完全につきました。
最後まで童磨は童磨でしたね。

しかしやはり、童磨も感情がないことを少しは気にしていたのでしょうか。
死に際にまで、無感情というのはどこか虚しいと思います。

そしてしのぶに恋をしたのか、と死んでから気づくのも童磨らしいですね。
それに対するしのぶもなかなかいい表情でした。

これでやっとしのぶの役目は終わったのでしょう。
最後に父と母にかけよる、カナエとしのぶの姿が幸せそうでよかったです。

次回はまた炭治郎たちの方に戻るのでしょうか。
それとも善逸の方でしょうか。
無惨が今どうしているのかも気になりますね。