無料お試し登録でマンガをタダ読み!
コウノドリ

コウノドリ|最新話264話ネタバレ(11月15日発売モーニング50号)

週刊モーニング 50号 2018年11月15日発売

鈴ノ木 ユウ 264話 「実家の催促」 ネタバレ

 

今回から新シリーズが始まります。

親はいつでも子が気になると冒頭であります。

でも過度に気になると・・・大変です。

 

264話 「実家の催促」ネタバレ

【妊娠したらほっとけない!】

 

今回の妊婦さんの名前はサエさん。サエさんは実家と電話をしていました。

「でもお母さん。まだ妊娠12週だよ。里帰りするにしても、まだ先のことなんだから」

 

電話口ではお母さんが説得するように話をしていました。

「でも早く帰ってきなさい。シュンさんも仕事が忙しくて、留守にしがちなんでしょ?」

 

「まあ、そうだけど・・・」

 

「それにサエ・・・、あなた乳がんだったんだから」

 

【乳がんだった】

 

医師室では赤西先生が、鴻鳥先生と昼食を取りながら、患者さんの話をしていました。

 

「乳がんだった、妊婦さんですか・・・」

 

「うん。3年前に乳がんの手術をして、2年間はホルモン治療をしていたらしいんだよ」

 

「ホルモン治療・・・」

 

「そう・・・乳がんの治療は、人それぞれ違っていて・・・オーダーメイドで決定するんだよ」

「手術・放射線治療・抗がん剤治療・・・そして、ホルモン治療があって、その人に適した治療を組み合わせて行う」

「彼女の乳がんは。初期治療として行った手術で、すべて取りきれたんだ。切除したがん組織を調べると、女性ホルモンのエストロゲンに感受性のあるがんだった。」

「感受性のあるがん細胞は、エストロゲンを栄養として大きくなる性質がある。それで、彼女の場合、女性ホルモンを抑える薬を投与するホルモン療法だけ行っていた」

 

「じゃあ、彼女は抗がん剤の治療は必要なかったんですね。でも、妊娠って大丈夫なんですか?」

 

「彼女の手術は3年前で、手術後・・・、再発のリスクを下げるために5年間のホルモン治療を勧められたんだ」

 

「でも、まだ2年ですよね?」

 

「うん。でも手術をしたのが35歳の時で、ホルモン治療が終わる前に、どうしても子供が欲しかったみたいなんだ」

 

「たしかに5年間のホルモン治療を終えたら、40歳ですもんね」

 

「それで乳腺外科の医師と、ご主人で話し合って、2年間でホルモン治療を一旦ストップして、妊娠にトライしたらしいんだよ」

 

「でもホルモン治療の影響ってないんですか?」

 

「一旦治療を終了して、半年たってからの妊娠だからね。問題ないよ」

 

【お母さんは心配症】

 

サエさんはシュンさんとレストランで食事をしていましたが、途中でお母さんからラインが入ってきました。

 

ラインの内容を見たサエさんは、ため息をつきました。

 

シュンさんは

「何・・・またお義母さんから?」

 

「うん。早めにこっちに帰ってきて、里帰り出産しろって。でもさ、まだ12週だよ?里帰り出産するにしても34週まではこっちにいたいし」

 

「でも里帰り出産ってさ、大丈夫なのか?」

「そりゃあ、オレも仕事が忙しいからさ。お産の時とか、産後にお義母さんやお義父さんが近くにいたら安心だよ・・・」

「でもサエは普通の妊婦じゃないじゃん・・・。妊娠して急に体調が悪くなるかもしれないしさ」  


引用:週刊モーニング50号

 

「東京にいれば、乳腺外科の先生にもすぐ診てもらえるし、オレは正直里帰りはやめてもいいかなって思うよ」

 


引用:週刊モーニング50号

 

サエさんは、少し考えて

「でも、里帰り出産をした友達から聞くと、お産の時も安心だったし、産後も楽だったって言ってたし。できれば私は実家で産みたいな・・・」

 

すると、サエさんの携帯にまたラインが入ってきました。

 

「またお義母さん?」

 

「うん・・・シュンと話あって決めろって・・・。まあ、シュンを説得しろってことだと思うけど」

 

少しシュンさんは困惑した顔もしながら

「じゃあ、次の検診はオレもついていくよ」

 

【先生に相談】

 

鴻鳥先生は

「里帰り出産ですか?」

 


引用:週刊モーニング50号

 

シュンさんは

「はい。彼女の両親はそう勧めていて・・・、でも乳がんのこともありますし、治療を中断してるっていうこともあるので、東京で産んだほうがいいと思うんです。」

 

「サエさんはどう思っていますか?」

 

「私は・・・主人が仕事で忙しいですし、初産なので産後のことを思うと・・・実家の方が楽かなって思うんです。」

 

鴻鳥先生は

「そうですね・・・乳腺外科の先生からは、ホルモン治療の再開は、産後6か月くらいからと聞いているので、里帰り出産をして、1か月検診までご実家にいても、問題ないと思います。」

 

シュンさんは

「でも治療も辞めていますし、妊娠をして急に乳がんが再発したりとかないですか?」

 

「ホルモン治療でを中断していることでのリスクが、全くないとは言えませんが、妊娠・出産そのものがサエさんに影響を及ぼすことはありません。」

「なので、二人で話あって、サエさんが一番安心できる出産を選んでください」

 

シュンさんは

「わかりました」と答えました。

 

サエさんは

「あの・・・実家のほうの病院って、私から連絡をしたほうがいいんですか?」

 

鴻鳥先生は

「そうですね。早めに電話をしてみてください。分娩の予約や、受診のしかたは施設によって違うので。もう里帰り先の病院は決めているんですか?」

 

感想

 

親の心配ももっともですが、妊婦さん側も病院が近くにないと心配ですよね。

どっちが良いのでしょうか?

次はどっちが良かったかのメリット・デメリットが出てくる気がします。

 

ここまで読んで頂いてありがとうございました。