無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ONE PIECE

ワンピース(ONE PIECE)|最新話942話ネタバレ(5月13日発売24号ジャンプ)

2019年5月13日発売の『週刊少年ジャンプ』24号に連載されている、
「ONE PIECE」の第942話のネタバレです。

【ONE PIECE 前回のあらすじ】

九里で放火による山火事が起こり、酒天丸のアジトが焼けました。
これにより酒天丸が首謀者のいる博羅町へと殴り込もうとします。

さらに丑三つ小僧が捕まり、その正体がえびす町のヤスであると判明します。
そしてそのヤスとは、かつて光月家に仕えていた大名、廉イエだったのです。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

ワンピース(ONE PIECE)|最新話941話ネタバレ(4月27日発売22・23号ジャンプ)2019年4月27日発売の『週刊少年ジャンプ』22、23合併号に連載されている、 「ONE PIECE」の第941話のネタバレです。...

【ONE PIECE 今週のネタバレ】


引用:週刊少年ジャンプ24号

【廉イエ】

かつてのワノ国白舞で、廉イエは侍達の士気を高めていました。
その様子をおでんが感心して眺めています。

おでんはこの頃、城を追い出されて廉イエの家に入り浸っていました。
光月スキヤキ亡き後はおでんではなく、廉イエ将軍だとみんな言っている、そう言っておでんは笑います。

しかしそんなおでんを、お前こそが光月家を背負って立つ男なのだと、廉イエは叱りつけました。
海に出てみたい、鎖国なんて窮屈だとおでんは言いますが、身勝手を言うなと廉イエはまた殴ります。

そんな昔を、磔にされた廉イエは思い出していました。
白舞出身だと言う者たちが、廉イエの名前を叫びます。

過去に軍を率いてオロチに盾ついた大罪により、花魁小紫の殉死者として屈辱的な死刑を、と言い渡されました。
続いて彼が丑三つ小僧であると供述したと言われるも、廉イエはそれを否定しました。
あれはどうせ死ぬなら注目を浴びたくて嘘をついた、と言います。

【注目】

その頃花の都の入り口には、えびす町のみんなが廉イエにあわせてくれと押しかけていました。
小紫の葬儀の騒ぎが、すっかり廉イエ処刑への注目に変わっています。

光絵の通信で処刑を見せしめる、オロチの判断が裏目に出たかもしれない、と部下達は話しました。
そんな様子に、将軍は愚かだと廉イエは笑います。

そして廉イエは都を見渡し、絶景かなワノ国!と叫びました。

引用:週刊少年ジャンプ24号

この風景は代々光月家と庶民達で築き上げた我々の誇り。
間違っても貴様の手柄ではない、と廉イエはオロチに向かって言いました。

貴様は広大にあった森や草木も川や郷も、欲深きドロで汚していくだけのただの害虫だ、とオロチを指して言います。
この発言に庶民達もそれ以上は、とあわてました。

しかし皆に謝りたいことがある、と廉イエは続けます。
あの判じ絵の札は、光月の名が死んで20年、もはや仇を討つ兵力もなく無念を思い、自分が作ったのだと言いました。
あれはイタズラだ、と廉イエは笑います。

【笑止千万】

20年前におでんが死に、オロチは残った4人の大名に、黒炭に仕えるか、戦うか問いました。
それに対し、廉イエは笑止千万!と言い捨てます。
おでんに大恩ある貴様が、姑息な計略で奪い取っただけの将軍の座を、誰が認めるかと言いました。

この話を聞いたイヌアラシと錦えもんは、廉イエの意図を察します。

各郷の大名と民は迷わず戦いました。
しかしカイドウにやられ、ワノ国は焼き尽くされたのです。
廉イエは不本意にも一命を取りとめ、えびす町に隠れ棲んでいました。

このまま寿命で死ぬのも無念だからと、今回のような一計を案じたのだと廉イエは詫びました。
そして廉イエはオロチを臆病だと言い、そのせいで月の印の流行り模様のある罪なき者たちを投獄した、と指摘します。

その言葉に牢屋の見張り達は、オロチの思い過ごしでこんなに捕まえてしまったと驚きました。

【笑み】

そこへオロチが駆けつけます。
一言あるかと言われた廉イエは、オロチの心の呪縛を詠んでやろう、と言いました。

器の小さき男には
一生食えぬ「おでん」に候

そう言い、廉イエは笑いました。
そして心の中で、錦えもん達に向けて語りかけました。

お前たちの作戦は今ここで白紙に戻す。
羅刹町に捕まった同志達には、新たな集合地を提示した。
自分の命で出来ることはこれくらいだ、臆病者のオロチが何を叫んでも、もはや兵の耳に届くまい。
廉イエは優しく微笑みました。

そして最後に叫びます。
子供らの目を塞げ。
光月に仕えた最後の大名が、えびす町のお調子者があの世へ参るぞ!
歌ってゆこうか!それが最後の言葉でした。

引用:週刊少年ジャンプ24号

主君の仇を討ち果たせ、吉報をあの世にて待つ。
そう密かに願いながら、四方から銃弾を浴びせられ、廉イエは駆けつけたおトコの目の前で処刑されました。

廉イエが死に、それでもえびす町の人々は笑います。
涙を流しながら、笑い続けました。
おトコでさえも、父が死んだと青ざめながら笑っていました。

その異様な様子は、カイドウとオロチが持ち込んだSMILEのせいでした。
えびす町の人達は、苦しくても悲しくても顔に出せません。
笑顔以外の全ての表情を奪われ、笑う事しかできなくなっていたのです。

引用:週刊少年ジャンプ24号

ONE PIECE 単行本を無料で読む方法?

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

もちろん違法ではない方法ですし、5~6冊は読める方法です。

興味のある方はどうぞー。

ワンピース(ONE PIECE)|最新刊91巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!週刊少年ジャンプの大人気作品「ワンピース(ONE PIECE)」の新刊が遂に登場! それを無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

【ONE PIECE 感想】

ついに廉イエの処刑が実行されてしまいました。
廉イエはえびす町で判じ絵がばれてしまったことを知り、その作戦を無駄にしないためにわざと捕まったのでしょう。

丑三つ小僧の正体が彼だったのかははっきり明かされませんでした。
時刻が合わないと言われていたため、他に丑三つ小僧が存在するのかもしれません。

廉イエはその命を使って、残された者たちがカイドウやオロチを討つために、作戦を守りました。
錦えもん達にはきちんと伝わっています。

まだ作戦は終わっていません。
無事実行できればと思います。

ヤスという名前から、彼が怪しいのではと疑っていましたが、とても偉大な人物でした。
そろそろ、「犯人はヤス」から卒業するべきですかね。

そして、えびす町の皆やおトコが何故笑っているのかも明かされました。
原因はSMILEだったようです。
その詳細も次回追記されるでしょう。
続きを早く読みたいですね!