無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

高嶺と花|最新話最終回101話ネタバレ(7月20日発売花とゆめ16号)

高嶺と花第101話 最終回

【前回のあらすじ】

いよいよ花と高嶺の入籍発表の場がもうけられました。

敵対していた氷冴世らの協力もあり、マスコミに圧力をかける鷹羽家。

花は堂々と自分の意志でここに立っているのだと宣言します。

賛否両論でしたが、無事、入籍発表会は終わりを迎えたのでした

 

【101話のネタバレ】

===================

2020年7月20日発売の花とゆめ16号に掲載「高嶺と花  101話」のネタバレ・感想です。

===================


引用:花とゆめ16号

【結婚式の日を迎えた二人】

入籍を発表した日からおよそ半年。

高嶺のサポートもあり、無事花は大学に合格しました。

そして迎えた卒業式の日。

 

サッカーのプロデビューを控えたおかモンはすっかり人気者になっており、話しかけるのも一苦労です。

屋上で二人きりになった花。

さみしくなると口にするとおかモンは友達でいいよと言ってくれます。

拳を突き合わせる花とおかモン。

 

卒業式から数週間後、高嶺はタキシードを着て馬に乗っていました。


引用:花とゆめ16号

 

結婚式の当日だというのにイライラしている高嶺。

式のプランを決めるのに、花と揉め、ウェディングドレス選びに参加させてもらえなかったのでした。

 

そんな高嶺の様子を見ていた十和子はあの子はもう一人じゃないのねと感慨深く呟きます。

そこに義父である会長がやって来ました。

 

喪失感から仕事に逃げてしまった、申し訳なかったと謝る会長。

父親失格だなと言う会長に私も母親失格ですからと答える十和子。

ずっとお会いしたかったと微笑みます。

 

【誓いを断る花】

大海が花の着替えが終わったと高嶺に知らせます。

ぶつくさと文句を言う高嶺でしたが、ドレス姿の花を見るとズキュンと胸を射抜かれ言葉を失ってしまいます。


引用:花とゆめ16号

 

どうだと問われてあくまで普通だと答える高嶺。

花は素直になれない高嶺に怒ります。

根負けした高嶺は最高にイケてる!と頬を赤らめ宣言します。

 

花の父親は既に泣いてしまっていました。

高嶺が花に差し出したブーケはやはり赤い薔薇でした。

 

そして始まった結婚式。

花は思います。10歳の年の差はうまらない、だからこそ、これから過ごす時間を楽しんでいきましょうと。

 

ルチアーノの司会で誓いの言葉をうながされた高嶺は毎日プレゼントを受け取れ、1日3回愛を伝えろ、米は高い物を買えなど、今の生活の愚痴を誓わせようとします。

誓いませんと断る花。

 

花はこれからも末永くそうやってバカみたいなことを言って楽しく過ごすって誓って下さいと返します。

そんなんでいいのかと高嶺は誓いました。

【誓いのキスは】

そして結婚指輪の交換に入りますが、高嶺が用意したのは途轍もなく大きな宝石がついた結婚指輪でした。

あまりの非常識さに喧嘩になってしまう二人。

 

最後は誓いのキスでしたが、二人はツーンとしてしまいます。

 

怒った顔も笑った顔も全部あたしのものだと高嶺を引き寄せ、初めてキスした日と同じようにキスする花。

引用:花とゆめ16号

 

不意をつかれた高嶺はすっかり赤くなってしまいます。

そして会場は笑いに包まれたのでした。

【感想】

月日は流れ、花も高校を卒業し、結婚式の日がやってきました。

花にすっかり翻弄される高嶺はこれからも尻にひかれるのが目に見えます。

喧嘩もする結婚式でしたが、二人らしい良い結婚式でした。

9月18日に描き下ろし後日談小冊子付き限定版の最終巻が発売になります。

こちらも楽しみです。