無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

食戟のソーマ|最新話第282話ネタバレ考察予想(2018年10月6日発売45号ジャンプ)

2018年10月6日発売の『週刊少年ジャンプ』45号に連載されている、
「食戟のソーマ」の第282話のネタバレです。

 

前回のあらすじ

無事に1学期期末試験を突破した十傑チーム。これから訪れる夏休みの事について語っているその1日前。朝陽に拉致されたえりなは真夜中の料理人(レ・キュイジエニ・ノワール)たちのアジトで朝陽と対峙していた。朝陽の正体を知り警戒するえりなに朝陽は俺と料理勝負をして俺が勝ったら俺の妻になる事を誓ってくれと言う。

ノワール達に食戟をそそのかした理由がえりなを試す為だったと知り怒るえりなはその勝負を快諾。勝負は夏に開かれるTHE BLUEでつけられる事となった。

今週のネタバレ

◆BLUEへの参戦

期末試験の海の家のゴミ出しをしている創真の所に突然城一郎がやって来ました。軽い口調で挨拶をする城一郎の腹に、創真は頭突きを食らわせると、聞きたい事が山程あるんだと怒鳴ります。

特に才波朝陽について知りたがる創真に、城一郎は創真宛ての「BLUE」の出場ノミネート通達書類を差し出します。

引用:週刊少年ジャンプ45号

創真がBLUEに出るだろうとは思っていましたが、まさか城一郎が話を持ってくるとは思いませんでした。浚われて戻ってきたえりなから話を聞き、その流れで創真が出ると言い出すと思っていたのですが……

これは城一郎が朝陽から頼まれたと思っていいのでしょうか?そうなると時期が疑問です。城一郎が朝陽にボロ負けしたのは朝陽が遠月に来るより前の事。でも遠月に来ていた朝陽は最初えりなを普通に口説く予定で、BLUEでの勝負をしようと思ったのはその後でなのに、それから城一郎に渡したのでしょうか?なら城一郎はずっと朝陽とコンタクトがとれる状態で?

それとも、朝陽が城一郎を倒した時に既に創真とBLUEで戦うつもりだったのでしょうか?そうなると、なぜ今まで城一郎が持ってこなかったかが気になります。今後、そのあたりも描かれるのでしょうか?

そして浜辺で、城一郎は鈴木講師が才波朝陽であり、城一郎の弟子であった事を語ります。

城一郎はその事で創真がショックを受けるかと思っていたようですが、創真は逆に朝陽に対するリベンジが出来、えりなともタイマン勝負が出来ると喜びます。

ありがたく書類を受け取ろうとする創真に、城一郎は渡す前にひとつ質問があると言いました。創真が遠月に入って1年と少々経ったが、お前はまだ、食事処ゆきひらを継ぎたいと思っているか?と。

引用:週刊少年ジャンプ45号

◆世界で1番の場所

お前は遠月で生き残るどころか自分でも獲れなかった第一席になった。実質親父越えは成った。だから無理に定食屋を継がなくてもいい。お前は自分のやりたいようにしろ。

そう言う城一郎に、中学を卒業したら実家で修行しまくるつもりだったのに遠月に入れと言い出したのは城一郎だろうと創真は反発します。

って、待って下さい。確か城一郎が一席になれなかったのはあまりにも破天荒な素行の悪さのせいであって、実力は誰もが認める1番であったとかつて堂島が語っていた気がするのですが……果たしてそれは親父を越えたって事になるのでしょうか?ならない気がするのですが?

すると城一郎は、創真を遠月に入れたのは仙左衛門に言われたからであって、自分は創真を遠月に入れるつもりはなかった。料理人として高みを目指し続けるのは楽で楽しい事ばかりではないからと。

城一郎の言葉にツッコミを入れた直後にこの言葉がくるのが卑怯です。かつて闇落ちした城一郎が言うととても説得力があって……多分父親として創真に辛い経験をして欲しくないという親心なのでしょう。この言葉に、反発していた創真が神妙な表情で黙ってしまうのがまた印象的です。

けれどお前は予想を超えて十傑のトップになった。将来望めば世界中何処だって皿を出せる。BLUEに出て結果を残せばもっと大きな輝かしい舞台が待っている。だからゆきひらなんてちっぽけな場所に収まんなくてもいいんだぜ。

しみじみと言う城太郎。そんな城太郎を「何つった親父このやろう!」と怒鳴りつけます。そして、BLUEで優勝出来なければ俺はゆきひらを継がないと宣言します。

引用:週刊少年ジャンプ45号

自分にとってゆきひらは勝負から逃げてノホホンと隠居していい場所ではない。自分にとってのゆきひらは世界で1番の看板だ。だったらそれを継ぐ自分も世界一でないと役者が足りないからと腕を組み得意げに言う創真に、城一郎は口元を弛めるといつもの調子に戻り、それでこそ幸平家の長男坊だぜと言って創真の背を叩き頭をぐしゃぐしゃします。

そして懐かしい人に語りかけます。

引用:週刊少年ジャンプ45号

そして創真高校2年の夏休み、創真にとって最も熾烈で危険な戦いの日々、最凶最悪の料理人バトルロイヤルが始動するのでした。

今週の感想

城一郎と創真の、これまで互いに表してこなかった本心を語り合うとてもいい回でした。

この2人、これまでは口喧嘩しながら料理対決をしているか、城一郎が創真をおちょくっているかという感じでこんな風に話す事なんてあまりなかったと思うので。創真がゆきひらをどう思っているかを知って、創真の母に語り掛ける城太郎もよかったです。いつか城太郎と創真の母親とのエピソードも読んでみたいです。

しかし結局この段階になっても誰もえりなの誘拐に気がついてないのが恐ろしい。まさかこのまま誰一人えりなの誘拐を知らないままBLUEに突入するとか……ないですよね?えりな、仮にも遠月のトップなのになぜこんな扱いに……誰か早くえりなに気付いてあげて……

そして来週からBLUE編が始まる訳ですが、どんな新たな敵が出てくるか、そしてこれまでの仲間たちの出番はあるのか、色んな意味で楽しみです!