無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

約束のネバーランド|最新話120話ネタバレ(1月28日発売9号ジャンプ)

 

約束のネバーランド 第120話『形のない怪物』ネタバレ

約束のネバーランド 前回のあらすじ

ようやく会う事が出来たと思ったミネルヴァは、死んだと思っていたノーマンであった。

思ってもいなかった再会に、エマは泣きながらノーマンに抱きつきどうして生きているのか尋ねる。

ノーマンは自分だけは別の農園に送られ、そこでまた鬼に飼われていた事を告げる。

そしてエマは一緒に脱獄したGFの仲間たちとここまで増えた仲間たちをノーマンに紹介する。

ノーマンとの再会に喜ぶGFの子供たちと、それを見てよかったと思う他の仲間たち。

そしてノーマンとレイとの再会。

それらが全ておわった後、ノーマンは別の農園に送られてからそこを脱獄し、最後の支援者から情報を受け取りこの集落を作るまでの事を語り出した。

そして更に、「鬼」とは何なのかを語り始めるのだった。

約束のネバーランド 今週のネタバレ


引用:週刊少年ジャンプ9号

◆「鬼」とは

「鬼」は単にそういう怪物じゃないのか?という子供たちに、ノーマンは鬼たちはヒトを食べなければあの姿も形も保てない存在、形のない怪物なのだと語り出します。

最初は「最近」に似た何かでした。
それは主に分裂で数を増やす。増えるのは全て同一個体のコピー。
そんな細菌が、突然変異、そして遺伝子の水平伝播により進化・変容を遂げたのです。

引用:週刊少年ジャンプ9号

「彼ら」は食べたものの遺伝子を取り込み、その形質を受け継ぐようになりました。

虫を食べては虫のような何かに、魚を食べては魚のような何かにと。

そうやって様々な形へと進化していった彼らは、やがてヒトを食べ、ヒトに似た姿と高度な知能、そして言葉や文化を獲得したのです。

そして人間は彼らの最大の好物となり、彼らはみるみる人間を超え人間の天敵となり、人間は彼らを畏れ「鬼」「怪物」「悪魔」「神」と、様々な名で呼びました。

しかし彼らには速すぎる進化の代償として、「食べ続けなければ」形質を保っていられないという欠点があったのです。

鬼が人間を食べるのは、そうしなければあの形も知能も保っていられないから。
一度知った人間の味・知能・形質を欲して、鬼は人間を食べ続けるのです。

◆試験農園Λ7214

ノーマンが語った鬼の正体に、仲間たちは驚いたり納得したり様々な反応を示します。

そして、そんな皆にノーマンは、だから農園を潰せばいずれ鬼は滅ぶと言い切りました。

この1000年、粗悪な量産肉しか食べてこなかった下級の鬼達の形質保持能力は輪をかけて弱まっており、早い個体なら半年もヒトを食べなければ知恵を失い野に返る。

質の悪すぎる量産肉とそれに対する下級鬼の不満は、今や鬼達の社会問題になってるくらいだと語るノーマン。

そのノーマンに、ギルダが全部の農園を潰す事など出来るのかと問いかけます。

ギルダの問いにノーマンは、出来ると言い切りました。

そしてエマに、ザジの力を見た事を確認します。

忍び込んだ農園で、鬼に捕まったエマがどんなに逃れようとしてもその手をふりほどく事が出来なかったというのに、ザジは一撃で三体もの鬼を斬り倒した事をエマは思い出します。

そのザジは、ノーマンとアダムがいたラムダで生まれたのでした。

ノーマンがGFの次に送られた農園・試験農園Λ7214は、鬼の5つの貴族とラートリー家が手を組んでもっと多種多様な高級肉を、もっと質の良い量産肉をと、今鬼が求める人肉をありとあらゆる手立てで手段を選ばず生み出している農園なのでした。

引用:週刊少年ジャンプ9号

◆ノーマンの目的

ラムダで繰り返される投薬と実験・品種改良により、その課程で筋肉や神経、感覚などにおいて異常な発達、変則的成長を見せる個体が予期せず次々と発生しました。

それがザジやアダムたちであり、また驚異的な足の速さを持つハヤトやジンはラムダ系列の新型量産農園の生まれである事をノーマンは説明します。

そしてこの力を鍛えれば鬼にも勝る戦力になると言い、この特別な力を持った「イレギュラー」を獲得する意味でもまず最初にラムダと系列農園から襲ったのだと語ります。

ラムダの檻の中でノーマンはずっとエマならきっと望んだであろう事、みんなで笑って暮らせる未来を、全食用児を救う道の模索をしていたのでした。

そして出したノーマンの結論。
それは人間世界に逃げる事ではなく、未来永劫最も確実に最も安全に全食用児を救える方法。

それは鬼は滅ぼさずに絶滅させる事。

大人になれない世界(ネバーランド)はもう終わり。
鬼世界に全食用児の楽園を築く事でした。


引用:週刊少年ジャンプ9号

そのノーマンの言葉に顔を輝かせる子供達。

しかしエマは複雑な表情を浮かべるのでした。

約束のネバーランド 単行本を無料で読む方法

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

約束のネバーランド|最新刊11巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険! 人気作品「約束のネバーランド」の新刊か、、、 確かに新刊読みたいけど、1回読めば十分だしな。。。 タダで読めないかな。。 ...

 

約束のネバーランド 今週の感想

鬼の正体がわかりました。

ノーマンが送られた農園は何かの実験場なんだろうなと予想がついていたのですが、鬼の生体はちょっと完全に想定外でした。

しかし、最初から鬼がいた訳ではなく、途中から急速に発生したのならば、以前の人間文化の残されたものが色々GFにあったのも納得です。

ですが、ちょっと疑問も起こります。
そんなに定期的に人間を食べ続けていないと今の知能と形態を保てないなら、エマたちがGFから脱獄して直ぐに鬼達から助けてくれたあの人間を食べない鬼達、ムジカとソンジュはどうなってしまうのでしょうか?

気になります。
もし知能がなくなった状態のムジカが再度出てくるなんて事になったら……考えたくないです。

あと、最後のエマの表情も気になりますね。
ノーマンの主張を受け入れている訳ではなさそうな……

エマが何を考えているのか?
そしてレイの考えも気になります。