無料お試し登録でマンガをタダ読み!
LaLa

斎王子兄弟に困らされるのも悪くない|最新話最終回26話(LaLa1月号)

「斎王子兄弟に困らされるのも悪くない~最終回~26話」

2018「LaLa」1月号 ネタバレ

 

斎王子兄弟に困らされるのも悪くない「最終回」

 

 

2016年に始まった「斎王子兄弟に困らされるのも悪くない」が2019年1月号で最終回を迎えました!

 

両親を失い、その後引き取ってくれた叔母が借金で夜逃げをしてしまい、家を失った佐藤風香。彼女は、仕事をしながら高校へ通うために住み込みの家政婦を始めます。

 

住み込み家政婦を始めた家は、苦手な同級生「斎王子浬」の家でした。

 

斎王子家は長男でフリーのシステムエンジニアの宰、次男で大学生モデルの燈、三男の浬、末っ子の湊の4兄弟です。4人も事故などで親が亡く、今は天才と呼ばれる浬が兄の宰と一緒にフリーのSEとして兄弟の家計を支えています。

 

4兄弟と言っても、宰と燈、浬、湊はそれぞれ親が違うというわけあり兄弟です。

 

風香は浬のクラスの学級委員でもある優等生ですが、学校には、2人が一緒に住んでいることを隠します。風香は兄、燈の恋人という嘘の設定をしたり、そのうち、本当に燈が風香を好きになってしまったり、と4兄弟に振り回される毎日です。

今までのお話

 

風香が無理をして熱を出して倒れた日、風香の様子を見に行った浬は「風邪は人に移すと良いらしいぞ」と、風香にキスをします。「幸せ」とほほ笑む風香に、浬はキュンとなります。

 

しかし、体調が良くなった風香は、そのことを自分が夢て見たことだと思い、ずっと口に出せずにいます。

 

〇燈と浬の確執

 

そんな時、風香は燈と浬がうまくいっていない原因に、浬の母の事故があることを知ります。

 

元々、浬の母と宰・燈の父は再婚同士の夫婦。浬の母は再婚相手で、まだ幼い燈が不安にならないようにと、燈のことを可愛いがります。その後、父が失踪し、家族を支えるために忙しく働く母。

 

母に少しでも楽をしてもらいたい、自分の方も見てもらいたい一心で、宰とともにSEの仕事を始めた浬でした。

 

2人の仕事の報酬が初めて入った日、浬は振り込まれた通帳を見ながら「これだけあったら母さん働かなくて良いよね。仕事辞めたら、母さん時間できるよね。そしたら俺にもちょっとは構ってくれるかな。」と、宰に打ち明けていました。

 

しかし、その日、母は燈を助けて事故で命を落としてしまいました。

 

その後、燈が自分を責めないようにと、仕事を始めた理由を宰と浬は、2人だけの秘密にしていました。しかし、燈と浬がけんかをして浬が部屋に閉じこもってしまったこと、母の日記が見つかったことで、宰は燈に真実を話します。

 

〇思い出の場所

 

浬は、今まで我慢していたことがすべて爆発し、とうとう家を出てしまいました。もう疲れた、帰らないという浬。風香にも「部外者は黙ってろ!」と怒鳴り、電話を切ってしまいます。

 

風香は自分を家族の一員と言ったくせに!と。その言葉を聞いて、宰はみんなで浬を探そうと言い出します。

 

しかし、財力のある浬がどこに行ったのか、まるで見当もつかない、3兄弟と風香。

 

そんな時、風香は日記にあった浬と母親の思い出の場所にいるのではないかと、九州への新幹線に飛び乗ります。無駄かもしれない、いないかもしれないと思っていても、行かずにいられない風香は、高校の授業料のために貯金をしてあったお金をおろします。

 

新幹線とタクシーで、浬が母親と二人、九州旅行で迷子になった教会に向かう風香。夜中の教会の礼拝堂、風香は浬を見つけて、お母さんの日記でこの場所がわかったことを告げます。

 

お母さんの日記は、浬の優秀なところをほめることがたくさん綴られていました。しかし、最後に風香の「浬君、よく頑張りましたね」の言葉に、浬は涙を流します。そんな浬を抱きしめる風香。「これからは私が浬君のお母さんになりますよ。」の言葉に、一気に冷めた顔の浬。

 

そんな二人に、天窓のステンドグラスから朝日が差し込みます。そして、浬は風香に「好きだ」の一言を。

 

風香バースデー

 

「斎王子兄弟に困らされるのも悪くない」も、最終回です。2019年1月号は、表紙と巻頭カラーのダブルカラー。

 

おしゃれをした風香は、浬をデートに誘います。しかし、浬は「断る」と出て行ってしまいます。せっかくおめかしをした風香を、湊がオープンしたばかりの喫茶店に誘います。

〇浬君浮気?

