無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

食戟のソーマ|最新話第283話ネタバレ考察予想(2018年10月15日発売46号ジャンプ)

 

食戟のソーマ 283回 「狙う者、狙われる者」ネタバレ

前回のあらすじ

期末試験が行われていた海の家にやってきた城一郎は創真にBLUEの出場ノミネート通達書類を渡す。そして鈴木として遠月に潜り込んでいたのは自分の弟子であった才波朝陽である事を明かした。

そして互いの本音を語り合う。もうゆきひらを継がなくてもいいと言う城一郎に、創真は自分にとってゆきひらは世界で1番の看板だから、BLUEで優勝出来なければゆきひらは継がないと宣言する。

そしてBLUEが開催される。

今週のネタバレ

◆集結

世界若手料理人選手権大会「THE BLUE」開催当日。会場である都内某所の城に創真、タクミ、田所の3人がやってきました。創真だけではなく、タクミと田所にもBLUEからの招待状が届いたようです。

会場にはミラノの二つ星で働いているシェフや上海の美食コンペを総なめにした料理人等、有名なシェフたちが集まっていました。その中で朗らかに緊張している田所。そこに、ノワールたちがやってきます。

引用:週刊少年ジャンプ46号

創真たちは、ノワールたちが放つオーラがこれまで出会ったノワールたちとは違うオーラを感じました。

◆BLUEルール解説

皆が集まったところに、オーロラビジョンにかつて連帯食戟の審査員だったアンが映ります。BLUEの主催はアンが所属するWGOのようです。そしてそこのトップ、WGOの全執行官を統括する最高責任者『特等執行官(ブックマスター)』がコンクールの概要の説明を始めます。

引用:週刊少年ジャンプ46号

城には第一の門・第二の門・第三の門があり、それぞれの門前で立ちはだかる料理試練を突破し、天守閣での優勝決定戦で勝利した者が最終優勝者となるようです。

◆朝陽との再会

その説明が終わった頃、朝陽がやって来ました。

引用:週刊少年ジャンプ46号

朝陽の名は皆に知られているらしく、皆、遠巻きに朝陽を見詰めます。そんな中、ただひとり創真は朝陽の前に立ち塞がり、リベンジを宣言します。しかし朝陽は欠伸しながら創真を素通りし第一の門を通り抜けようとします。

驚く創真に朝陽は、出場者たち全員分の過去の実績はすべて調査され、その実績の質や数が優れている者にはシード権が与えられており、自分は第三の門までフリーパスだと告げました。

そして今ここにいるのは、出場者たちの中でも最底辺の者たちであるとも。

引用:週刊少年ジャンプ46号

そして自分にリベンジをしたいなら天守閣まで来いと言い残しながら城の方に行き、姿を消しました。創真は朝陽が消えた方に向かい、お前を倒すのはこの俺だ!と言います。

そしてBLUE開幕の宣言と共に、第一の門の試験内容が告げられるのでした。

今週の感想

世界大会だからどこか外国に行くのかと思いきや、今年は日本の、しかも都内での開催のようです。そしてなんと!創真だけでなくタクミや田所ちゃんまで……いや、待って下さい?別に田所ちゃんをけなす訳ではありませんが、だったら葉山とか黒木場とかアリスとかが出てもおかしくないのではないでしょうか?一色先輩とか……ほら、一応十傑の中では田所ちゃんより上のランクで実績もある訳だし……

と思っていたら、いきなりのアンの登場でちょっと納得がいきました。あ、この人、薊のセントラル騒動での連帯食戟の審査員だった人だ……つまりアンの見た、連帯食戟で活躍した生徒がイコール遠月の優秀選手と認識されたという事ですね。って……あれ?でもそしたらやっぱり一色せんぱ………………久我せ………………

いやいやいやいや、深く考えてはダメですよね。数々のおはだけやおさずけも、考えるんじゃない!感じるんだ!で楽しんでいるのですから。

そして朝陽の正体を知った創真と、もう優しい講師の仮面を被る事を止めた朝陽が再会し、創真が朝陽に向かいリベンジ宣言をするのですが……この会話。どうやら本当に、えりなの誘拐の事を創真たちは知らないようですね。

朝陽に出されたBLUEに負けたら結婚という条件はえりなの性格からして他の生徒たちには公言しないとは思うのですが、まさか誘拐そのものの存在を知らせないとは……と言いますか、本当に、なんで騒ぎになってないのでしょうか?えりな誘拐と結婚の話を聞いて、えりなに対する自覚が創真に訪れる事を期待していたのですが、どうやら天守閣まで持ち越しのようです。

来週からは第一の門での試験が開始されます。創真、タクミ、田所のそれぞれの戦いが楽しみです。