無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

暁のヨナ|最新話190話ネタバレ(4月3日発売花とゆめ9号)

暁のヨナ 第190話

【前回のあらすじ】

スウォンの側近は目に傷があるヒューリという剣の師匠でした。それはハクが唯一敵わないと思った相手でした。

ヨナは母親は本当に賊に襲われて亡くなったのかと死の真相に疑問を抱きます。

四龍は兵の前でヨナ以外の命令では動かないということを誇示しますが、スウォンは意に介しません。

スウォンの様子を見てゼノは緋龍王の末裔がかかる病なのだと見抜きます。

 

前回の詳細な記事はこちら

暁のヨナ|最新話189話ネタバレ(3月5日発売花とゆめ7号)2020年3月5日発売の花とゆめ7号に掲載「暁のヨナ  189話」のネタバレ・感想です。...

【190話のネタバレ】

===================

2020年4月3日発売の花とゆめ9号に掲載「暁のヨナ  190話」のネタバレ・感想です。

===================


引用:花とゆめ9号

【スウォンの血筋】

緋龍王の末裔、この者が?とキジャは驚きます。

キジャはヨナと会って雷に打たれたような衝撃を受けたが、スウォンからは何も感じないと言います。

ゼノはヨナは緋龍王の生まれ変わりだから、血筋とは違う、魂に共鳴しているのだと言います。

 

緋龍王には五人の子供がいたが、四龍が仕えたのは緋龍王のみだったのです。

ヨナはこの事を知らないよな、と聞くキジャにスウォンは知らないと思いますよと答えると、顔色が青ざめ、倒れそうになりジェハに支えられます。

引用:花とゆめ9号

 

(彼女は本当に緋龍王の生まれ変わりなんだ。

魂の共鳴…

緋龍王か、この世で最もいらない存在だ)

スウォンはそう思います。

 

【ヨンヒの手記を読むヨナ】

執務室にいたヨナは積み上がった書物を倒してしまいます。

その奥に箱があるのに気づいたヨナは箱を開けます。

開くとそれはスウォンの母、ヨンヒの手記でした。

 

ヨンヒの父親が『緋の病』で亡くなったところから手記は始まります。

緋龍王の血筋にさえ生まれなければ、という言葉に、ヨナはスウォンが緋龍王の血を継ぐ者だと知り、腰を抜かします。

引用:花とゆめ9号

 

困惑するヨナはヨンヒを思い出し、教えて下さいと手記を読むことにします。

 

ヨンヒの家系は緋龍王の末裔だと言われていましたが、普通の人間と変わりなく、代わりに一族の半数以上が不治の病に侵されるということでした。

ヨンヒの母は神の血を引く特別な一族の子なのだとヨンヒに言い聞かせていました。

【ヨンヒを助けたのは…】

ヨンヒが食糧を調達にしに行く道中、子供のゼノがヨンヒを見ていました。

血筋については秘匿とされ、都の外に静かに暮らす日々でした。

 

ヨンヒは帰り道に鷹に襲われてしまいます。

そんなヨンヒを抱きしめ、助ける男。

ヨンヒは猪肉に鷹は惹かれたのだろう、よければと肉を差し出します。

 

肉を受け取った男は腹が鳴ってしまいます。

生で肉を食べようとする男を止めるヨンヒでしたが、男はかまわずに生で肉を食べてしまいます。

まずいと顔をしかめる男。

 

ヨンヒは帰ろうと立ち上がりますが、足に痛みが走ります。

男は家に送ると言いますが、ヨンヒは家に客人を連れて行くわけにはいかず、答えません。

男はヨンヒを抱え上げると馬に乗せます。

 

家を言わないヨンヒを強引に俺のうちに連れて行くと言う男。

ヨンヒはさらわれるように連れて行かれてしまいます。

 

着いたのは空都。

ヨンヒが俯いていると、男は光の都だと言ってその景色を見せます。

引用:花とゆめ9号

その時、”ユホン様”と民が集まってきます。

ユホン王子と聞いて驚くヨンヒ。

ヨンヒは驚く間もなく城へと連れて行かれてしまいます。

暁のヨナ 単行本を無料で読む方法?

本誌ネタバレを読んで、単行本で過去の話を読みたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、単行本を無料で読む方法を下記の記事にまとめてみました。

もちろん違法ではない方法ですし、5~6冊は読める方法です。

興味のある方はどうぞー。

暁のヨナ|最新刊31巻を発売日に無料で読む方法!漫画タウンやzip/rarは危険!大人気作品「暁のヨナ」の新刊が遂に登場! 漫画村、漫画タウン、漫画ビレッジは危険がいっぱい! 新刊を安全に無料で読む方法とは!? 気になる方はこの記事(表紙画像あり)をご覧ください。...

 

【感想】

病に侵され血をつないできたスウォンにとってはヨナこそが緋龍王の生まれ変わりというのは受け入れがたい事実なのかもしれません。

ヨナが見つけた手記により、ヨンヒとユホンの出会いが描かれます。

ユホンとヨンヒがどのような運命を辿るのか楽しみです。