 

湊君と可愛い動物ケーキが美味しい喫茶店でお茶をする風香。湊が席を立った時、喫茶店の向かいの通りに、浬の姿を見かけます。

 

声を掛けようとした風香ですが、浬は2人の同級生で浬に片思いの星鞠果と一緒です。ショックを受ける風香は、自分も湊といると、心を落ち着かせようとしますが、やはり見過ごすことができず、思わず立ち上がります。

 

しかし、風香が通りを渡ったころ、2人の姿はすでにありませんでした。

 

浬が二股をかける人だなんて思っていないです。でも…ともやもやする風香です。

 

〇誤解と涙

 

玄関で、ちょうど帰宅した浬とばったり会った風香は、出かけてたことをごまかす浬に、思わずキレてしまいます。

 

「なに、お前妬いてんの?」とふっと笑う浬に、ますます怒る風香は、「浬君サイテー!」と出て行こうとしてしまいます。

 

腕をつかんで誤解していると、家に引き戻す浬。そして玄関を開けると、宰と燈がクラッカーを鳴らして、「風香ちゃん、お誕生日おめでとう」と、風香を迎え入れました。しかし、泣いている風香に、茫然とする2人。

 

「お前、また佐藤さんに酷い事言ったのか?」と怒る宰は、やっぱりお兄さんですね。

 

そこに、星鞠果から、お誕生日を祝うメールが届きます。

 

「注文していたプレゼント取りに行ったら風香が浮気と勘違いしたんだよ」と、ストレートに説明する浬です。浬が取りに行ったプレゼントは、いったい??

 

風香はすっかり自分の誕生日を忘れていましたが、たしか浬も忘れて、その時は風香が誕生日を計画し、浬が驚いたという過去のお話もありました。

〇みんなのプレゼント

燈は、風香に真っ赤なバラの花束を渡し、風香は単純に喜びます。しかし、その意味を気にする浬は不機嫌になりますが。

 

なんだかんだ言って一番すごいのが、宰のプレゼントです。なんと、食器洗い乾燥機で、その理由が家事の時間を短くして勉強の時間に充ててほしい、です。湊からのプレゼントは、昼に行った喫茶店のクマのケーキでした。

 

〇重い重いプレゼント

 

最後に浬からのプレゼントは、どう見てもジュエリー。みんなが注目をする中、浬がプレゼントしたのは、なんと宝石が散りばめられた指輪でした。ダイヤモンドなら推定50万円くらい?かな。

 

「重い重い重い!!カノジョに贈る初めてのプレゼントは、それじゃない」と、大人の二人は大ショック。しかし、高校生組2人は全く気にしない様子で、浬はさりげなく指輪を風香の左手の薬指にはめます。

 

なんて独占欲なんだ!浬がフラれたらどうしよう!と、心配をする大人2人ですが、風香は「綺麗、小さくて可愛い」と、喜びます。

 

良かった、佐藤さんが物の価値を知らない子で、本当に良かったと安心する宰。え?喜ぶことは、そこ?

〇ずっとずっと

 

ろうそくの火を消しながら、「ずっとずっとこんな日々が続きますように」と願う風香です。

 

夜、縁側で浬から2人で録った写真をもらう風香です。浬に「お前本当、俺が好きだね」と言われ、風香は素直に「大好きです」と答えます。

 

「愛してるよ」という浬は、風香にそっとキスをします。「幸せ」と答える風香に、浬は熱が出たときにも言っていたことを話します。

 

「あれは夢じゃなかったの?」と驚く風香。

 

ちょっと意地悪にまた、キスをする浬。風香は人生は困難がつきものだけど、この人となら、そんな人生も悪くない、と思うのでした。

 

めでたしめでたし!