無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

新テニスの王子様|最新話251話252話253話ネタバレ(12月4日発売ジャンプスクエア1月号)

2018年12月4日発売のジャンプスクエア1月号に連載されている『新テニスの王子様』251話,252話,253話のネタバレです。

ネタバレに入る前に、前回の内容を軽く振り返ってみましょう。

【前回のあらすじ】

桜乃に一目ぼれしたプランツ王子が、どちらが桜乃にふさわしいか決めるため、リョーマに馬上テニスを申し込みました。
リョーマは三船コーチから黒い馬、すみれ号を借り受け戦いに挑みます。

馬上テニスが初めてのリョーマは最初こそ苦戦しましたが、すぐにコツを掴み対等に戦い始めます。
ただ馬上テニスに慣れ親しんでいる様子のプランツは、余裕でリョーマの頭上を越えるロブを上げ点を狙います。

リョーマはそのロブボールに対し、すみれ号の背を足場にジャンプして手を伸ばします。
そしてCOLLドライブを打ち込みました。

COLLドライブは決まります。
しかしリョーマが着地したのはすみれ号の上ではなく、地面でした。

こうして馬上テニスは引き分けに終わります。
くしくもプランツとリョーマはフランスVS日本のシングルス3で対戦する運命で、勝敗はそこで決めることになりました。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

新テニスの王子様|最新話第248,249,250話ネタバレ(11月2日発売ジャンプスクエア12月号)2018年11月2日発売のジャンプスクエア12月号に連載再開の『新テニスの王子様』第248、249、250話のネタバレです。 【前回の...

 

【最新話:251~253話のネタバレ】

フランスVS日本のシングルス3がいよいよ行われます。
出場選手は、前回馬上テニスで引き分けたリョーマとプランツです。

プランツは全てを1球で決めることから、『エースの王子様』と呼ばれています。
その名の通り、リョーマは最初のゲームを90秒で取られてしまいます。

食らいつくリョーマでしたが、2ゲーム目も90秒で取られてしまいます。
ここまですべてエースです。

リョーマは流れを変えようと『百錬自得の極み』を使ったり、右手に持ち替えツイストサーブを使います。
ですが効果はなく、一瞬で5ゲームを失ってしまいます。

一方的にやられるリョーマに、三船コーチが秘策を耳打ちをしました。
そしてリョーマは奥の手、『光る打球』を打ち込みます。


引用:ジャンプスクエア1月号

【プリンスオブエース】

馬上テニスを終え、リョーマはコートに姿を現します。
この試合で決着をつけろとベンチの三船コーチに言われ、リョーマはテニスで負けるつもり無いんでと笑みを浮かべました。

ネットの前で、プランツとリョーマは言葉を交わします。
桜乃のことばかり頭の中にあるプランツに、リョーマは少々ペースを乱され気味です。

審判のコールがあり試合開始、サービスはリョーマからです。
パワーの増したリョーマのサーブは、相手コートのセンターライン上に突き刺さります。

プランツはそれを余裕で返球し、リターンエースになります。

「ふーんやるじゃん」

余裕を見せるリョーマは、次のサーブをワイドへ、ボールには逃げるスライス回転をかけて打ち込みます。
しかしそれも、リターンエースを決められてしまいます。

そのあともすべてリターンエースで、ポイントはあっという間に0-40になります。
プランツは幼いころから馬の上でテニスをしてきたようです。

バランスの悪い馬上でテニスをすることで、プランツはどんな態勢でも決して崩れずハードヒットできる体幹を手に入れました。
だから全てを1球で決めることができるのです。

そんなプランツについた名前が、『エースの王子様』です。
結局リョーマは第1ゲームをたった90秒で落としてしまいました。

【最短試合】

第2ゲームが始まりレシーブ側となったリョーマは、借りを返そうとリターンエースを狙います。
しかし渾身のレシーブもプランツには効かず、またもや点を取られてしまいます。

しかもリョーマの負けん気が頭にきたらしく、プランツは本気を出し始めます。
それからはすべてサービスエースで、リョーマは第2ゲームも90秒で落としてしまいます。

第3ゲームに入り、再びサーブはリョーマになります。
流れを変えるべくリョーマはサーブ&ボレーを試みますが、またしてもプランツのリターンエース。

少しでもサイドを狙うとエースで返してくるプランツに、リョーマは手も足も出ません。
ポイントは一瞬で0-30になります。

どうにかしようとリョーマは『百錬自得の極み』を発動しますが、意味を成しません。

「面白い・・・そうだ足掻け足掻け!」

プランツは余裕です。
ここでリョーマは、ラケットを右に持ち替えます。

そしてツイストサーブを叩き込みました。
激しい回転を加えられたボールは、バウンド後にプランツに襲い掛かります。

しかしこれもリターンエースを決められてしまいました。
この時点でリョーマは、ゲームカウント0-5で負けています。

【打開策なき道】

ベンチで休憩するリョーマに、万策尽きたようだなと三船コーチがやってきます。

「誰が? まだまだ試合はこれからだよ」

軽口で返すリョーマですが、その表情には余裕がないように見えます。
そんなリョーマに、三船コーチは何かを耳打ちします。


引用:ジャンプスクエア1月号

第2セット、プランツのサーブから始まります。
リョーマはレシーブを、コートのど真ん中に返します。

これまでと変わらず、プランツはエースを狙います。
しかしここにきてとうとう、リョーマはプランツのボールを返すことに成功します。

さらにリョーマは、ボールをすべて相手コートの真ん中に集めることで、プランツのエースを封じます。
とはいえリョーマは真ん中に返すことに精いっぱいで、得点を得ることができません。

プランツはリョーマを左右に揺さぶります。
真ん中にしか返すことができないリョーマは、圧倒的に不利です。

ただリョーマは、何も考えずにそんなことをしていたわけではなかったようです。

「球速落ちたよ王子さん」

プランツの一瞬の隙を突き、リョーマは攻撃を仕掛けます。
リョーマの頭にあるのは、三船コーチから耳打ちされた言葉です。

「キサマは平等院に何を教わった!!」

そしてリョーマの右手が発光し始めます。


引用:ジャンプスクエア1月号

リョーマが放ったのは、光る打球。
その球は、平等院の光る球と似て非なるもののようです。

 

単行本の新刊を無料で見る方法?

新テニスの王子様 単行本の最新刊を無料で見る方法を下記記事で解説しています。

気になる方はぜひコチラもどうぞ。

新テニスの王子様|最新刊や既刊を無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険! 人気作品「新テニスの王子様」の新刊か、、、 確かに新刊読みたいけど、1回読めば十分だしな。。。 タダで読めないかな。。 ...

 

【第251~253話の感想】

一挙3話掲載ということで、読み応え抜群でした!
とうとうシングルス3が始まりましたが、まさかリョーマがここまで一方的にやられるとは・・・。

第2セットに入るまでラリーが一度もないんですから、プランツ強すぎです。
でもリョーマならどうにかしてくれるだろうと思いながら読んでいました。

そして期待通り最後には、反撃の兆しを見せてくれました。

【次回の予想】

今回リョーマが最後に見せた、光る打球。
それを皮切りに、リョーマがどんどん巻き返してくるのではないでしょうか。

ただプランツも、まだまだ実力を出し切ってるようには見えません。
激しく長い戦いになりそうです。

一瞬で終わるかに見えた試合ですが、大会最長記録にもなりかねないように感じます。

何であれ手に汗握る試合展開が予想されますので、次回に期待をしましょう!