無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

高嶺と花|最新話75話ネタバレ(11月20日発売花とゆめ24号)

高嶺と花 2018「花とゆめ」24号第75話 ネタバレ

 

いよいよクライマックス?お見合い続行物語「高嶺と花」

 

 

美人で清楚な百貨店の受付嬢の野々村縁(ゆかり)は父野々村茂の会社の親会社のさらに親会社である大財閥・鷹羽グループの会長鷹羽蒼天に気に入られ、孫の高嶺と見合いをすることになります。

 

彼氏と出かけるために、お見合いに出たくない縁。

 

しかし、父親の手前断ることができず、妹の花を代役にします。

 

美人で清楚な姉とは違い、はっきりと思いを口にする花は、断られるつもりの相手、才原高嶺になぜか気に入られてしまいます。高嶺はイケメンだけど、自己中で世間知らずな残念イケメン。

 

年の差10歳の高嶺と花は見合い関係という奇妙な関係を続けつつ、いつの間にか互いを思いあうようになっていました。

 

姉は彼と別れ、イケメンの高嶺にちょっかいを出しつつも、2人を応援しています。

 

今までのお話

 

帝大卒、アメリカのMBAを取得し、真面目な敏腕ビジネスマンの高嶺。彼はただの御曹司ではなく、鷹羽グループで経営企画部部長という肩書を持つ、将来の幹部候補です。

 

そんな高嶺があまりにも世間を知らないことと、見合い相手の本当の力を見出したいと、蒼天は、高嶺から何もかも奪い、孫会社で茂がいる会社へと左遷してしまいます。

 

貧しい中で落ち込む高嶺でしたが、世間知らずの高嶺にカップ麺の作り方を教えるなど、花のいつもと変わらない、元気で平気で高値で遊ぶ態度に、いつの間にか力をもらいます。

 

花に力をもらった高嶺は、茂の会社の業績を大々的にアップ。すべての実績を引っ提げて、鷹羽グループの本来の部署に返り咲きます。

 

高嶺と花の関係を知り、「社会人が高校生と交際をしているなんて出世の邪魔」と、花を引きはがそうとした高嶺の側近、霧ヶ崎 瑛二も、2人を応援する側に回ります。

 

一方、花の幼なじみでサッカー部のおかモンこと岡本颯馬は、花に対する自分の思いを高嶺に知られてしまいます。

 

その後、なかなかお見合いが進展しないことにイラついた蒼天のわけのわからない企てで、大きなお屋敷に住むことになる野々村家。

 

そこには高嶺の姿が。同じ家になぜか高嶺も暮らすことになり、1階と2階に分かれた共同生活が始まります。

 

 

〇高嶺、ヘリから正座で落ちる?

 

鷹羽グループの懇談会のために、高嶺の従兄八雲がアメリカから帰国します。高嶺の存在を煙たく感じている八雲。

 

八雲は、高嶺の見合い相手が姉の縁ではなく花であるという知り、高嶺の弱みを握ります。そして、花は八雲の手に捕らえられてしまいます。

 

高嶺は花を助けるために、ヘリコプターで駆け付け、八雲の屋敷の庭に正座でそのまま飛び降ります。そして、花を返してほしいと土下座!八雲はあきれるほどの高嶺の一途さに花を返しますが、正座で飛び降りた衝撃で高嶺は大怪我をしてしまいます。

 

〇野々村父激怒!

 

病院に搬送される高嶺。高嶺は足を複雑骨折し、入院先のベッドの上で朦朧としています。

 

今回の一件で、自分の花に対する気持ちに答えが出た高嶺は、野々村家がそろう前で花に告白します。

 

今までは高嶺を、半分くらいは娘を玉の輿にできるかな、くらいに考えていた茂ですが、いきなりの高嶺の態度に…。しかも茂を「お義父さん」と呼んでしまったため、茂は「お義父さんと呼ばれる筋合いはない!」と大激怒。

 

さらに今回の事件のことを気にして、高嶺は花たち野々村家に超強力ボディーガードの皆さんを付けることにします。

 

