無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

暁のヨナ|最新話174話ネタバレ(4月20日発売花とゆめ10号11号)

暁のヨナ 第174話 「すぐそこに」

【前回のあらすじ】

千州の都についたハクは、英雄視され、総大将のような扱いを受けています。
ヨナ奪還に燃える兵士達。
城前での攻防戦が繰り広げられましたが、トゥーリ族は一気に撤退していきます。
ハクが足を引きずってる兵士に目をつけていました。仲間と別れ、その兵士の元に行くハク。
その兵士は撤退したはずの王、イン・クエルボでした。

 

前回の詳細はこちらの記事をどうぞ

https://manga-king.com/yona-173-4143



【174話のネタバレ】

===================

2019年4月20日発売の花とゆめ10・11号に掲載「暁のヨナ 174話」のネタバレ・感想です。

===================

引用:花とゆめ10・11号


「撤退する中、独り空の部族兵姿で紛れ込むとは、余程大事な用があるみてえだな、王様」
凄むハクにクエルボは一太刀あびせます。

「目的は姫さんか?」
ハクが聞くと、ヨナを戦女神にする夢は潰えたとクエルボ。何をしに戻ったのかは言わないクエルボです。ヨナの居場所を聞くハク。

「来い。ヨナは俺の部屋だ」
「…………………は?」
怖い顔をしてつっこむハク。城の中を続きます。

【クエルボの案内でヨナを探すハク】

「危害は加えてねえだろうな」
「あ?格別に丁重に扱ったぜ、一緒に寝たし」

ハクの大鉈が振り下ろされます。クエルボは今殺すとヨナの場所がわからなくなると焦ります。怖い顔をしたハク。


引用:花とゆめ10・11号


まだ怖い顔のままのハクに別に何もしてねえとクエルボ。
城の中で死んでいる兵士達を見つけます。
「姫さんは一人で部屋にいるのか!?」
「いや、この世で一番信頼する女に任せている」

そんな二人の背中を矢が襲います。薙ぎ伏せるハク。襲って来たのは真国の者でした。
ゴビの裏切りを知ったクエルボ。
襲ってくる兵士に「ぶち殺す」とハクとクエルボは向かいます。

【一方ユーランは】

ヨナを連れ去られたユーランは剣を手に城の中をかけていました。そこに人がやって来ます。
決死の思いで剣を握るユーラン。
ハクも応戦しようとしますが、クエルボが割って入ります。
クエルボの姿を見てほっとするユーラン。
ヨナ姫がゴビ神官に連れ去られたと報告します。あちらの方へ行ったと答えるとハクはすぐにそちらに向かいます。

ユーランを抱きしめるクエルボ。


引用:花とゆめ10・11号


「迎えに来た」
ポロポロと泣くユーラン。
クエルボは泣いてるのは負けたからだと勘違いしています。

【アルギラとヴォルド】

アルギラとヴォルドは独自に城の中に入っていました。臭うとアルギラが言うと、はたしてヨナがゴビ神官の手下に背負われていました。
登るアルギラ達。
しかし、アルギラ達の元に火が放たれます。

「助けにきたよ!四龍にゃんもユンにゃんも自由になったよ!ハクにゃんもいるから!
すぐそこに!だから一緒に帰ろ」
「うん」


引用:花とゆめ10・11号

アルギラは火に阻まれ進めません。左手にクナイが刺さります。屋根から落ちるアルギラ。
すかさずヴォルドが兵士に剣を投げつけます。
「ヨナ姫…お逃げ下さ…」
アルギラの手を掴んだヴォルドは一緒に落ちてしまいます。

燃え盛る城の炎。それを見てヨナの具合が悪くなります。
「四龍をお呼びなさい。あなた丸こげになってしまいますよ。さあ早く早く!!早く!!」
ゴビ神官が不気味に迫ります。

「呼ばない。あなたには…言ってもわからない…」
(目がまわる。手が痺れて、意識が)
アルギラのみんなすぐそこに来ているという言葉を思い出すヨナ。

(すぐそこにいるの?ハク。逢いたい。せめて声が出るうちにどうして言えなかったの。
ハク私ね、ハクに好きって言ってもらえて、とても、とても、とても…)

「ハク…すき…」
ハクの腕の中でヨナはか細い声でそう伝えました。


引用:花とゆめ10・11号

暁のヨナ 単行本を無料で読む方法?

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

もちろん違法ではない方法ですし、5~6冊は読める方法です。

興味のある方はどうぞー。

暁のヨナ|最新刊28巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険! 人気作品「暁のヨナ」の新刊が11月20日に発売か、、、 確かに新刊読みたいけど、1回読めば十分だしな。。。 タダで読めないか...

【感想】

撤退したはずの王、クエルボは一人で城にいました。ハクが単身で乗り込みます。
ヨナのことは諦めたクエルボ。その案内でヨナの元へ行くハクでしたが、一緒に寝たと聞いて鬼になります。
倒れる兵士達を見て、ゴビ神官の裏切りに気づきます。協調して戦うハクとクエルボ。
中を進むとユーランがクエルボに会えました。
抱きしめるクエルボ。
一方、アルギラとヴォルドは独自にヨナの居場所を見つけていました。
火に阻まれ、アルギラは負傷し、ヴォルドと共に屋根から落ちます。
周りを火に囲まれて、意識を失いかけるヨナ。
ハクの姿を思い出して、好きだと言われた、その言葉に想いを馳せます。
ハクの腕の中、好きだとつむぐヨナ。

次号12号(5月20日発売)に続きます。