無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ONE PIECE

ワンピース(ONE PIECE)|最新話955話ネタバレ(9月14日発売42号ジャンプ)

2019年9月14日発売の『週刊少年ジャンプ』42号に連載されている、
「ONE PIECE」の第955話のネタバレです。

【ONE PIECE 前回のあらすじ】

日和は秋水を返してもらう代わりにと、自分がおでんより受け継いだ「閻魔」を渡すとゾロに約束しました。

その頃ローは、ホーキンスから同盟について聞き出していました。
アプーは元々カイドウの傘下であり、自分ははめられたのだとホーキンスは言います。
そして仕方なくカイドウの下についたのでした。

そしてローはそのまま牢屋から出ます。
誰かがローを逃す手伝いをしたようで、その人物の陰謀に乗ってやる、とローは言いました。

錦えもんは各地に、廉イエが判じ絵に線を描き足したことを伝えます。
その内容とは、使用する港の変更でした。

そしてカイドウとビッグ・マムが海賊同盟を結んだことが明らかになりました。
決戦の日は近づいています。

【ONE PIECE 今週のネタバレ】


引用:週刊少年ジャンプ42号

【刀】

おトコのことは心配だけど、戦の前に情は禁物だからと、日和はみんなと会わないことに決めました。
ワノ国をどうかお守りくださいと、日和は頭を下げます。

そんな日和の様子を聞き、錦えもんたちは涙を流しました。
成長した日和の姿に感動したのです。

その時、飛徹は用意ができた、本当にいいのかと河松へ声をかけました。
河松はもう話がついている、と答えます。

そこへお菊がこちらを先に、とルフィから預かった二代鬼徹を渡しました。
兎丼に没収されていたそうです。

【閻魔】

ワノ国の刀鍛冶である飛徹は、20年間、この刀をお2人に返納する日を待っていたと言いました。
おでんのかつての愛刀、天をも切り落とす「天羽々斬」と、地獄の底まで切り伏せる「閻魔」。
いずれも秋水と同じ、大業物21工に位列していました。

引用:週刊少年ジャンプ42号

 

モモの助はまだ預かっていてほしい、と言います。
そして閻魔はゾロに渡されました。
この国で閻魔を手懐けられたのは、後にも先にも光月おでん唯1人だと飛徹は言います。

ゾロが近くの木を試し斬りすることになりました。
すると一振りしただけで、木だけではなく海岸自体が切れてしまったのです。

しかしそれと同時に、刀を握っているゾロの右腕が一瞬で干からびていきました。
ゾロが気合を入れると、腕は元に戻ります。

閻魔は持ち主の流桜を勝手に放出し、必要以上に斬るのでした。
普通の剣士なら今頃干からびて倒れているところです。

どうする、他の刀をやろうかと聞かれたゾロは、この刀を貰うと言いました。
コイツに慣れた時、自分はもっと強くなっているということだろ、とゾロはニヤリと笑います。
それを聞いた河松は、呆れた男だと愉快そうに笑いました。

【3日前】

討ち入りまであと3日となりました。
ロビンの聞いた情報では、百獣海賊団の兵力が約2万人、将軍オロチの行列の人数は約1万人です。
つまり当日鬼ヶ島には、3万人の敵がいることになります。

アシュラ童子は庶民を巻き込まない分、地の利も敵にあると言いました。
対するこちら側の数は今、ざっと4千人です。
全面戦争ではないにせよ、と錦えもんは言葉を濁らせました。

その頃港ではフランキーが多くの船を修理していました。
採掘場ではルフィが技の修行に励んでいます。
ゾロとモモの助もまた、稽古を怠りません。

そして2日前。
チョッパーやルフィたちが合流しました。
それと同時に、味方が200人追加となります。

これで戦力は約4千200人となりました。
そんな中、ローから連絡が来ないことも気がかりでした。

花の都の牢には屈強な侍たちがいます。
しかし捕まっている以上、どうにもなりません。
外に出ることもできず、ただただ悔しさを噛みしめるだけしかできませんでした。

【いざ決戦】

そして決戦前日となりました。
錦えもんたちは先に出発します。
港でまた会おうと、錦えもんとルフィは固く誓って別れました。

この国には無数の煙突があり、その数より多く不幸な労働者がいます。
都や労働者の間で、光月家の者たちの噂が流れていました。

錦えもんたちは歩きます。
20年の時を超え、主君の無念を討ち果たすために。

引用:週刊少年ジャンプ42号

 

そんな中、ゾロの元へ飛徹がやってきて、三代鬼徹が自分の作品だと言いました。
そして閻魔がゾロの手になじむのは、ゾロの持っていた和道一文字と閻魔の生みの親が同じだからだと知らせます。
その男は名工、霜月コウ三郎といい、50年以上前にこの国を違法出国した人物でした。

閻魔はまだ黒刀になっていません。
ゾロ次第で位列もあり得ると飛徹は言いました。

一方オロチは兎丼の異変に気付いていました。
そして判じ絵から、港の変更にも気づいてしまったのです。

こうして各地で動きのある中、いよいよ火祭りが始まったのでした。

ONE PIECE 単行本を無料で読む方法?

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

もちろん違法ではない方法ですし、5~6冊は読める方法です。

興味のある方はどうぞー。

ワンピース(ONE PIECE)|最新刊91巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!週刊少年ジャンプの大人気作品「ワンピース(ONE PIECE)」の新刊が遂に登場! それを無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

【ONE PIECE 感想】

いよいよ決戦が始まろうとしていました。
ワノ国編の2幕も終わり、3幕、もしくは最終幕が次回から開幕です。

心配なのは、オロチの動きです。
オロチは廉イエが書き換えた判じ絵の秘密に気づきました。
日和の無事もバレています。

また、現在の戦力差はかなり大きく、全面戦争に近い状態になった場合、かなり不利です。
それを解消するために、牢の中の侍たちが参戦する流れとなるはずですね。

今回明らかになった、ゾロの持つ刀の秘密。
ゾロのもつ和道一文字は、唯一初めからずっと持っている大切な刀です。
そしてそれはかつての友人、くいなの形見なのです。

ここで気になるのが、その刀の生みの親です。
くいなの父親はコウシロウという名前でした。
コウ三郎と名前が似ている気もします。
もしかするとコウ三郎の息子の可能性もありますね。

まだまだ重要な謎が残っています。
今後それらが明らかになる時が楽しみですね。