無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ONE PIECE

ワンピース(ONE PIECE)|最新話925話ネタバレ(11月26日発売52号ジャンプ)

2018年11月26日発売の『週刊少年ジャンプ』52号に連載されている、
「ONE PIECE」の第925話のネタバレです。

 

【前回のあらすじ】

カイドウに敗れたルフィは投獄され、その知らせはワノ国中に広まり、潜入中のルフィの仲間たちも知ることとなりました。
そして投獄されたルフィの隣の檻にいたのは、先に投獄れていたキッドです。
こうしてワノ国の第一幕は降ろされたのでした。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

ワンピース(ONE PIECE)|最新話924話ネタバレ(11月12日発売50号ジャンプ) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2018年11...

 

今週のネタバレ

【モリアの生存】

グランドライン、シッケアール王国跡に、大きな悲鳴が響き渡ります。
それは「ゲッコー・モリアとゾンビ軍団の襲撃事件」という新聞の記事を読んだ、ペローナの喜びの叫びでした。
モリア様が生きてた!と喜び、ペローナは新聞をミホークの目の前に突きつけます。
しかしミホークはあっさりと、今朝読んだと返しました。

何で教えないのか、私の大事件じゃないかと怒るペローナに、しるかとミホークは言います。
ミホークに腹を立てたペローナは、出て行く!と城を飛び出そうとしました。
そんなペローナに、今ここを出るのはいい判断かも知れない、世界会議に妙な議題が出ている、とミホークは言います。

【王の座】

その頃新世界の海賊島「ハチノス」では、モリアが黒ひげを出せと暴れていました。
その様子を見下ろしていたピサロは、モリアが港を全滅させたと報告を受けます。
モリアの目的は黒ひげと、「透明人間」のアブサロムでした。

その時、モリアにアブロサムが声をかけます。
この島は天国だ、連絡を忘れていたと言うアブロサムの言葉にモリアは安堵しました。

しかし次の瞬間、モリアの脇腹と、その近くにいた人々の首が斬られてしまいます。
攻撃の主は、透明になっていた雨のシリュウでした。
モリアはその能力がアブロサムのものであることに気づき、先程現れたアブロサムに、お前は誰だと問います。

その正体は、デボンが化けていたものでした。
黒ひげ海賊団といえば「能力者狩り」が有名であり、アブロサムもまた、その餌食となっていたのです。

そこへモリアに対する、黒ひげの放送が流れました。
モリアは黒ひげに姿を見せるように言いますが、断られます。
そして黒ひげは、モリアに自分の船に乗るよう言いました。
今朝の新聞は読んだか、そう呼びかけます。


引用:週刊少年ジャンプ52号

世界会議4日目にして、「革命軍」の軍隊長たちが「くま」奪還の為、ついに聖地マリージョアで海軍大将「緑牛」「藤虎」とぶつかった。
そして、怪物カイドウの住むワノ国では、話題の麦わらを始め、血の気の多い若者たちが島に集い、それをビッグ・マムが追う。
もう「王」の座をかけた強者共の潰し合いが始まっているのだと、黒ひげは豪快に笑いました。

【第二幕】

こうして、ワノ国第二幕が上がりました。

ワノ国、九里「頭山」では、激しく刀がぶつかる音が響いています。
イヌアラシとアシュラが戦い、それを仲間たちが息を呑んで見ていました。


引用:週刊少年ジャンプ52号

二人がお互いに息を切らして動きを止めたところへ、錦えもんがここまでにしようと声をかけます。

一方、九里の「編笠村」には、一命をとりとめたお玉の姿がありました。
お玉によると、恐くてすぐに気を失ったため、ほとんど覚えていないそうです。
ウマ美ちゃんが必死に戦っていたというお玉の言葉を聞き、敵がそうも忠実な家来になるとはすごい能力だ、と医者は言います。

お玉は自分よりルフィが心配だと言うも、ルフィの回復力は化け物級だし、心も折れることはないから大丈夫!とチョッパーは言いました。
雷ぞうが脱獄の手助けをすると言ってくれたので、任せることにしたそうです。

【更なる悪災】

再び頭山では、お菊がアシュラに見損なったと話しかけていました。
アシュラは、もとより自分たちはこういう関係である、と言います。
自分は光月おでんという男にホレ込み、あの人の為に命を張る「侍」だった。
「光月」という一族に仕えた覚えはない!とアシュラは断言します。

しかし錦えもんは、アシュラの方こそ忘れるな、自分がどういう男であったか、仲間にはしてみせると言いました。
その言葉を聞き、アシュラはそうなったら褒めてやると返します。
光月家の侍達が帰ってきたと、皆が歓喜すると思うな。
お前達は20年間国を捨てていたのだ、そのブランクは戻らない、そう叫んでアシュラは背を向けました。

その頃、ワノ国鬼ヶ島では、九里のアガリが悪いとジャックが怒られていました。
怒っていたのは百獣海賊団の大看板、キングとクイーン、ジャックの兄たちです。
キングはクイーンに、あのガキ共の戦意をへし折るのにどれだけかかってんだと怒鳴るも、黙れ拷問好きの変態野郎と返され、さらに頭に血が上ったようでした。


引用:週刊少年ジャンプ52号

ONE PIECE 無料で単行本を読む方法?

本誌ネタバレを読んで、単行本を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

もちろん違法ではない方法です。

興味のある方はどうぞー。

ワンピース(ONE PIECE)|最新刊90巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!週刊少年ジャンプの大人気作品「ワンピース(ONE PIECE)」の新刊が遂に登場! それを無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

 

【感想】

モリアが生きていたことが分かって喜ぶペローナと、軽くあしらうミホークのやりとりが楽しかったです。
ミホークの言葉通り、世界では様々なことが起こっていました。
黒ひげが言うように、王の座をかけた戦いが始まったのでしょうか。

また、アシュラはすんなり仲間になってくれそうにないので、今後どうなるのか気になります。
そして百獣海賊団にも動きがありそうです。
ワノ国第二幕が始まり、誰がどのように動くのか、次週も目が離せません。