無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

鬼滅の刃|最新話172話ネタバレ(9月2日発売40号ジャンプ)きめつのやいば

2019年9月2日発売の『週刊少年ジャンプ』40号に連載されている、
「鬼滅の刃」の第172話のネタバレです。

【鬼滅の刃 前回のあらすじ】

玄弥が黒死牟の髪を食べると、胴がくっつきました。
それだけでなく、無惨の声まで聞こえてくるようになったのです。

その頃悲鳴嶋と実弥は黒死牟と激しい戦いを続けていました。
二人同時に技を出すも、切れたのは黒死牟の着物だけです。

すると突然、二人に傷がつきました。
間合いは十分にとっていたはずなのに、攻撃が届いたのです。

その時黒死牟が持っていた刀は、変形していました。
刀からは更に3つの刀が生え、禍々しさが増しています。

【鬼滅の刃 今週のネタバレ】

引用:週刊少年ジャンプ40号

【焦り】

黒死牟の攻撃により、実弥の指が斬り落とされました。
先程の攻撃の瞬間、悲鳴嶼は鎖で攻撃の軌道を変えていたのです。
もしそうでなければ、指どころか両腕共落とされていたことでしょう。

負傷すればするほど動きが鈍くなる。
足を引っ張ることになる、と実弥はそのまま戦いを続けました。

黒死牟には稀血もほとんど効きません。
強い鬼にこそ効くはずなのに、と実弥は悪態をつきます。

黒死牟はとても長い刀をとんでもない速度で振りました。
次は避けれるのか、斬り込めるか、と実弥は考えます。

その様子が輝利哉に報告されました。
その場に他の柱を向かわせるかと尋ねられるも、義勇と炭治郎はそのまま無惨の方へ向かわせました。

そして黒死牟は悲鳴嶼、実弥、時透、玄弥の四人が必ず倒す、と輝利哉は断言します。

【強敵】

黒死牟は月の呼吸漆ノ型、厄鏡・月映えで攻撃します。


引用:週刊少年ジャンプ40号

その攻撃範囲は倍以上伸び、さらに速さも上がっており、悲鳴嶼もこれはまずいと感じました。

さらに黒死牟は月の呼吸捌ノ型、月龍輪尾を放ちます。
二人は避けるだけで精一杯で、頸を狙うことができません。

しかし黒死牟は手を止めません。
続いて月の呼吸玖ノ型、降り月・連面で攻撃しました。
この攻撃により、実弥は背中に傷を負ってしまいます。

傷を負った実弥に、悲鳴嶼は名を叫びました。
実弥は自分に構うなと体勢を整えます。
そこへ黒死牟の月の呼吸捨ノ型、穿面斬・蘿月が襲いかかりました。

次の瞬間、時透は実弥の体を抱えて飛びました。
死なせない、貴方はまだ両腕で刀を振れる、と時透は叫びます。

【弱い者】

その様子を物陰から玄弥は見ていました。
自分にできるのか、自分は役に立つのか。
またすぐに気づかれ、胴を割られて終いじゃないのか、と弱腰です。

しかし戦う実弥を見ると、死なせたくないという気持ちが強くなりました。
さらに悲鳴嶼、時透のことも思い浮かびます。

自分が強かったら。
柱だったら。
玄弥は悔しくなります。

助けたいと思えば思うほど体が強ばり、うまく動けなくなるのでした。
役に立てないことが、仲間を守れないことが怖いと感じます。

なんで自分はこんなに弱いのか。
悔しい。
悔しい。
弱いことが悔しい。

そう思った時。
一番弱い人が一番可能性を持っているのだという、炭治郎の言葉が蘇りました。

【決意】

かつて炭治郎は上弦の陸と戦った時、自分が弱かったからこそ状況を変えられたのだと言います。
敵がこちらを警戒できる絶対数は決まっていました。
だからあとはそれを敵がどう割り振っているか、なのです。

敵は強い人をより警戒して壁が分厚いけど、弱いと思われている人間であれば警戒の壁が薄れるのです。
だからその弱い人が予想外の動きで壁を打ち破ることができたなら、一気に風向きが変わるのでした。
勝利への活路が開く、と炭治郎は言っていたのです。

炭治郎の言葉を思い出し、玄弥は覚悟を決めました。
やるしかない、勝つことだけを考えろ。

兄貴を、師匠を、仲間を絶対死なせない。
強い決意の元に、玄弥は黒死牟の折れた刀を口にしました。
また斬られた時にと考えていましたが、攻めるために玄弥は力を取り込んだのです。

鬼滅の刃 単行本を無料で読む方法

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために単行本を無料で読める方法を、下記の記事でご紹介しています。

鬼滅の刃|最新刊14巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!大人気作品「鬼滅の刃」の新刊が遂に登場! 漫画村、漫画タウン、漫画ビレッジは危険がいっぱい! 新刊を安全に無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

 

【鬼滅の刃 感想】

黒死牟の圧倒的な力が存分に描かれていました。
間合いも伸び速さも上がって、さすがの悲鳴嶼もまずいと構えます。

そんな中、時透は実弥を助けるために飛び出しました。
自分も重傷を負っているのに、戦える者を助けるその行動力に、強い意志を感じます。

そして玄弥は、黒死牟の折れた刀を口にしました。
このことが玄弥、そして戦いそのものにどのような変化をもたらふのか。
次回の展開も楽しみですね。