花は花で、あまりに極端に気持ちをストレートにぶつけ始めた高嶺に、混乱状態になり、おかモンと交際をしていることにしたいと言い出すしまつ。そんな花におかモンは自分の気持ちを告げます。

 

花もやっと素直になれて、高嶺に自分の気持ちを告白をします。そんな2人の姿を野々村ファミリーは影からこっそりのぞくのでした。

 

 

第75話 ネタバレ

 

 

現在、野々村家と高嶺は沖縄ツアーの真っ最中です。

 

告白をして両想いになり、野々村家の人たち公認になりました。2人の中は進展するのかな?と思いきや、あまり変わりのない日常が続きます。

 

 

〇ビバ!沖縄

 

大型連休、沖縄ツアーに行くはずだった友人が急に行くことができなくなり、野々村家がその代わりに行くことになります。ツアーのメンバーに空きも出て、高嶺も一緒に行くことができるようになり、一家4人+1名のどきどきワクワクの2泊3日の旅行が始まります。

 

周囲の人に変な目で見られないようにと、ツアーの人の前で、高嶺は縁の夫で、花は縁の妹という演技をします。

 

妹という立場は演技ではありませんが。

 

ツアーのバスでも、高嶺の隣は縁、という姿でもいつもと同じ花ですが、集団行動が苦手な高嶺はだんだん顔が険しくなっています。

 

〇沖縄旅行2日目

 

朝のバイキングに元気な花、一方、茂のいびきとなれない固いベッドに眠れなかった高嶺はグロッキー気味です。

 

ツアー2日目は水族館&クルーズとダイビングです。

 

朝ごはんが食べられない高嶺に、味噌汁と梅干を差し出す花の姿に、周囲は「妹さんとの方が仲がいいよね」とひそひそ声です。

 

水族館ではしゃぐ花はできるだけ怪しまれないように、茂と一緒にはしゃぎます。

 

小さいサメなら家で飼える、フグは旨いと思ってもかわいいと思ったことはない、とセレブ発言を繰り出す高嶺です。

 

しかし、ナマコだけは、以前花に…というトラウマから苦手な高嶺。そんな高嶺に「ヒトデはどうですか?同じスター性を持つもの同士、気が合うかもしれませんよ」と花がよいしょします。

 

花の言葉に、単純な高嶺は少しテンションを上げます。

 

楽しく幸せな時間を共有する2人。水族館の大型ケースの前で人除けといって、小さな花を自分の前に立たせて、周囲から見せないように後ろに立つ高嶺の姿は、まさに忍恋?といった、知らない人が見たら不倫関係?の2人です。

 

 

〇クルーズ中のハプニング

 

船の中から外の天気が気になるツアー客たちです。

 

その中で子どもの姿が見えないという母親の話に、花は一緒に子ども「すず」を探します。

 

子どもは船の柵に座って、今にも落ちそうです。花は、子どもを抱いて何があったかを尋ねると、海にしーさの人形を落としてしまったことを知ります。

 

船の中で昼寝をしていた高嶺ですが、突如、虫の知らせか起き上がり、船の外に出ます。

高嶺の目の前で、花は、海へとぽちゃん?

 

驚くすず。慌てて救命用の浮き輪をもって高嶺も花のいる海へダイブします。

 

「母親」に知らせろ!と叫びながら。

 

〇ダイビング&リラックス

 

海に放り出された2人の上にスコールが降り注ぎます。だんだんネガティブになる2人ですが、気持ちが落ち込むとさらに危険と、高嶺が花を励まします。

 

持ち前のポジティブで浮き輪につかまる高嶺と花は、浮き輪と海を「ウォーターベッド」水の中で揺られることを「ダイビング」と前向きに考えます。

 

そんな2人の目の前に大きなクジラがダイブします。

 

前向きな気分がさらに前向きになる2人の目の前に、島が見えてきます。

 

まとめ

 

遭難してしまった高嶺と花ですが、さすがたくましい2人。

 

無事島にたどり着いて、さあこれからどうなるのでしょうか。