無料お試し登録でマンガをタダ読み!
コウノドリ

コウノドリ|最新話第261話ネタバレ(10月18日発売モーニング46号)

モーニング 2018年10月18日発売 46号

鈴ノ木ユウ コウノドリ 261話「怒りの理由」ネタバレ

最新単行本24巻絶賛発売中です。

難聴・養子縁組の回が掲載されています。

 

前回は梅毒に感染した夫の話でした。

冒頭では「鏡の中の自分をにらみつけ、静かに告白の決意を固める夜」とあります。

夫は妻になんて話すのでしょうか?

261話「怒りの理由」ネタバレ

【修羅場はすぐそこに】

 

浴室の鏡の前で、夫は静かに立って自分に語り掛けていました。

「オレは2週間前病気に感染した」

「梅毒だ」

「オレはそのことをまだ妻に言えないでいる。」

 

梅毒の抗生剤を飲みながら、決意を固めます。

「早く言わないと・・・今日こそ言おう」

 

「なぜなら妻は今、身ごもっているのだ」

 

妻は病院で渡されたエコー写真を見ながら、嬉しそうな顔をしています。

 

夫はさっきまで心の中で決意を固めてはいたのですが

「でも怒るだろうな・・・」

と思い、結局言えませんでした。

 

朝食を食べながら、妻が話しました。

「あ、今日2回目の検診に行ってくるね。」

「前回が8週だったから、今日で10週か~」

妻は既にお母さんのような表情で、嬉しそうにしています。

 

その顔を見ていた夫は

「だめだ!夫としてちゃんと言わなくちゃ!梅毒だと!」

と思いながら・・・

「ちょっと聞いてほしいんだ。ば・・・ば・・・ばい・・・」

言葉が出てきません。そしてやっと出た言葉は

「倍返しだ」

 

なぜその言葉を振り絞ったのでしょうか。

 

妻も

「急にどーした?」

普通にツッコミました。

 

結局何も言えずに会社に行く時間になりました。

 

妻は少し心配になり、

「ねえ。なんか顔色悪いけど大丈夫?」

 

夫は妻の顔に出ていた発疹をみて

「ここのボツボツ・・・大丈夫?」

と聞きました。

 

「あ・・・なんか治らないんだよね」

 

「それは・・・・多分・・・ばい・・・」

「バイキンだな!」

 

夫は結局何も言えませんでした。

 

ですが、妊婦検診に行った妻はついに知ることになりました。

 

「梅毒ですね。」

鴻鳥先生は普通に答えました。

 

妻が動揺していると

 

「はい。前回の妊娠検診で採血した結果、梅毒に陽性がでました」

「2~3か月前に感染したと思われます」

 

妻は

「梅毒って・・・性病のことですよね?」

 

「はい。性接触で移る感染症です」

「梅毒は症状がない時期があるので、今回のように妊婦検診で初めてわかることもあります。

「梅毒はペニシリンを中心とした抗生物質がよく効くので、早期の今・・・きちんと内服治療をすれば怖くない病気ですよ」

 

妻は心配になり

「あの・・・赤ちゃんは大丈夫なんでしょうか?」

 

鴻鳥先生は

「妊娠中でも飲める薬ですし、今日からすぐに治療を始めれば、お腹の赤ちゃんへの感染はほぼ予防できます」

「梅毒は16~20週以前に十分治療すれば、赤ちゃんへの予防は可能と考えられているので、

今日から8週間内服してちゃんと治しましょう」

 

「もし・・・私が梅毒に気づかないままだったら、どうなっていたんですか?」

 

鴻鳥先生は少し難しい顔になり

 

引用:モーニング46号

「そうですね・・・。40%の確率でお腹の赤ちゃんが亡くなるか、または出生してすぐに亡くなってしまうことになったと思います。」

「胎内感染した赤ちゃんは、先天梅毒といって発疹がでたり、骨や軟骨など様々な症状が出ます」

「だから、初期の妊婦検診はとても大切なんです」

 

そこまで聞いた妻は

「でもなんで私が梅毒になったんですか?」

 

鴻鳥先生は少しマゴマゴしながら

「それは~・・・」

 

妻は

「旦那っすか?」

 

どうやら修羅場は確定のようです。

 

【旦那・・・帰宅】

 

旦那が帰宅すると、机に薬が置いてありました。

旦那はすぐに梅毒の抗生剤だと分かり、慌てて服の中にしまいました。

「なんでここに?しまい忘れたか?」

内心焦っていると

 

妻が

「帰っていたの?」

と出迎えました。

 

すると・・・

「あれ・・・ここに置いてあった私の薬がない・・・」

 

「え?お前の・・・」

 

引用:モーニング46号

振り向いた妻は、鬼のような顔をして

「ねえ、あんた・・・。私に何か言うことはない?」

 

夫から血の気が引いていきました。

 

【事情を説明】

 

「で、出張先で風俗に行って、梅毒もらってきたってことか」

もはや夫は針のむしろです。

「なんで言ってくれなかったの?」

 

「怒ると思って・・・」

 

「そりゃあ怒るし・・・実際怒っているし・・・」

「だいだいなんで、私が怒ってるか分かってんの?あんた!」

 

「わかってるよ・・・デリヘル呼んだから!」

 

その瞬間妻から最後通告が出ました。

「死んでくれ」

 

妻は話しました。

「もし、あんたが言わないまま・・・病院の検査でも分からなかったら、赤ちゃんは死んじゃったかもしれないんだよ」

 

夫はここで、事の重大さに気が付きました。

 

「風俗の事は許せたとしても・・・赤ちゃんに何かあったら、私はあんたを一生許せなかったと思う」

 

妻の悲痛な話を聞いて夫は、反省し

「ごめん」

と言いました。

 

妻は最後に言いました。

「つわりで具合悪いから、もういいよ」

「離婚されたくなかったら、今日から家の事全部やって、心を入れ替えたところを見せてください」

 

多分夫はやらないといけないと思います。

 

数日後、倉崎先生の所に未受診の妊婦がやってきました。

お腹はだいぶ大きくなっており、倉崎先生はさっそくエコーで診察を始めました。

そして、すぐに異常を発見しました。

「肝臓が腫れて、腹水もある。それにすごい貧血を起こしてる。」

 

倉崎先生はすぐに採血をして検査に回しました。

 

引用:モーニング46号

そして、鴻鳥先生と結果を見ると、

「鴻鳥先生・・・これって・・・」

 

「うん・・・梅毒だ」

 

恐れていた胎児への感染でした。

感想

 

最初の夫婦は大事に至らなくて良かったと思います。夫はがんばって、償わないといけないですね。

ですが、最後のシーンで梅毒に感染した赤ちゃんが来ました。

みる限り、かなり危ないようです。できれば助かってほしいと思いますが、どうなるのでしょうか?

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。