無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

鬼滅の刃|最新話178話ネタバレ(10月12日発売46号ジャンプ)きめつのやいば

2019年10月12日発売の『週刊少年ジャンプ』46号に連載されている、
「鬼滅の刃」の第178話のネタバレです。

【鬼滅の刃 前回のあらすじ】

双子は不吉だからと元々殺される予定だった縁壱は、母により救われます。
しかし兄の黒死牟と、全てにおいて差をつけて育てられます。
黒死牟はそんな縁壱が可哀想だと思い、手作りの笛を贈ったりして交流していました。

そんなある日、突然縁壱が侍になりたいと喋り出しました。
試しにと初めて持たされた木剣で、黒死牟の指南役の父の輩下を失神させてしまいます。

このことにより、自分が後継ぎにされることに気づいた縁壱は予定より早く家を出ることにしました。
兄に貰った笛を大切そうにしまい、縁壱は家を出ます。

後から全てを知った黒死牟は、嫉妬で狂いそうになるのを感じました。
縁壱という天才を、心の底から憎悪したのです。

 

前回の詳細はこちら

鬼滅の刃|最新話177話ネタバレ(10月7日発売45号ジャンプ)きめつのやいば2019年10月7日発売の『週刊少年ジャンプ』45号に連載されている、 「鬼滅の刃」の第177話のネタバレです。...

【鬼滅の刃 今週のネタバレ】


引用:週刊少年ジャンプ46号

【再会】

頼むから死んでくれ、お前のような者は生まれてさえ来ないでくれ。
お前が存在しているとこの世の理が狂うのだ、と黒死牟は縁壱のことを恨んでいました。

縁壱が家を出た後、父が連れ戻すために使いをやったものの、縁壱は寺には来ていませんでした。
忽然と消息を絶ち、影も形も無くなったのです。
自分の願いが叶ったのだと、黒死牟はほっとしました。

それから十年余り平穏な日々が続きます。
黒死牟は妻を娶り、子供にも恵まれました。
それはのどやかでどこか退屈さも感じるほどの日々でした。

しかしある日、野営していたところを鬼に襲われ、停滞していた刻が動き出します。
部下を皆殺しにされ、ただ一人残った黒死牟の前に縁壱が現れました。

引用:週刊少年ジャンプ46号

鬼から黒死牟を救ったのは、縁壱でした。
その技は幼少の頃とは比べ物にならないほど極められ、人外の者をも容易く倒します。
彼の姿を見た瞬間、黒死牟は自分の平穏が破壊され、再び妬みと憎しみに支配されるのを感じました。

すると縁壱は、自分の到着が遅れたせいで黒死牟の部下を死なせてしまったことを詫びました。
縁壱は強く、そして非の打ち所がない人格者となっていたのです。

【鬼狩りへ】

その強さと剣技をどうしても自分の力にしたくて、黒死牟は家も妻も子も全てを捨て、縁壱と同じ鬼狩りとなる道を選びました。
縁壱は誰にでも剣技や呼吸を教えます。
しかし誰一人として、縁壱と同じようにはできないのです。

縁壱は相手に合わせて呼吸法を変えて指導しました。
そうして日の呼吸の派生の呼吸が、次々と出来上がります。
その中で痣をもつ者も増え、鬼狩りの戦力は高まっていきました。

黒死牟にも縁壱そっくりの痣が発現します。
しかし結局黒死牟は日の呼吸を使うことはできず、使えたのは月の呼吸という派生のものでした。

もっと鍛錬を重ねればいつか縁壱に追いつけるのかと、黒死牟が悔しい思いをしていた頃のことです。
痣者が次々と死に始めました。
痣は寿命の前借りに過ぎず、全盛期はすぐに終わるのです。

自分には未来がない、鍛錬を重ねる時間も残されていない。
絶望していた黒死牟の前に、無惨が現れます。

【人を捨て】

ならば鬼になれば良い。
鬼となれば無限の刻を生きられる。
無惨はそう言いました。

技を極めたい黒死牟に、呼吸を使える剣士を鬼にしてみたい無惨。
この申し出を、黒死牟は受けました。

これで全てのしがらみから解放される、黒死牟はそう思っていました。
しかしあの夜、再び縁壱が目の前に現れます。
そして縁壱は理さえ超越した存在であると見せつけた上、寿命で死亡し勝ち逃げました。

誰も縁壱に勝つことは出来なかったのです。
何故お前はいつも自分に惨めな思いをさせるのだ、と怒りがこみ上げました。

憎しみに支配され、黒死牟は縁壱の亡骸を斬りつけました。
するとその懐から、大切そうに仕舞われていたあの笛がこぼれ落ちます。
真っ二つになったその笛を目にした途端、黒死牟の目から涙が流れ落ちました。

【残ったモノ】

もうやめろ、私はお前が嫌いだ。
お前の顔を見ただけで吐き気がする。

それなのに何百年も生きていて鮮やかに記憶しているのは、一番忘れたいはずの縁壱の顔でした。
父や母、妻や子の顔も思い出せないというのに、縁壱だけが鮮明なのです。

唯一無二の太陽のように、彼の周囲にいる人間は皆彼に焦がれて手を伸ばし、もがき苦しむ以外道はありませんでした。
今の黒死牟のように、消し炭になるまで。

家や家族、そして人間であることさえ捨てた黒死牟。
それでも何も手に入れることが出来なかった、と消えゆく黒死牟は思いました。
ここまでしても、縁壱と同じ世界を見ることはできなかったのです。

縁壱の死後、日の呼吸の剣士は全て消しました。
なのになぜか日の呼吸が残っているのです。

何故私は何も残せない。
何故私は何者にもなれない。
何故私とお前はこれ程違う。

私は一体何のために生まれて来たのか。
教えてくれ、縁壱。

そういって消えていった黒死牟の跡に残るのは、二つに割れたあの笛でした。


引用:週刊少年ジャンプ46号

鬼滅の刃 単行本を無料で読む方法

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために単行本を無料で読める方法を、下記の記事でご紹介しています。

鬼滅の刃|最新刊17巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!大人気作品「鬼滅の刃」の新刊が遂に登場! 漫画村、漫画タウン、漫画ビレッジは危険がいっぱい! 新刊を安全に無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

【鬼滅の刃 感想】

前回から引き続き、黒死牟の過去が描かれました。
縁壱への嫉妬から解放された黒死牟の前に、再び縁壱は現れました。
そこから黒死牟は再び嫉妬と憎しみに支配されていくことになります。

鬼になってまで強さを求めた黒死牟でしたが、結局自分が縁壱には勝つことが出来ないと悟ることになりました。
しかも、最期のその時にまで縁壱があの笛を持っていたことまで知りました。

黒死牟は心の底から縁壱を憎んでいたのでしょう。
ただ、それと同時に憧れや尊敬の気持ちもあったのではないでしょうか。

何も残せない、と悔やんで消えた黒死牟。
そんな黒死牟が消え、残ったのがあの笛だというのにこみ上げてくるものがありますね。
それは縁壱を完全に嫌いになれなかった、という証のようにも感じます。

そして話は現代に戻りました。
いよいよ無惨の登場となるのでしょうか!?
次回も楽しみですね!