無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

暁のヨナ|最新話173話ネタバレ(4月5日発売花とゆめ9号)

===================

2019年4月5日発売の花とゆめ9号に掲載「暁のヨナ 173話」のネタバレ・感想です。

===================

【前回のあらすじ】

城にとらわれていたヨナの元にゴビ神官がやってきます。力ずくでもヨナを手に入れたいゴビ神官は手段を選びません。クエルボの妻、ユーランの助太刀もあり、ヨナは追っ手から逃げます。

一方、千都の門の前には四龍が集まっていました。ハザラの降伏を受けて、千都の民と兵には手出ししないように言います。
そこにユンと共に到着したハク。ハクは兵士達に英雄のように迎えられるのでした。


前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

暁のヨナ|最新話172話ネタバレ(3月5日発売花とゆめ7号)2019年3月5日発売の花とゆめ7号掲載「暁のヨナ 172話」のネタバレ・感想です。...

【173話のネタバレ】


引用:花とゆめ9号


ハクとジェハ達が対面します。
ハザラは降伏したが、ヨナがまだ解放されないのはクエルボに囚われていることが語られます。
ハクが兵士達に四龍の言う通り、千州の民に手を出さないでくれと言うと兵士達はみなハクに従います。この戦の終結はクエルボを捕らえ、ヨナ姫を取り戻すことだと一致します。

その様子を見てジュド将軍は黙っているしかありません。
(これではまるで雷獣がこの戦の総大将ではないか…
この者達の存在がこれ以上大きくなれば、高華国は分裂してしまうのだ…!)

千都の門が開門されます。
クエルボを探す兵士達。ハク達も続きます。

【決断を迫られるクエルボ】

一方のクエルボ。ハザラの反旗に悔しがります。臣下は敵がすでに城に立て籠もっているトゥーリ族と交戦中であること、城に戻らず、撤退するしかないと諭します。
「ご決断を…!!」

ハザラの城の門前ではトゥーリ族が応戦をしていました。
キジャが出て、トゥーリ族の兵士は裏切ったかと脅します。
キジャの手に乗り、飛び上がるハク。
「全部取り戻しに来たんだよ」
兵士達をなぎ倒します。


引用:花とゆめ9号


ジェハも参戦します。
怖気付いた兵士の元に角笛の音が聞こえてきます。
「撤退ーーーー!トゥーリ族撤退ーー!」
兵士達が次々と逃げていきます。
ふらつくハクを支えるジェハ。

【一方のヨナ】

逃げていたヨナは大勢の声が聞こえるのに気づきます。
足枷から血が流れているヨナ。ユーランはヨナに隠れていろと箱の中に潜ませます。
ユーランを一人にしていいのか迷うヨナ。
一人で駆けるユーランの前にゴビ神官が現れます。千州軍の敗北、トゥーリ族の撤退を伝えるゴビ神官。
「ヨナ姫を渡しなさい!渡さぬなら拷問してでも!」
手下がユーランに襲いかかりますが、矢が刺さります。

「私はここよ」
「なぜ来たんですか…!」



引用:花とゆめ9号


「あなたを死なせたくない。クエルボを許したわけじゃないけど、あなたには生きてちゃんと彼と再会して欲しいから」
ヨナはユーランを逃しますが、目の前でゴビ神官の手下に捕らえられてしまいます。

【城に着いたハク達】

ハクは東の建物を見てくると四龍と別れます。
そこにはふらつく足取りの兵士が一人いました。ヨナがいたかと問いかけるといませんと答える兵士。
「まだ中に入ってねぇのに何でそう言えるんだよ。それとも俺の大刀で斬られた傷で動けねぇのか?
イン・クエルボ」


引用:花とゆめ9号

暁のヨナ 単行本を無料で読む方法?

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

もちろん違法ではない方法ですし、5~6冊は読める方法です。

興味のある方はどうぞー。

暁のヨナ|最新刊28巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険! 人気作品「暁のヨナ」の新刊が11月20日に発売か、、、 確かに新刊読みたいけど、1回読めば十分だしな。。。 タダで読めないか...

【感想】

千都の門前で民達を守ろうとする四龍にハクが合流しました。ハクの到着にわく兵士達。
さながら英雄を讃える兵士達を見てジュド将軍は黙っているしかありません。

このままでは高華国の軍が二つに割れると感じるジュド。
ハクの言う通りに兵士達はトゥーリ族の兵士のみ攻撃し、ヨナ姫を奪還しようと進みます。

逃げていたクエルボは撤退の決断を迫られます。
城の中ではヨナとユーランがゴビ神官から逃げていました。ヨナを隠し、一人立ち向かうユーランでしたが、ヨナはユーランを助けに来ます。ユーランの前で捕らえられてしまったヨナ。
城の外ではハクが一人のよろけている兵士に目を付けていました。その兵士は撤退したはずのクエルボでした。
ハクとヨナ、クエルボとユーランの再会は果たされるのでしょうか。
次号10・11号(4月20日発売)に続きます。