無料お試し登録でマンガをタダ読み!
ネタバレ記事

雄飛|最新話第109話ネタバレ(2018年9月28日発売ビッグコミックススペリオール2018年20号)

今回は、ビックコミックススペリオール20号(2018年9月28日発売)より、

「雄飛」第109話『因縁の2人』のネタバレ記事です。

引用:ビックコミックススペリオール20号

20号の見出しに大河復讐譚、遂にクライマックスとなっています。

クライマックスが近いのでしょうか?

 

前回のあらすじ

女殺し屋を殺したことで、中国に逃げることになった峻堂。警察に見つかる前に港から出港しようとしますが、雄飛と幼なじみの青葉の活躍で間一髪、峻堂達を止めることに成功します。

雄飛は峻堂にかけよるが・・・

 

前回はビックリ、青葉が犯人達に車でぶつかって強制的に止めてしまいましたね。

車もボコボコでした。今回はどうなるのでしょうか?

前回の記事はコチラ↓

「雄飛」最新話第108話ネタバレ(2018年9月14日発売ビッグコミックススペリオール2018年19号)こんにちは。 今日も猫が大好きな kage(@cat_kagelife)です! 記事をお読みいただきありがとうございます。...

 

『雄飛』第109話 「因縁の2人」 ネタバレ

峻堂たちをとらえた!

場面は事故直後から始まります。

車を降りた雄飛は、まず峻堂達が落とした拳銃を拾い集めます。犯人達は拾われるのを阻止しようとしますが、車にひかれている為、その場を動けず雄飛に全部拾われます。

 

雄飛はすぐに青葉の車に駆け寄り、車の後部座席に拳銃を置きます。

雄飛は青葉に

「ドアをロックして」と話し、青葉もすぐにロックを閉めました。

 

そして雄飛は再び峻堂と対峙します。

 

峻堂は怒りを滲ませながら、隣にいたもう一人の殺し屋英雄に叫びます。

「英雄ー!やっつけろ!こいつらが標的だ!」

「英雄ー!全力で戦え!」

 

英雄は自分の武器であるヌンチャクを持っていませんでしたが、雄飛と向き合います。

 

雄飛は

「日本語をしゃべる殺し屋 英雄とは日本人なんですね?」

 

英雄は前にも大垣組の組員を殺しているのですが、その時に日本語を話し、ヌンチャクを使っていたので、雄飛から質問されたのです。

 

「鎖のついた武器は使わないんですか?」

 

英雄は素直に

「今は持っていない・・・。だけどそっちが素手なら、こっちも素手で戦う。」

 

2人は戦いを始めます。

ですが、勝敗はあっけなく決まってしまいました。

武器を持っていないので、素手の戦いに慣れていない英雄と、ボクサーの雄飛では圧倒的に雄飛が有利でした。

雄飛は何度もフェイントしながら、英雄の急所にパンチを当て、ものの数秒で終わらせてしまいました。

 

雄飛はすぐに峻堂をみました。

峻堂はいら立ちながら、雄飛をにらみつけていましたが、その時警察の車が来ました。

 

峻堂はすかさず警察に、

「おい!止めろボクサーが俺に暴力をふるおうとしてるぞ!」

 

警察のナイスプレー?

峻堂が大声を出して、警察に訴えましたが、なんと警察は知らんぷり。

それというのも、雄飛と警察は何度も相談しあってして、どちらかというと警察は雄飛寄りになっていました。

引用:ビックコミックススペリオール20号

あっけにとられている峻堂に雄飛はすかさず、ボディにパンチを当てます。

峻堂は格闘のプロではないので、何もできず、顔にもパンチを当てられ、その場に倒れます。

 

倒れた峻堂は雄飛を見ながら話します。

「親父を俺に殺されたと思い込み、お前がこの俺に瀕死の重傷を負わせるほど、殴りつけに来たが・・・俺は不問に付してやったじゃないか・・・」

「なのにお前は・・・その上なお俺から全てを奪い取る策略をめぐらせ、やってくれたわけだ!」

 

雄飛は

「お前は殺し屋に命じて大垣組、何人の命を奪ったか・・・」

 

峻堂は怒りながら

「お前が先だろうが!お前が俺の仕事を奪い取っていったことが・・・先だろう!」

 

峻堂・・・覚えている?

雄飛はたまりかねず、ついにあの事を話します。

「ならば、言おう!」

引用:ビックコミックススペリオール20号

「終戦の・・・満州からの引き揚げの中、お前は俺の母と姉を首をしめて・・・殺した!」

「五才の俺はその時から孤児となり、お前を探し出し、敵討ちをすることだけを考えて生きてきたんだ!」

 

すると峻堂は笑いながら

「思い出せないな・・・戦争中は多くの人を殺したからな。どの女がお前に母と姉だったか」

 

そこで雄飛は核心を言います。

「お前にその顎の傷はその時、俺が鎌で切りつけた傷だ」

引用:ビックコミックススペリオール20号

それを聞いた峻堂はすべてを理解しました。

「あの時のガキがお前か・・・」

「因縁だったなあ、小僧!」

 

話を聞いていた警察は、

「まさに因縁でしたなあ、峻堂さん。やっとあんたを逮捕できた。」と言って手錠をします。

 

他の仲間にも手錠をかけ後始末を始めます。

 

そこに青葉が来て、警察に話します。

「満州で・・・雄飛君のお母さんとお姉さんが殺されるのを、当時、私も一緒に目撃していました。」

 

雄飛は

「ありがとう!青葉ちゃんのおかげで・・・本当に青葉ちゃんのおかげだよ!」

 

青葉は涙を滲ませながら

「ううん・・・よかったね。ほんとによかったね。雄飛君!」

 

それを峻堂は悔しさと憎しみの目で見ていました。

 

峻堂逮捕は大垣組にもすぐに連絡が行きました。

「峻堂が港で逮捕された!」

「それもなんと、雄飛が峻堂をノックアウトして捕まえんだとー!」

組員たちは全員で万歳をして喜びました・・・・。

 

感想

ついに峻堂逮捕までいきましたね。間に合ってよかったです。

雄飛の漫画の特徴は格闘シーンになるとスローモーションみたいな表現になるのが良いですね。

戦っている流れが細かく書かれていて、分かりやすく読めます。

 

峻堂も逮捕されたので、次はクライマックスなのでしょうか?

それとも、また何か峻堂がするのでしょうか?次も楽しみです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。