無料お試し登録でマンガをタダ読み!
スキップビート

スキップビート|最新話265話ネタバレ(11月20日花とゆめ24号)

2018年11月20日発売、花とゆめ24号掲載のスキップ・ビート!265話のネタバレ・感想です。

 

≪前回のあらすじ≫

泥中の蓮での初顔合わせにてオーディションでも披露した刀回しを行うことで、共演者とも打ち解けることができたキョーコですが、別の場所ではモー子が新しい挑戦を師匠・上杉虎鉄に報告しています。

どうやらモー子の新しい挑戦はアメリカに行くようで…

 

≪ACT.265 番狂わせ-2日前- あらすじ≫

泥中の蓮での顔合わせを終え、キョーコは無事現場の方と仲良くやっていけそうな感触を得たようです。

ただ一人主演の古賀を除いて…

キョーコの蓮への好きっぷり(信仰心)が蓮を嫌う古賀に知られてから、敦賀一派に認定され、嫌われてしまった様子です。

ただ、古賀は出会った当初の蓮と似ているので嫌うどころか、仲良くなれそうだと

晩御飯に出た刺身の盛り合わせと菊を食べながら考えていると、キョーコは蓮から渡された菊のピンキーリングを思い出します。

ピンキーリングを渡された際に蓮が言った言葉が仁子から言われた言葉と一緒だったことから蓮の好きな相手は仁子だと決めつけてしまいます。

オーディションが一段落着いたと思ったら、今度は恋のほうで一悶着ありそうです。

今週のネタバレ

≪敦賀一味≫

泥中の蓮の現場から帰宅したキョーコに対しておかみさんから

現場の人たちとうまくやれそうかどうかを聞かれます。

笑顔で「滞りなく!」と答えるキョーコですが、脳内には例外の男・古賀との

やり取りを思い返します。

 

初顔合わせで刀回しを披露した際の刀を用意してくれたのが古賀だったので

共演者と打ち解けられたことにキョーコはお礼を言います。

古賀はお礼なんていいよ、と謙虚そうに言いますが

 


引用:花とゆめ24号

 

「失敗すれば面白いのになあ……って思って」

「イヤミっぽいよねエ 敦賀一味って」

 

蓮を嫌う古賀にとって蓮崇拝者のキョーコにプレッシャーをかけて失敗させる

つもりで刀回しの件を現場の方々に話したのに、普通に成功されてしまい面白くなさそうです。

 

過去に蓮を嫌いだった時期があるだけに気持ちはわかるキョーコですが、

芝居に対して真摯な古賀に対して蓮から嫌がらせをすることはなさそうなことと、

古賀が出会った当初の蓮と嫌味の言い方が似ていることから、

2人は仲よくなれそうと食事をしながら思います。

 

≪ピンキーリング≫

晩御飯の献立はお刺身でその皿の上にはキョーコの好きな菊の花も置いてあります。

菊の花びらをつまみながら思い返すのは、昼に公園で菊の花の指輪を

小指につけてもらった際に教えてもらったピンキーリングの所以。

 


引用:花とゆめ24号

 

オーディションの際に仁子が言っていたことと全く同じだったことから

キョーコは蓮の片思いの相手は仁子だと誤解してしまいます。

 

キョーコは蓮が本命女性にも対象外の女性に対しても同じ行動をすることに呆れつつも

蓮がつけてくれた菊の花の指輪をドライフラワーに加工して保存しようとします。

ドライフラワーにした菊を見た時の笑顔は成功した嬉しさと、蓮のことを思っているのか

とても可愛いです。

 

≪トライアングル≫

菊の加工後、お手伝いのためにおかみさんのところに行くと

おかみさんが尚から預かった伝言を聞きます。

「明日7時に行くから起きて待ってろ」

どうやら尚が仕事でしばらく日本を離れるので、だるまやの瓢箪漬けの追加分を

キョーコから受け取ろうとしているみたいです。

尚のためにわざわざ待つことにキョーコはいら立っています。

 

場所は変わり、社がキョーコへ明日の連絡をメール送信しています。

明日の7時半にキョーコをお迎えに行くという内容です。

ただそのお迎えには蓮も乗り合わせるようで…

≪感想≫

最初キョーコがタッパーと電子レンジ使って何をしているのかわからなかったのですが

ドライフラワーって家簡単に作れる事に驚きです!

蓮からもらった菊のピンキーリングをきれいにとっておこうとしているキョーコの姿は本当に可愛いです!

同時進行で蓮の好きな相手への勘違いも進んではいますが…

キョーコの勘違いが解決するときは蓮がキョーコに想いを伝える時でもあるので

着々と告白フラグが立ってきていると思うとワクワクします!

来週もひと悶着ありそうなので告白は当分先になりそうですね…

≪次回予想≫

朝からキョーコ、蓮、尚(と社)のトライアングル集結で一波乱起こりそうです。

次回の後は尚の出番はしばらくなさそうですが、

キョーコと蓮の間を引っ掻き回すことはしてくれるはずなので、

2人に距離がさらに遠くなるのではないかと思います。

 

次回は2019年1月19日発売の花とゆめ4号から再開です。