無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

食戟のソーマ|最新話286話ネタバレ(11月5日発売49号ジャンプ)

食戟のソーマ 286 『料理人の価値』ネタバレ

前回のあらすじ

創真たちのグループのお題、入院中の老人に出す「最後の晩餐」が気に入らない創真は、
老人・時山に食事処ゆきひらの裏メニューの「お通し」であるあんきもなかを作る。

そしてこれまではノワールたちの作るメインの全力の料理のみに合格を与えてきた時山に、「最後の」晩餐とは何かと創真は怒り出す。料理とはどこまでも広がる荒野を探求し続けるようなもの。

たとえ自分で料理が出来なくなったとしても、味わう事が出来る限り探求は終わらない。だからいつかいよいよダメだとなった時に自分が出す料理だけが「最後の晩餐」だから、今はそれに繋がる「さいしょの一皿」を。

そう語る創真に時山は合格を言い渡す。そしてもう料理を作る事が出来なくなった自分に価値はないと、この大会の審査がおわったら自ら命を絶とうと思っていたが中止し、これからも無限の荒野をさまよう事にしたのだった。

今週のネタバレ

◆仲間たちの結果

第一の門の試練を乗り越えた創真は、第一の門の試練は変なお題だったな~と思います。そこへたくさんの子供を連れたタクミがやって来ました。一体何でこんな事にと問う創真に、タクミは自分が受けた試験はアレルギーの原因となる食材は一切使えない「乳幼児に出す離乳食」というお題だったと答えます。

そして今度はたくさんの犬を連れた田所がやって来ました。田所のグループのお題は「飼い主と犬が一緒に楽しめる食事プラン」というものだったようで、自分以外のところもだいぶ変なお題だったと創真は思います。

タクミもまた、それぞれに出されたお題に、今年のBLUEはお題から常軌を逸している、おかしいと言い切ります。その時、第一の門が開かれ合格者たちは奥へと進みます。

◆第二の門のお題

合格者たちが城の道なりに進むと、そこには煌々と明かりがついたコンビニがありました。アンの解説によれば、このコンビニはわざわざこの試練の為に作られたようです。つまり第二の門のお題はコンビニのようです。

アンからコンビニの説明があった後、若い女性がコンビニの前にやって来ました。彼女はWGO二等執行官のランタービ。第二の試練の審査員です。


引用:週刊少年ジャンプ49号

そしてランタービから、第二の門の試練の内容が語られます。

試験内容はコンビニの多種多様な商品を使い調理をしてランタービに味わわせる事。ただしその時にランタービに100ドル以上の価値がある一品だと認めさせる事。チャンスは一人3回まで。制限時間は90分との事です。

そのお題に料理人たちは戸惑います。コンビニには基本となる調味料や小麦‥はあるが、当然フォアグラもトリュフも熟成した肉もジビエもない。普段の仕事で取り扱ってる高級食材なんてひとつもない。

売ってるものの原価などせいぜい数十円。なのに求められているものは100ドル(1万円以上)。100倍以上の差額を出さなければいけない事実に、身動きがとれません。

創真たち3人も、まだコンビニに入れずにいました。単純に調理しただけではとても無理な課題。審査員たちが試したい事はどうやらもっと「先」の所にあるようだ……と語り合います。


引用:週刊少年ジャンプ49号

◆司との再会

そこへ、第一の門での試練を免除された料理人たちがやって来ました。第一の門の試練を受けた創真たちより実績が上だと判断された料理人たちです。創真はその料理人たちの威圧感を感じていましたが、ふと、その中に見知った顔があるのに気付きました。

元第一席の司です。司も創真たちの姿を見て、安心したように駆け寄って来ます。人見知りが激しい司は、有名な料理人たちに囲まれ委縮し続けていたようです。


引用:週刊少年ジャンプ49号

そんな大勢の前で料理するのが苦手なのによくこの大会に出ると決意したんですねと創真が司に言うと、司は自分でもそう思うと言いながらも、星空に高く手を伸ばし自信に満ちた顔で「不思議と負ける気がしないんだよ」と語りました。この数か月で少し強くなれたのかもしれない、と。

そして今度は司が創真に、天守閣まで勝ち残るつもりなら、100ドルなんて当然、それ以上の評価を獲れなければ届かないと言います。そして続けて、創真にどっちの皿がより荒稼ぎ出来るかの競争を提案してきました。

司の申し出を創真は、当然受け入れるのでした。

食戟のソーマ単行本を無料で読む方法?

ネタバレでテンションが上がったそこのあなた。

単行本で過去の話を読んでみたくなりませんか?

下記の記事で、単行本を何冊か無料で読む方法を解説しています。

おそらく5~6冊は読めるのではないでしょうか。

興味のある方はどうぞー。

食戟(しょくげき)のソーマ最新刊31巻を無料で読む方法!発売日はいつ?こんにちは。 今日も猫が大好きな kage(@cat_kagelife)です! 記事をお読みいただきありがとうございます。...

 

今週の感想

やはり創真だけでなくタクミも田所も第一の門は突破していました。しかし、田所のグループのお題も微妙でしたが、タクミのグループのお題は……かなり無理がありませんかね?

乳幼児とは……乳児と幼児を合わせた呼び名。乳児は児童福祉法では、生後0日から満1歳未満までの子をいい、幼児は、満1歳から小学校就学までの子供のことをいう(Wikipediaより)という事ですが、そもそも乳児にこの審査は明らかに出来なくないですか?食事のメインは母乳かミルクで、離乳食始まっていても味付けはかなり薄くしないといけないし……何より合格とか不合格の概念はまだ理解出来ないしそもそもまだ言葉を話せないし!

かといって幼児は幼児で合格・不合格の意味もなんとなく理解し、それを言えるくらいの年齢になったら、その子たちが食べるのはもう「離乳食」ではなく普通の料理だろうし……

一体どんな料理が出され、どうやって合格したのか、タクミのグループの様子が気になり過ぎます。

そして、えりなや朝陽の他にもシードされてる中にこれまでの登場人物がいるかもとは思っていましたが、ここで司先輩の登場です。しかし相変わらず、黙って立っていればカッコいいのに、素に戻った瞬間になるオロオロさのギャップが凄いです。しかしそんな司も、自分の強さを語れるようになって良かったです。薊編の最後の方は不安気な、自信なさ気な表情が多かったので特にそう思います。

来週はそんな中での第二の門のお題。コンビニで材料調達というところが、大衆食堂系で色んなお菓子やらつまみやらを利用して料理を作る事が多い創真にとって有利に働く気がします。しかし創真も司もどんな料理を出してくるのか全く予想がつきません。今度はどんな理屈でどんな料理を出してくるのか、今から楽しみです。