無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

夏目友人帳|最新話ネタバレ(LaLa12月号)~怪しき来訪者の章

夏目友人帳 2018「LaLa」12月号~怪しき来訪者の章 ネタバレ

 

夏目友人帳の世界へようこそ

 

「小さいころから人には見えないものが見えた」のセリフで始まる人気漫画「夏目友人帳」は、少女漫画雑誌「LaLa」で2003年7月に初回が2005年1月から本格的な連載が開始されました。

 

初回の雑誌掲載から原作は15年、アニメ化は2008年から10周年を迎えています。2018年9月には劇場版が初公開されました。

 

「劇場版 夏目友人帳 うつせみに結ぶ」は大ヒットで、2018年秋公開の映画高稼働の週間第一位にもなっています。10月には、銀座松屋で原画展なども開催され、子どもから大人まで幅広い年齢層にも人気の漫画です。

 

主人公の夏目貴志は、幼いころに両親を亡くし、親戚を転々とします。子どものころから不思議なもの「妖怪」が見えた夏目は、どの家に行っても、嘘つき呼ばわりをされ、辛い子ども時代を過ごします。

 

そんな貴志が高校生になり、今では優しい藤原夫妻の家族として、そして学校の友人や祖母が残した遺品「友人帳」に名のある妖怪たちと、楽しく穏やかな毎日を過ごしています。

 

今回は、夏目の友人田沼要の身に起こってしまった不思議な出来事と、大妖怪「三篠(ミスズ)」のお話です。

 

怪しき来訪者の章~前編

 

それでは、夏目友人帳2018年11月号、12月号「怪しき来訪者の章」のご紹介です。

 

夏目と妖怪の関係を理解する、数少ない友人の一人「田沼要」のもとに、ある日不思議な来客があります。

 

寺の住職をする父の友人と勘違いし、田沼はその不思議な客を家に招き入れてしまいます。

 

その日から田沼は、学校の授業が終わると一人で「来客がある」と先に帰宅するようになります。しかも、その来客は学校の正門で待っている様子。

 

田沼の様子を心配する夏目は「多軌の時のように身内だろうか」と。

 

前話では、同じく夏目の妖怪事情を理解する友人多軌のもとに、見知らぬイケメンの来客が来ると言うがありました。が、結局そのイケメンは多軌のちょっと変わった兄でした。

 

しかし、今回の来客は…。

 

心配をして田沼の家に電話をする夏目ですが、その耳に「ぴちゃん」という水の音が聞こえます。嫌な予感に田沼の家に駆け付ける夏目は、そこで不思議な来客の話を聞くことになります。

 

2人が話をしているところへ、その不思議な来客の若い男性がやってきます。田沼は夏目をその青年に紹介しますが、夏目はどこかで見覚えがある様子。

 

田沼と青年と一緒に、寺の周辺を散策する夏目は、青年が「妖」であることには気がつき、田沼に近づかないでほしいということを伝えるのでした。

 

しかし、それを決めるのは夏目ではなく、田沼であると話す青年。夏目と同じ世界が見たい、夏目の気持ちに近づきたいと以前から思っていた田沼は、青年とのつながりを続けたいと夏目に告げます。

 

田沼の言葉を聞き、初めて名取さんの気持ちに気が付く夏目。彼は田沼を見守る決意をします。

 

青年が去る時、その青年の正体が「夏目犬の会」の大物妖怪の「三篠(ミスズ)」であることを知ります。ミスズが一体何を考えて田沼に近づいたのか、問いただすも、「夏目殿には関係ない」とはぐらかされてしまいます。

 

結局、夏目と田沼、ミスズとにゃんこ先生の4人で、毎日一日1回散策をすることになります。そのうち、日々顔色が悪くなる田沼。そして、夏目は田沼の家の屋根に普通の人には見えない錫杖が刺さっていることを発見します。

怪しき来訪者の章~後編

 

頭痛を訴える田沼は、その夜不思議な夢を見ます。

 

田沼は、夢の中で家の庭の木の根元と岩の間に、2体の木偶人形を見つけるのでした。ちょうどその時間、夏目はミスズを呼び出し、田沼の元へ連れて行くよう頼みます。ミスズの背に乗って田沼の元へ駆けつける夏目は、ミスズから古い話を聞かされます。

 

まだ姿を持っていなかった沼の主だったミスズと、双子のようにそっくりな沼の主とのお話です。

 

今は田沼が住む古寺を挟んで存在した、2つの沼のお話。2つの沼は双子のようにそっくりで、1つの沼の主がミスズ、もう1つの沼の主を「ササメ」といいました。2人の主はお互いの力をためては、真ん中の古寺で勝負をしていました。勝負の合図が、古寺の屋根の上に錫杖を差すこと。そして、その年も古寺には錫杖が刺されたのでしたが、ササメはいつも憑依する木偶人形ではなく、田沼の身体に憑依してしまったのです。

 

そこで夏目は初めて、田沼の中に入った妖の存在を知らされ、ミスズが用があったのは田沼ではなく、その沼の主の「ササメ」と知ります。

 

同じ沼の主だった2つの妖は、ミスズが供物の馬を依り代に姿を得た一方、ササメの力は衰えていくばかり。それでも、ササメの力が溜まるのを待ち、2人はその後も勝負を続けます。勝負は、2体の木偶人形に取りついて行うものでしたが、なぜか、ササメはこの年、元々憑依体質の田沼に取りついてしまっていたのでした。

 

田沼の元を訪ねながら、田沼の中にいるササメと話しをしていたミスズ。田沼自身も、ミスズが自分ではない、他の何かに他のものに話しかけている、と気が付いていました。

 

いつものように勝負をしたいミスズですが、このまま田沼の身体ごと、ササメと戦うことはできません。田沼の身体から無理やりササメを引きずり出すこともできるという、にゃんこ先生。

 

「ミスズの周囲はにぎやかなものだ」とうらやむササメに、にゃんこ先生は「にぎやかだから満たされているとは限るまい」と答えます。ササメを受け入れた田沼に、ずっと取りつくつもりではなかったササメは、自ら田沼の身体を離れ、木偶人形へと移ります。

 

ミスズと勝負をするササメ。やがて2つの木偶人形は、空高く勝負をしながらササメは山の向こうへと消えていきました。

 

ササメが抜けた後、しばらく体調を崩し寝込んでしまう田沼。やっと具合が良くなった田沼は、ササメが憑依していた間の、曖昧な記憶の中でミスズと知り合ったことを夏目に話します。

 

ミスズが自分ではないものを見ていたことが少し寂しかったこと、それでもミスズと知り合えて楽しかったこと、そして夏目と同じものが見えたことを話します。

 

しかし、今ではもうミスズが見えない田沼は、夏目の後ろにミスズがいることには気がつかないのでした。

夏目友人帳 単行本を無料で読む方法?

ネタバレを読んで、過去の話が気になってきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめました。

もちろん違法ではないですよ!

興味のある方はどうぞー。

夏目友人帳|最新刊23巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険! 人気作品「夏目友人帳」の新刊か、、、 確かに新刊読みたいけど、1回読めば十分だしな。。。 タダで読めないかな。。 ...

 

まとめ

 

以前から夏目と同じ世界を見たいと、願っていた田沼ですが、そんな田沼の身に起こった不思議な出来事でした。